関東ムービー配給社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社関東ムービー配給社
Kanto Movie Distributors K.K.
種類 株式会社
市場情報 消滅
略称 関東ムービー配給、関東ムービー、ムービー配給
本社所在地 日本の旗 日本
104
東京都中央区銀座3-12-18 新岩間ビル
設立 1965年5月26日
業種 情報・通信業
事業内容 映画の製作・配給・興業および輸出入
代表者 桑原正衛
桑原正樹
資本金 200万円
関係する人物 桑原宏重   桑原正樹
藤井一郎   渡辺省三
若松孝二   経堂一郎
宮口圭   渡辺護
内藤洋   武田有生
糸文弘   向井寛
本木荘二郎   新藤孝衛
佐々木元   酒匂真直
関孝二   沢賢介   影山明文
テンプレートを表示

株式会社関東ムービー配給社(かんとうムービーはいきゅうしゃ)は、かつて存在した日本の映画会社である[1][2][3][4][5]。旧社名株式会社ムービー配給社(ムービーはいきゅうしゃ)[6]

かつて存在したアニメ制作会社「東京ムービー新社」(現:トムス・エンタテインメント)とは何の関係も無い。

略歴・概要[編集]

新東宝の最末期に中部支社長だった群馬県出身の桑原正衛(1915年生)が、同社倒産後に中部新東宝興業代表を経て、1965年(昭和40年)5月26日に創業した[1][2][7]。創業に先行して、同年1月、日本シネマが製作、松井康子主演、若松孝二監督『離婚屋開業中』を配給して公開した記録がある[3]。以降、翌1966年(昭和41年)末までは、轍プロダクション、若松孝二の若松プロダクション、山辺信雄のヤマベプロダクション、本木荘二郎のシネユニモンド等の製作物を配給していたが、向井寛の日本芸術映画協会、新藤孝衛の青年芸術映画協会等に1969年(昭和44年)までの間に固定化する[4]。このころまでの社名は「株式会社ムービー配給社」であった。白黒・カラーのフィルムを混成して編集したものである「パートカラー」を、同社は「セクシーカラー」と名付けてポスター等に表示していた。

1970年(昭和45年)以降、自社製作・自社配給の体制になり、監督も沢賢介、新藤孝衛、関孝二に固定化し始める[3][4]

1974年(昭和49年)12月25日に公開された、小島麻理主演、沢賢介監督の『(秘)香港セックス基地』以降は、配給については大蔵映画が行い、同社は製作業務に専念する[3][4]。1976年(昭和51年)の製作本数は7本にとどまり[8]、1977年(昭和52年)5月に公開された東祐里子主演、沢賢介監督の『FLESH MARKETS 国際肉体市場』以降は、配給元がミリオンフィルムに切り替わっている[4]。同年から翌1979年(昭和54年)にかけて、年間2本を製作してミリオンフィルムに提供していたが、1980年(昭和55年)5月20日に公開された高原リカ主演、平川弘喜監督の『少女早熟』以降、映画の製作あるいは配給を行った記録がない[3][4]

その後の同社の活動は不明であるが、『映画年鑑』には会社情報や巻末広告が1990年代半ばまで掲載されている。1991年(平成3年)には、桑原正樹がすでに社長になっており、監査役も藤井一郎から渡辺省三に変更している記録があり[9]、1994年(平成6年)には記載されているが[10]、1990年代後半の『映画年鑑』には社名も社長や取締役の人名も掲載されていない[11]Screen international film and TV year book 1992 には、Kanto Movie Distributors, 代表は Masaki Kuwahara(桑原正樹)として掲載されている[12]。2015年(平成27年)現在、かつて同社が所在した新岩間ビルは現存している[13]。同年7月現在、東京国立近代美術館フィルムセンターは、同社の製作・配給した作品を所蔵していない[14]

企業データ[編集]

