関戸覚蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関戸 覚蔵(せきと かくぞう、1844年12月17日天保元年11月8日)- 1916年大正5年)5月9日[1][2])は、明治時代政治家立憲革新党所属の衆議院議員(当選3回)[2]。『茨城新聞』創刊者。

経歴[編集]

常陸国に生まれる。東京師範学校中退[1][2]戸長、郡書記、茨城県勧業課長を務め、茨城県会議員となる[1]自由民権運動に加わり、民権結社の公益民会を磯山清兵衛らと設立したり、国会開設請願の署名1万人分を野手一郎らと集めてその代表になったりした[2]1891年には『いはらき』(現・『茨城新聞』)を創刊し、経営者となる[1][2]

1890年第1回衆議院議員総選挙に立候補するが落選[3]1892年第2回衆議院議員総選挙で初当選し[4]、以降連続3回当選した。

そのほか、文部省維新史料編集嘱託を務めた[1]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』344頁。
  2. ^ a b c d e デジタル版 日本人名大辞典+Plus『関戸覚蔵』 - コトバンク
  3. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』1頁。
  4. ^ 『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』7頁。

参考文献[編集]

  • 日本国政調査会編『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』国政出版室、1977年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。