関三十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関 三十郎(せき さんじゅうろう、新字体:關 三十郞)は歌舞伎名跡屋号は立花屋・尾張屋。

  • 初代 関三十郎 - 和実を得意とした。
  • 2代目 関三十郎 - 初代の養子ないし実の子。初代同様に和実を得意とした。最初は2代目嵐吉三郎の門で嵐宗太郎を名乗り1802年3代目中村歌右衛門の門で中村歌助と改名、1805年11月2代目三十郎襲名。俳名は歌山。屋号は播磨屋、尾張屋。戒名は釈歌是証信士。通称「名人三十郎」。
  • 3代目 関三十郎 - 舞踊藤間流3代目藤間勘兵衛の子。通称「鼻の三十郎」。
  • 4代目 関三十郎 - 3代目の養子。幼名を花助という、後に関花助となり1864年1月6代目市川八百蔵襲名、1873年3月4代目三十郎襲名。俳名は中車、黄雀、歌山。屋号は尾張屋。
  • 5代目 関三十郎 - 4代目の子。幼名を4代目と同じく花助、1882年6月これも同じく2代目関花助と改名、1907年3月5代目襲名。俳名は歌山。屋号は尾張屋。
  • 6代目 関三十郎 - 5代目関三十郎の甥で、のち養子。屋号は尾張屋。1928年3月6代目関花助、1941年6月6代目三十郎襲名。戦後は関三十郎劇団を結成、地方で活躍。
Disambiguation
このページは曖昧さ回避のためのページです。一つの言葉や名前が二つ以上の意味や物に用いられている場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。このページへリンクしているページを見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

今日は何の日(6月26日

もっと見る

「関三十郎」のQ&A