関崎海星館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関崎海星館からの豊予海峡の展望
手前が関崎で左手奥が四国佐田岬。右手の島は高島
館内に提示されている関埼灯台の旧第4等フレネル式レンズ

関崎海星館(せきざきかいせいかん)は、大分県大分市大字佐賀関にある天文台及び展望施設等からなる複合施設である。

概要[編集]

1995年開館[1]。大分県内では最大級の口径60cmの反射望遠鏡と、太陽観測用の10cm屈折望遠鏡がある。また、館内には宇宙について学ぶことができる展示ゾーンや研修室、レストランもあり、雨天でも利用できる。

佐賀関半島先端の関崎の高台にあるため、展望施設からは国東半島別府湾豊予海峡等の広範囲が展望できる。

綾辻行人のデビュー作『十角館の殺人』に登場するS半島J崎沖の角島は、佐賀関半島関崎(地蔵崎)沖にある高島をモデルとしたものとされる。そして、関崎海星館は『十角館の殺人』の舞台となった十角館に酷似しているが、この小説が発表されたのが1987年であるのに対して、関崎海星館が開館したのはその8年後の1995年であり、十角館は関崎海星館をモデルとしたものではない[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大分)関崎海星館の天体望遠鏡が改修”. 朝日新聞 (2014年4月12日). 2015年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月11日閲覧。
  2. ^ おおいた小説今昔:1 十角館の殺人 佐賀関・高島 彼女の故郷にひかれた/大分県”. 朝日新聞 (2014年5月4日). 2014年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月11日閲覧。


座標: 北緯33度15分57秒 東経131度53分58秒 / 北緯33.26583度 東経131.89947度 / 33.26583; 131.89947