  • 所在地 : 東京都中央区銀座3-12-18 新岩間ビル [9]
  • 事業内容 : 映画の製作・配給・興業および輸出入 [9]
  • 設立 : 1965年5月26日 [9]
  • 資本金 : 200万円 [9]
  • 代表者 : 桑原正衛 (1965年 - 1991年ころ)[9]、二代目 桑原正樹 (1991年ころ - 1995年ころ)[9]

フィルモグラフィ[編集]

文化庁「日本映画情報システム」、および日本映画データベースインターネット・ムービー・データベースに掲載されている同社製作・配給作品の一覧である[3][4][5]。特筆以外はすべて「製作・配給」である。

1965年
  • 『離婚屋開業中』 : 監督若松孝二、主演松井康子、製作日本シネマ、1965年1月公開 - 配給
  • 『死ぬほど抱いて』 : 監督経堂三郎(経堂一郎)、主演桝田邦子、製作轍プロダクション、1965年4月公開 - 配給
  • 『種馬』 : 監督宮口圭、主演岡本弘子、製作轍プロダクション、1965年6月公開 - 配給
  • 『壁の中の秘事』 : 監督若松孝二、出演可能かづ子、製作若松プロダクション、1965年6月公開 - 配給
  • 『情夫と牝』 : 監督渡辺護、出演中島京子、製作扇映画プロダクション、1965年10月公開 - 配給
  • 『初めての夜』 : 監督内藤洋、出演白川道子、製作轍プロダクション、1965年12月公開 - 配給
  • 『深夜の戯れ』 : 監督経堂一郎、出演成瀬恵子、製作轍プロダクション、1965年12月公開 - 配給
1966年
  • 『狙われた女達』 : 監督武田有生、出演狩野翔子、製作近代企画、1966年1月公開 - 配給
  • 『女が指を咬むとき』 : 監督糸文弘、出演内田高子、製作LL企画プロダクション、1966年6月公開 - 配給
  • 『わなの喘ぎ』 : 監督経堂一郎、主演左京未知子、製作轍プロダクション、1966年8月公開 - 配給
  • 『夜の日記』 : 監督小川欽也、主演可能かず子、製作新星プロダクション、1966年9月公開 - 配給
  • 『黒い痴情』 : 監督飛田良、主演谷口朱里、製作ヤマベプロダクション、1966年10月公開 - 配給
  • 『異常な体験』 : 製作納庄寛城、監督向井寛、主演内田高子、製作日本芸術協会、1966年10月公開 - 配給
  • 『学生妻』 : 監督向井寛、主演若月ヒトミ、製作日本芸術協会、1966年12月公開 - 配給
1967年
  • 『現代の恐怖』 : 監督糸文弘、1967年1月31日公開
  • 『真夜中の花園』 : 製作・監督高木丈夫(本木荘二郎)、主演可能かづ子、製作シネユニモンド、1967年2月06日公開 - 配給
  • 『夜の悦び』 : 監督向井寛、主演内田高子、製作日本芸術協会、1967年3月7日公開 - 配給
  • 『泥だらけの制服』 : 監督新藤孝衛、主演真湖道代、製作青年芸術映画協会、1967年3月7日公開 - 配給
  • 『夫婦生態白書より 夜泣く女』 : 監督新藤孝衛、主演桝田邦子、製作青年芸術映画協会、1967年4月22日公開 - 配給
  • 『女子寮』: 監督向井寛、出演白川和子、製作日本芸術協会、1967年5月16日公開 - 配給
  • ひめごと』 : 監督高木丈夫、主演柚木ミカ、製作シネユニモンド、1967年6月24日公開 - 配給
  • 『地獄の愛撫』 : 監督鶴巻次郎、主演星河恵、製作光映画、1967年6月24日公開 - 配給
  • 『女の媚態』 : 監督向井寛、主演中村昭子、製作日本芸術協会、1967年7月11日公開 - 配給
  • 『ピンクの挑発』 : 監督新藤孝衛、主演美矢かほる、製作青年芸術映画協会、1967年8月11日公開 - 配給
  • 『原色の世代 脱がされた制服』 : 監督佐々木元、出演辰巳典子、製作東京芸術映画協会、1967年8月公開 - 配給
  • 『恥かしい技巧』 : 監督向井寛、主演水城リカ、製作日本芸術協会、1967年9月19日公開 - 配給
