関友紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関 友紀子
関 友紀子の画像
プロフィール
リングネーム 関 友紀子
本名 関 友紀子
ニックネーム 女子プロレス魂
リトルボンバー
The Lil Bom[1]
ぼくらの関さん[2]
身長 147cm[3]
体重 45kg[3]
誕生日 (1970-10-19) 1970年10月19日(48歳)
出身地 東京都
所属 FIGHT CHIX
シアタープロレス東京花鳥風月
トレーナー 藪下めぐみ
デビュー 2004年11月4日
テンプレートを表示

関 友紀子(せき ゆきこ、1970年10月19日 - )は、日本の女子総合格闘家、女子キックボクサー東京都出身。女子総合格闘家としてはFIGHT CHIX所属[4]

経歴[編集]

総合格闘技[編集]

会社員時代にキックボクシング新日本プロレス闘龍門の観戦にハマリ、近くに藪下めぐみがトレーナーを務めていたSOD総合格闘技道場を見つけたのをきっかけに入会。当初はダイエットとストレス解消目的だった[3]

2004年後楽園ホールSMACKGIRL近藤有希引退記念興行で行われた対山田純琴戦にてプロデビュー。2008年1月19日新宿FACEで行われた初代UKF女子総合格闘技インターコンチネンタル王者決定戦では女子プロレスラーの市井舞に敗れた。

2008年にはシュートボクシング初参戦(久保田玲奈戦)。2010年にはキックボクシング挑戦(J-GIRLSにおける対丸中雅恵戦)と競技の壁をまたぎ参戦。当初は黒星が目立ったが、キャリアとともに力強いレスリングのできる実力派として台頭。

2011年にパンクラス出場。また、2012年10月に行われた国際ブラジリアン柔術連盟主催ブラジリアン柔術アジア選手権では女子アダルト紫帯プルーマ級で3位入賞を果たしている[5]

プロレス[編集]

2015年6月20日、シアタープロレス花鳥風月に参戦し、花鳥風月総合格闘技「月闘」ルールで勝村周一朗と対戦(エキシビジョンマッチ)。プロレス団体初参戦となり、以降のプロレス活動は花鳥風月所属と発表される(格闘技に関してはこれまで通りFIGHT CHIX)。

7月20日、王子小劇場大会においての篠宮敏久戦(月闘ルール)で所属デビューを果たした。

8月30日東京タワー大会における対ミス・モンゴル焙煎たがい戦(パートナーは篠宮敏久)で初タッグマッチおよび初プロレスルールを経験。

2016年5月22日HAMATANIムエタイマシン2号戦(パートナーは中川達彦)でダイビングセントーンにより勝利。これが花鳥風月所属初勝利試合となった[6]

10月2日、米山香織松本浩代戦(パートナーは富松恵美)ではハードヒットに初出場[7]

12月29日、ハードヒット・新宿フェイス大会でジェット・イズミとハードヒットルールで対戦[8][9]。2017年7月16日、ハードヒット・新木場大会でWINDY智美と対戦[10]しTKO負け[11]

2018年11月発売の週刊プロレス増刊「プロレスラー選手名鑑2019」では花鳥風月所属選手から外されており、この年までに退団扱いとなっている[12]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 前澤智 判定3-0 DEEP JEWELS 7 2015年2月21日
谷山尚未 2R1:17TKO DEEP JEWELS 6 2014年11月03日
× 石岡沙織 判定3-0 DEEP JEWELS 5 2014年8月09日
× V.V Mei 1R3:17 チョークスリーパー DEEP JEWELS 4 2014年5月18日
♂ha@THE♀ 5分2R終了 判定3-0 DEEP JEWELS 2 2014年11月04日
× 玉田育子 5分2R終了 判定3-0 DEEP JEWELS 1 2014年8月31日
× ♂ha@THE♀ 4分2R終了 判定0-3 JEWELS 24 2013年5月25日
× 阿部彩 5分1R終了 P0-5 JEWELS 24th RING 2013年5月25日
× 高野聡美 5分2R終了 判定0-3 JEWELS 20th RING 2012年7月21日
川端佑子 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 19th RING 2012年5月26日
× 瀧本美咲 5分2R終了 判定0-3 JEWELS 17th RING 2011年12月17日
SACHI 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 16 2011年9月11日
sakura 5分2R終了 判定2-0 パンクラスImpressive Tour 2011年05月14日
× 玉田育子 5分2R終了 判定0-3 VALKYRIE 05 2010年4月11日
奥村ユカ 5分2R終了 判定2-1 JEWELS 13 2006年11月23日
× 大室奈緒子 5分2R終了 判定0-3 VALKYRIE 03 2006年8月24日
× 小寺麻美 1R 4:47 腕ひしぎ十字固め JEWELS 4th RING 2009年7月11日
× しなしさとこ 1R 1:32 腕ひしぎ十字固め Deep - 38Impact 2009年
× 市井舞 2R 3:14 TKO負け Square Jungle-Strong Soldiers' Conquest 2008年1月19日
× MIKU 1R 1:07 アームロック club DEEP 2007年12月09日
× ブランディー・ナーニー 3分3R 判定3-0 FFF 3 - War of the Roses 2007年11月3日
× SACHI 5分2R終了 判定0-3 修斗Battle Mix Tokyo 4 2007年7月20日
砂山和歌子 5分2R終了 判定2-1 Smackgirl 2007年5月19日
× 兼谷絵里 5分2R終了 判定2-1 Smackgirl 2007年5月11日
× 玉田育子 5分2R終了 判定3-0 SMACKGIRL 2006 〜頂女決戦〜 2006年5月19日
× berry15 5分2R終了 判定1-2 Smackgirl 2006年6月30日
× 村浪真穂 5分2R終了 判定 G-Shooto Plus05 2006年2月24日
× 井上明子 5分2R終了 判定2-1 G-Shooto 03 2005年12月17日
ハッピー福子 5分2R終了 判定 Smackgirl 2005年10月15日
× akinori 2R2:26 G-Shooto Plus03 2005年9月16日
× 永易加代 5分2R終了 判定2-1 Smackgirl - Dynamic!! 2005年8月17日
× 川畑千秋 5分2R終了 判定0-3 Smackgirl - Road to Dynamic!! 2005年6月28日
金子和美 5分2R終了 判定 Smackgirl 2005年4月29日
× 永易加代 5分2R終了 判定 G-Shooto 02 2005年3月12日
坂口一美 1R 2:05 KO G-Shooto 01 2004年11月26日
山田純琴 3分2R判定2-1 Smackgirl 2004年11月4日

