関屋駅 (奈良県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関屋駅
ホーム
ホーム
せきや
Sekiya
D19 大阪教育大前 (2.2km)
(2.1km) 二上 D21
所在地 奈良県香芝市関屋1578-3
駅番号  D20 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 D 大阪線
キロ程 22.0km(大阪上本町起点)
電報略号 セキヤ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,178人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1927年昭和2年)7月1日
テンプレートを表示

関屋駅(せきやえき)は、奈良県香芝市関屋にある近畿日本鉄道(近鉄)大阪線である。駅番号はD20

2005年春頃より「大阪樟蔭女子大学前」の副名標がついていたが、駅最寄の同大学の関屋キャンパスは2015年3月限りで廃止され、2015年11月の駅名標の駅ナンバリング対応に伴って副名標は外された。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)7月1日 - 大阪電気軌道八木線(現在の大阪線)の恩智 - 高田間開通と同時に開業[1]
  • 1941年(昭和16年)3月15日 - 参宮急行電鉄との会社合併により、関西急行鉄道の駅となる[1]
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる[1]
  • 1992年平成4年)10月16日 - 当駅 - 大阪教育大前駅間の上り線が新玉手山トンネルを経由する新線に切り替えられる[1]。同月28日には下り線の切り替えも完了[1]
    • 従来使用していた玉手山トンネルは新玉手山トンネルの手前にあり、その入口までは工事用車輌用の置き場所となっている。列車から確認できる。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - PiTaPa使用開始[2]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅橋上駅舎を備え、出口は北、北東、南東の3ヶ所に設けられている。改札口は1ヶ所のみ。

大和高田駅管理の有人駅で、PiTaPaICOCA対応の自動改札機および自動精算機回数券カードおよびICカードのチャージに対応)が設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 D 大阪線 下り 五位堂大和八木榛原伊勢志摩名古屋方面
2 D 大阪線 上り 河内国分布施大阪上本町大阪難波尼崎神戸三宮方面

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[3]

  • 2015年11月10日:4,459人
  • 2012年11月13日:5,873人
  • 2010年11月9日:6,117人
  • 2008年11月18日:6,371人
  • 2005年11月8日:6,220人

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

年度別一日平均乗車人員[4]
年度 1日平均
乗車人員
1995年(平成7年) 3,703
1996年(平成8年) 3,558
1997年(平成9年) 3,456
1998年(平成10年) 3,302
1999年(平成11年) 3,214
2000年(平成12年) 3,049
2001年(平成13年) 3,002
2002年(平成14年) 2,983
2003年(平成15年) 3,083
2004年(平成16年) 3,279
2005年(平成17年) 3,305
2006年(平成18年) 3,312
2007年(平成19年) 3,289
2008年(平成20年) 3,265
2009年(平成21年) 3,209
2010年(平成22年) 3,142
2011年(平成23年) 2,989
2012年(平成24年) 2,933
2013年(平成25年) 2,959
2014年(平成26年) 2,789
2015年(平成27年) 2,233
2016年(平成28年) 2,178

駅周辺[編集]

近辺住宅地[編集]

  • 青葉台(関屋北)
  • 近住(近鉄住宅・関屋北)
  • 桜ヶ丘(穴虫)
  • 田尻(田尻)
  • あしびハイツ(上中)

路線バス[編集]

香芝市コミュニティバス

  • 田尻ルート 関屋西停留所
    • 田尻行き/総合福祉センター経由 香芝市役所行き
    • 木曜と一部の祝日および12月27日~1月4日を除き、1日6往復が運行されている。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
D 大阪線
快速急行・急行
通過
準急・区間準急・普通
大阪教育大前駅 (D19) - 関屋駅 (D20) - 二上駅 (D21)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7。
  2. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月9日閲覧。 
  3. ^ 駅別乗降人員 大阪線 - 近畿日本鉄道
  4. ^ 奈良県統計年鑑

関連項目[編集]