  • 『女の取引』 : 監督片岡均、主演加賀奈織美、製作光映画、1967年9月26日公開 - 配給
  • 『狂ったいとなみ』 : 監督佐々木元、主演津崎公平、製作東京芸術映画協会、1967年10月13日公開 - 配給
  • 『処女証明書』 : 監督向井寛、主演松島美雪、製作日本芸術協会、1967年11月14日公開 - 配給
  • 『浮気妻』 : 監督新藤孝衛、製作青年芸術映画協会、1967年12月11日公開 - 配給
1968年
  • 蒼いフィルム 品さだめ英語版』 : 監督向井寛、出演渚マリ、製作若松プロダクション・日本芸術映画協会、1968年3月公開 - 配給
  • 『いろごと 秘中の秘』 : 監督新藤孝衛、出演水咲陽子、製作東京芸術映画協会、1968年7月公開 - 配給
  • 『現代くノ一肉地獄』 : 監督向井寛、出演火鳥こずえ、製作日本芸術協会、1968年10月公開 - 配給
  • 『穴をねらえ!』 : 監督新藤孝衛、出演水咲陽子、製作青年芸術映画協会、1968年11月公開 - 配給
  • 『女色のもつれ』 : 監督酒匂真直、製作東京芸術映画協会、1968年11月公開 - 配給
  • 『孤島のうめき』 : 監督関孝二、製作大東放映、1968年12月公開 - 配給
  • 『分娩 異色性風俗史』 : 監督新藤孝衛、出演青木まり、製作青年芸術映画協会、1968年12月公開 - 配給
1969年
  • 『色欲三重奏 だまされた女狐』 : 監督渡辺護、出演マキ蘭子、製作日本芸術映画協会、1969年4月公開 - 配給
  • 『昭和元禄 おいろけ女忠臣蔵』 : 監督新藤孝衛、出演小島マリ、製作青年芸術映画協会 1969年6月公開 - 配給
  • 『中絶手術』 : 監督新藤孝衛、出演大城英子、製作青年芸術映画協会、1969年8月公開 - 配給
  • 『穴に賭ける』 : 監督品川照二(本木荘二郎)、主演美川真紀、製作Gプロダクション、1969年8月公開 - 配給
  • 『人妻千一夜』 : 監督沢賢介、出演白川和子、製作沢プロダクション、1969年9月公開 - 配給
  • 『覗かれた密室』 : 監督新藤孝衛、出演園ひとみ、製作青年芸術映画協会、1969年10月公開 - 配給
  • 枕芸者』 : 監督向井寛、出演高島和子、製作日本芸術協会、1969年公開 - 配給
  • 『奏でる名器』 : 監督沢賢介、出演高島和子、製作サワプロダクション、1969年公開 - 配給
  • 『ざこ寝』 : 監督新藤孝衛、1969年12月公開
  • 『好きもの夫婦』 : 監督新藤孝衛、1969年12月公開
1970年
  • 『情炎女護ヶ島』 : 監督沢賢介、1970年5月公開
  • 『濡れた草むら』 : 監督品川照二、1970年6月公開
  • 『好色東名高速道路 女体なで斬り』 : 監督沢賢介、1970年7月公開
  • 『カーセックス』 : 監督沢賢介、1970年9月公開
  • 『見える見える 女体探偵術』 : 監督沢賢介、1970年9月公開
  • 『おいろけ婦人風呂』 : 監督新藤孝衛、1970年11月公開
  • 『SEXアニマル』 : 監督沢賢介、1970年12月公開
1971年
  • 『(裸)おんな天国』 : 監督沢賢介、主演乱孝寿、1971年1月公開
  • 『しつこいのが大好き』(『しっつこいのが大好き』) : 監督新藤孝衛、1971年2月公開
  • 『現代寝わざくらべ』 : 監督新藤孝衛、1971年3月公開
  • 『妻の浮気夫の浮気』 : 監督沢賢介、1971年4月公開
  • 『(秘)おさわり専科』 : 監督品川照二、1971年4月公開
  • 『桃色探訪カーホテル』 : 監督沢賢介、1971年5月公開
  • 『女の急所教えます』 : 監督関孝二、主演早坂くるみ、1971年6月公開
  • 『抜群の味』 : 監督島田恵三、主演藤ひろ子、1971年8月公開
  • 『セックス・セールス』 : 監督沢賢介、1971年9月公開
  • 『世界セックス大全集』 : 監督沢賢介、主演ドナ・ケイ/白川和子、1971年9月公開