得意技[編集]

チョークスリーパー

入場曲[編集]

TOUGH BOYTOM★CAT

エピソード[編集]

  • デビュー当時から、どんな相手にも突っ込んで行くスタイル。
  • 受けたオファーは理由なく断らず、一時は年間10試合を超えることがあった。以上のことを含め「師匠譲りの女子プロレス魂」と称される。
  • 所属をSOD女子格闘技道場→巴組→FIGHT CHIXと移しているが、これは師匠である藪下めぐみに追随したもの。
  • いわくプロレス観戦は「私の青春」[13]。新日本プロレスからインディー団体まで幅広く観戦に出かけている。
  • アイドルプロレスユニット「ハットトリック」に加入後は、菊タローから「アイドル女子プロレスラーと戦えると聞いてやってきたのに!」とキレられた[14]
  • サムライTVでの試合中継では、苗字を「関友」で区切られた[15]ことがある。

CM出演[編集]

  • 忍者WARS事務局「忍者WARS決戦予告」勝村選手登場編(2016年9月)

脚注[編集]

  1. ^ https://twitter.com/shingdamM16/status/795143481425424385
  2. ^ 2016年10月1日発行、たこ焼きマシン.COM刊「ローカルプロレスラー図鑑++2016」0頁
  3. ^ a b c 365人インタビュー>205 関友紀子”. 格闘技ウェブマガジンGBR  (2009年10月23日). 2015年5月21日閲覧。
  4. ^ カープ宮島(花鳥風月リングアナ)@arp_miyajima”. twitter  (2015年5月24日). 2015年5月24日閲覧。
  5. ^ 【柔術】杉山しずか、関友紀子がアジア選手権で入賞!”. 女子総合格闘技『ジュエルス』公式BLOG  (2012―10―17). 2015年5月24日閲覧。
  6. ^ 5・22 花鳥風月王子大会 三尾vs山本 岡田vs服部 ジョシュ&ウルフvs瓦井&たけむら”. バトルニュース (2016年5月26日). 2016年5月27日閲覧。
  7. ^ 9/27【ハードヒット】10・2新木場大会の全カード決定…”. プロレス格闘技DX (2016年9月27日). 2016年9月29日閲覧。
  8. ^ https://twitter.com/hikaru310paipan/status/813027123623378944
  9. ^ 「佐藤vsロビンソン」、「青木vs平」エキシビションマッチなど 12・29新宿大会の全カード決定”. ぼくらのプロレス (2016年12月26日). 2016年12月28日閲覧。
  10. ^ メインは高橋“人喰い“義生復活戦!ハードヒット7.16新木場大会「ALL格闘技総進撃」の試合順決定!”. バトルニュース (2017年7月14日). 2017年7月16日閲覧。
  11. ^ “ニコプロpresentsハードヒット「ALL格闘技総進撃」”. ハードヒット オフィシャルサイト. (2017年7月16日). http://hardhitpro.com/304 2017年7月16日閲覧。 
  12. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレス」2018年12月9日増刊号
  13. ^ Ustream「DEEP JEWELS TV」2014年07月19日放送分
  14. ^ 2016年10月1日発行、たこ焼きマシン.COM刊「ローカルプロレスラー図鑑++2016」26頁
  15. ^ ハードヒットは無事終了!”. 富松恵美のアゴメタルブログ。 (2016年10月4日). 2016年10月4日閲覧。

関連項目[編集]