関成次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
関 成次
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 万治3年8月22日1660年9月26日
別名 九郎次郎、豊後、民部(通称)
戒名 光徳院殿乾巌宗享大居士
墓所 岡山県津山市小田中の本源寺
主君 森忠政長継
美作津山藩家老
氏族 関氏
父母 父:関成政、母:碧松院(森可成の娘)
兄弟 武兵衛、宇兵衛、了向、成次
正室:郷(森忠政の三女)
森長継長政、衆之、長(森三信正室)、
伊勢松(森正方正室)

関 成次(せき なりつぐ)は、美作津山藩家老。津山藩第2代藩主森長継宮川藩初代藩主関長政の実父。

織田氏家臣関小十郎右衛門成政の五男。天正12年(1584年)、父成政が小牧・長久手の戦いで戦死したため、母と共に母方の叔父森忠政を頼る。成長して忠政の家臣となり、その娘於郷を娶り家継、長政、衆之の三子を儲けた。舅忠政の男子がすべて早世したため、寛永10年(1633年)嫡男の家継(長継)がその養嫡子となる。同年忠政が死去したため、長継がその跡を継いで第2代藩主となった。寛永11年(1634年)、長継の家督相続の御礼言上の際に、森家家老の大塚主膳三俊、森采女可春、各務主水正利、森左近正信とともに二条城で将軍徳川家光に拝謁した。

万治3年(1660年)8月22日死去。