関東医療少年院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関東医療少年院正門

関東医療少年院(かんとういりょうしょうねんいん)は、東京都府中市新町1丁目にて法務省矯正局東京矯正管区に属する少年院であったがで2019年3月まで運用されていた。

2019年4月に東京都昭島市の国際法務総合センター として、八王子市八王子医療刑務所・八王子少年鑑別所府中市関東医療少年院相模原市中央区神奈川医療少年院を、2019年(平成31年)4月[1]に統合移転し閉所した。

所在地[編集]

概要[編集]

全国に2箇所しかない第三種少年院(旧称・医療少年院)のうちのひとつであった。定員は124名。医療法上の病院に該当する。 第3種少年院とは、少年審判によって「心身に著しい故障がある」と判断されたおおむね12歳以上26歳未満の者を収容し、治療と矯正教育を施す施設である。特に精神疾患のある未成年者を重点的に受け入れ、治療を行なっている。被収容者に対しては、平均して約1年間のプログラムが組まれ、専門医による治療と並行して、生活・職業指導といった教育が施される。治療が終わった被収容者は一般の少年院に移ることもある。 関東医療少年院の閉所により、単独の医療法の病院機能を持つ少年法の分類における第三種少年院に属する医療少年院は京都医療少年院京都府)のみとなる。

沿革[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「昭島に法務総合センター 落成式 医療刑務所など集約」『読売新聞』朝刊2017年11月28日(東京面)

関連項目[編集]

座標: 北緯35度41分20.4秒 東経139度29分8.3秒 / 北緯35.689000度 東経139.485639度 / 35.689000; 139.485639