関修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関 修(せき おさむ、1961年 -)は、日本の現代思想学者。専門は、フランス現代思想、文化論(主にセクシュアリティ、精神分析理論、ポピュラーカルチャースタディ)。明治大学法学部非常勤講師。2014年、明治大学で行われた「PVを見るだけの授業」が話題となった[1][2]

略歴[編集]

著作[編集]

著書[編集]

  • 『美男論序説』(夏目書房,1996年)
  • 『挑発するセクシュアリティ』(編著,新泉社,2009年)
  • 『隣の嵐くん~カリスマなき時代の偶像』(2014年)

翻訳[編集]

  • G・オッカンガム『ホモセクシュアルな欲望』(学陽書房,1993年)
  • R・サミュエルズ『哲学による精神分析入門』(夏目書房,2005年)
  • M・フェルステル『欲望の思考』(富士書店,2009年)

脚注[編集]