  • 『咬みつかれたハマグリ坊主』 : 監督関孝二、1971年11月公開
  • 『抱いてい教えて 性と行動』 : 監督新船澄孝、主演山路昇子、1971年12月公開
  • 『女体貸します』 : 監督沢賢介、主演宮下順子、1971年12月公開
1972年
  • 『(秘)ナイトクラブの女高生』 : 監督新船澄孝、主演谷身知子、製作青年芸術映画協会、1972年2月公開 - 配給
  • 『セックス診断』 : 監督沢賢介、主演三条ベラ、1972年3月公開
  • 『女子学生 ポルノテクニック』 : 監督品川照二、主演青山美沙、1972年4月公開
  • 『続・セックス大全集』 : 監督沢賢介、1972年5月公開
  • 『ブルーフィルム一代女』 : 監督新船澄孝、主演高見由紀・乱孝寿、1972年6月公開
  • 『美女と淫獣』 : 監督関孝二、主演青山美沙、1972年7月公開
  • 『やり逃げ専科』 : 監督沢賢介、主演宮下順子、1972年8月公開
  • 『感じる若妻』 : 監督新船澄孝、主演小島マリ、1972年9月公開
  • 『夜の沖縄 ポルノ狩り』 : 監督沢賢介、1972年10月公開
  • 『乳房変身』 : 監督沢賢介、主演瀬良美似、1972年11月公開
  • 『痴漢天国』 : 監督関孝二、1972年12月公開
1973年
  • 『濡れ濡れ欲情記』 : 監督沢賢介、1973年1月公開
  • 『痴態の乱れ』 : 監督木俣堯喬、主演珠瑠美田中小実昌、1973年2月公開
  • 『(秘)失神トルコ風呂』 : 監督沢賢介、主演北見マヤ、1973年3月公開
  • 『女高生スケバン物語』 : 監督関孝二、主演椿じゅん、1973年4月公開
  • 『Y学講座 三人娘の男狩り』 : 監督沢賢介、主演北見マヤ・千葉未知・山谷ますみ、1973年5月公開
  • 『男妻になるテクニック』 : 監督関孝二、1973年6月公開
  • 『ある浮気の生態』 : 監督沢賢介、1973年7月公開
  • 『穴場さぐり』 : 監督関孝二、1973年8月公開
  • 『パンマSEX裏のぞき』 : 監督関孝二、主演河森真樹、1973年9月公開
  • 『好色団地妻』 : 監督沢賢介、主演北見マヤ、1973年10月公開
  • 『女風呂色ざかり』 : 監督関孝二、1973年11月公開
  • 『魔性の淫獣』 : 監督沢賢介、主演乱孝寿、1973年12月公開
1974年
  • 『性惑の宝庫』 : 監督関孝二、1974年1月公開
  • 『(秘)パンマ性感地帯』 : 監督沢賢介、主演青山リマ、1974年1月公開
  • 『女湯淫情記』 : 監督関孝二、主演泉ユリ、1974年3月公開
  • 『性感の闘い』(『快感の闘い』) : 監督関孝二、1974年4月公開
  • 『赤坂SEX地帯』 : 監督沢賢介、主演南ユキ、1974年5月公開
  • 『ドラゴン柔道SEX対決』 : 監督関孝二、1974年6月公開
  • 『港函館情欲の夜』 : 監督沢賢介、1974年7月公開
  • 『性艶みだら海女』 : 監督関孝二、主演泉ユリ、1974年8月公開
  • 『OL夜毎の欲情』 : 監督影山明文、出演南ユキ、1974年8月公開
  • 『トルコ嬢の性歓地帯』 : 監督沢賢介、主演小島麻里、1974年9月公開
  • 『団地妻色競べ』 : 監督関孝二、主演泉ユリ、1974年10月公開
  • 『夫婦セックス勝負』 : 監督沢賢介、主演小島麻里、1974年11月公開
  • 『新婚初夜の秘技』 : 監督関孝二、主演泉ユリ、1974年12月公開
  • 『(秘)香港セックス基地』 : 監督沢賢介、主演小島麻理、配給大蔵映画、1974年12月25日公開 - 製作
1975年
  • 『東西性豪色くらべ』 : 監督関孝二、主演小島麻理、配給大蔵映画、1975年2月18日公開 - 製作
  • 『極秘女専門 トルコボーイ』 : 監督沢賢介、主演茜ゆう子、配給大蔵映画、1975年3月21日公開 - 製作
  • 『(秘)性慾ホテル』 : 監督関孝二、主演小島麻理、配給大蔵映画、1975年4月21日公開 - 製作
