閔炳憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
閔 炳憲(ミン・ビョンホン)
ロッテ・ジャイアンツ #3
2017 09 29 두산 vs LG 2 (11).jpg
2017年の閔炳憲
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 ソウル特別市
生年月日 (1987-03-10) 1987年3月10日(33歳)
身長
体重
178 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 右翼手 中堅手
プロ入り 2006年 2次ドラフト
初出場 2006年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗大韓民国
WBC 2017年
プレミア12 2015年2019年

閔 炳憲ミン・ビョンホン、민병헌、1987年3月10日 - )は、韓国出身のプロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

斗山時代[編集]

2006年斗山ベアーズに入団。主に代走として80試合に出場し17盗塁を記録。

2007年には119試合に出場するも、翌2008年は太もも打撲と右手親指骨折で87試合の出場にとどまる。

2010年から2012年までは兵役に就き、2012年10月に復帰した。

2013年は2番・右翼手としてレギュラーに定着し、チームトップの打率を記録。

2014年にはファン投票でオールスターに初出場。リーグ3位の162安打を記録。9月に開催された仁川アジア大会の野球韓国代表に選出された。同大会では韓国の優勝に貢献した。

2015年はオフの10月7日に第1回WBSCプレミア12韓国代表に選出された[1]

2017年はシーズン開幕前の3月に開催された第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表に選出された。

ロッテ時代[編集]

オフの11月に初めてフリーエージェント(FA)権を行使し、ロッテ・ジャイアンツと4年総額80億ウォンで契約し移籍した。彼の補償選手には白同訓が選ばれた。

2019年はオフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12韓国代表に選出された。

2020年は軍から除隊された2012年以来8年ぶりとなるシーズン100安打未満だった。2021年1月に脳動脈瘤の手術を受けた[2]

論難[編集]

2015年5月27日の斗山対NCダイノス戦においてNCの先発エリック・ハッカーの死球に呉載元が激怒したことに始まる乱闘騒ぎが発生し、無関係だったはずの彼はどさくさ紛れに相手選手にボールを投げつけた。しかし審判団はこれを張珉碩の行為と判断して張珉碩に退場を宣告。後日真相が明らかになると、張珉碩の疑惑が晴れると同時に彼には出場停止3試合、社会奉仕活動40時間、罰金100万ウォンの罰が課された[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
2006

80 61 20 12 0 1 0 4 17 3 2 0 16 1 1 .197 .219 .230 .448
2007 119 328 53 80 14 3 3 31 30 9 28 5 56 5 0 .244 .308 .332 .640
2008 87 93 26 18 0 1 0 0 18 6 6 1 18 2 0 .194 .250 .215 .465
2009 115 261 49 67 14 0 5 28 18 5 17 6 54 7 1 .257 .313 .368 .680
2010 64 70 23 20 2 1 0 4 11 4 9 0 14 0 0 .286 .367 .343 .710
2012 2 7 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 2 0 0 .143 .143 .143 .286
2013 119 383 71 122 21 7 9 65 27 8 40 7 62 7 1 .319 .387 .480 .867
2014 124 470 85 162 31 3 12 79 16 8 37 6 63 11 0 .345 .395 .500 .895
2015 129 491 80 149 20 2 12 75 7 3 50 8 74 15 4 .303 .373 .426 .799
2016 134 511 98 166 31 4 16 87 9 2 48 15 91 18 0 .325 .357 .495 .852
2017 123 447 73 136 21 0 14 71 3 4 47 19 74 14 4 .304 .389 .445 .834
2018 ロッテ(韓国) 118 443 74 141 21 0 17 66 8 4 35 8 68 10 1 .318 .374 .481 .855
2019 101 369 52 112 24 2 9 43 13 6 42 5 55 9 2 .304 .379 .453 .833
2020 109 309 42 72 12 0 2 23 10 6 21 5 62 12 0 .233 .291 .291 .582
通 算 1424 4243 746 1258 211 24 99 576 187 69 382 85 709 111 14 .296 .362 .428 .790

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표 The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語) (2015年10月10日) 2015年10月21日閲覧
  2. ^ https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=22488
  3. ^ https://sp.kdaisuki.jp/news/detail/?id=100049
  • 選手の各国通算成績 KBO