  • 『夜の長崎 濡れた性』 : 監督沢賢介、主演愛めぐみ、配給大蔵映画、1975年5月公開 - 製作
  • 『情痴の争奪』 : 監督関孝二、主演茜ゆう子、1975年6月公開
  • 『浮気夫婦の性合戦』 : 監督沢賢介、主演茜ゆう子、配給大蔵映画、1975年7月25日公開 - 製作
  • 『セックス秘伝』 : 監督関孝二、主演東祐里子、配給大蔵映画、1975年8月25日公開 - 製作
  • 『(秘)女子大生 荒淫山脈』 : 監督沢賢介、主演北沢満里子、配給大蔵映画、1975年9月公開 - 製作
  • 『湧き出る性の泉』 : 監督関孝二、主演茜ゆう子、配給大蔵映画、1975年10月17日公開 - 製作
  • 『新宿マッサージ 売春嬢殺し』 : 監督沢賢介、主演南ユキ、配給大蔵映画、1975年10月28日公開 - 製作
  • 『女高生と(秘)玩具』 : 監督関孝二、主演泉ユリ、配給大蔵映画、1975年12月8日公開 - 製作
  • 『痴漢のぞき窓』 : 監督沢賢介、主演路さとみ、配給大蔵映画、1975年12月公開 - 製作
1976年
  • 『痴漢快楽境』 : 監督早坂紘(関孝二[8])、出演泉ユリ、配給大蔵映画、1976年7月7日審査(映倫番号18782)、1976年7月31日公開 - 製作[8]
  • 『女子学生(秘)SEX実験』 : 監督関孝二、出演しば早苗、配給大蔵映画、1976年8月10日審査(映倫番号18819)、1976年9月1日公開 - 製作[8]
  • 『性道男一代』 : 監督早坂紘、出演南ゆき(南ユキ)、配給大蔵映画、1976年9月6日審査(映倫番号18851)、1976年9月11日公開 - 製作[8]
  • 『セックス覗き百態』 : 監督関孝二、出演小杉じゅん、配給大蔵映画、1976年9月27日審査(映倫番号18871)、1976年10月1日公開 - 製作[8]
  • 『痴漢 スケ狩り』(『土曜オールナイト女狩り』) : 監督沢賢介、出演東祐里子、配給ミリオンフィルム、1976年7月5日審査、1976年10月12日公開 - 製作[8]
  • 『団地妻セックス集団』 : 監督関孝二、出演小杉じゅん、配給大蔵映画、1976年11月4日審査(映倫番号18914)、1976年11月23日公開 - 製作[8]
  • 『好色産婦人科医の告白』 : 監督関孝二、出演杉佳代子、配給大蔵映画、1976年11月29日審査(映倫番号18946)、1976年12月4日公開 - 製作[8]
1977年
  • 『女高生性の乱れ』 : 監督早坂紘、出演青野梨魔、配給大蔵映画、1976年12月8日審査(映倫番号18957)、1977年1月11日公開 - 製作[8]
  • 『子種入用 お腹貸します』 : 監督早坂紘、出演南ゆき、配給大蔵映画、1977年1月11日審査(映倫番号18982)、1977年2月12日公開 - 製作[8]
  • 『変態婦人科医』(『異常変態婦人科医』) : 監督早坂紘、出演星亜也子、配給大蔵映画、1977年2月17日審査、1977年3月4日公開 - 製作[8]
  • 『FLESH MARKETS 国際肉体市場』 : 監督沢賢介、主演東裕里子、配給ミリオンフィルム、1977年5月公開 - 製作
  • 『痴漢横丁 濡れたいの』 : 監督関孝二、主演しば早苗、配給ミリオンフィルム、1977年12月公開 - 製作
1978年 - 1980年
  • 『発情レポート 穴場遊び』 : 監督沢賢介、主演青山涼子、配給ミリオンフィルム、1978年7月公開 - 製作
  • 『失神痴漢UFO』 : 監督沢賢介、主演しば早苗、配給ミリオンフィルム、1978年10月公開 - 製作
  • 『野獣ポルノ 処女絶叫』 : 監督大門登、主演与那城ライラ、配給ミリオンフィルム、1979年4月3日公開 - 製作
  • 『熱中時代 変態下宿』 : 監督久我剛、出演大下みどり、配給ミリオンフィルム、1979年5月1日公開 - 青年群像と提携製作
  • 『少女早熟』 : 監督平川弘喜、出演高原リカ、配給ミリオンフィルム、1980年5月20日公開 - 製作

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『映画年鑑 1978』、p.201.
  2. ^ a b 『映画年鑑 1988』、p.233.
  3. ^ a b c d e f 関東ムービー、日本映画情報システム、文化庁、2012年7月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 関東ムービー日本映画データベース、2012年7月9日閲覧。
  5. ^ a b Kanto Movieインターネット・ムービー・データベース (英語)、2012年7月9日閲覧。
  6. ^ 死ぬほど抱いて、日本映画データベース、2012年7月9日閲覧。
  7. ^ 『映画年鑑 1960』、p.593.
  8. ^ a b c d e f g h i j k l 『映画年鑑 1978』、p.166.
  9. ^ a b c d e f g 『映画年鑑 1992』、p.253.
  10. ^ 『映画年鑑 1994』、p.
  11. ^ 『映画年鑑 1998』、p.244, 318.
  12. ^ Year book 1992, p.151.
  13. ^ 東京都中央区銀座3-12-18 新岩間ビルGoogle ストリートビュー、2012年7月8日閲覧。
  14. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『映画年鑑 1960』、時事映画通信社、1959年12月1日
  • 『映画年鑑 1978』、時事映画通信社、1977年12月1日
  • 『映画年鑑 1988』、時事映画通信社、1987年12月1日
  • 『映画年鑑 1992』、時事映画通信社、1991年12月1日
  • Screen international film and TV year book 1992, Screen International, King Publications, 1992 ISBN 0900925213
  • 『映画年鑑 1994』、時事映画通信社、1993年12月1日
  • 『映画年鑑 1998』、時事映画通信社、1997年12月1日

関連項目[編集]