関東実業団少林寺拳法連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

関東実業団少林寺拳法連盟は、関東近県の実業団(民間企業・官公庁)少林寺拳法部から構成されている連盟。

1970年の全日本実業団少林寺拳法連盟発足と同時に発足。

47支部が所属、そのうち36支部が活動を継続中。

支部相互の情報共有、運営協力の他、大会や合同練習会などを開催している。

役員体制[編集]

所属支部[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

千葉県[編集]

栃木県[編集]

準加盟[編集]

休部中[編集]

  • 千代田区役所
  • 八重洲無線
  • 住金鹿島
  • 千葉市役所
  • 東京都庁
  • 福田会
  • サンリオ
  • 安川電機埼玉
  • 松戸市役所
  • マルハ(株)
  • さいたま市役所

主な活動内容[編集]

  1. 総会5月
  2. 幹部技術研修会 6月
  3. 合同合宿 9月
  4. 関東実業団大会 10月
  5. 技術研修会 12月
  6. 新春懇親会 1月
  7. 臨時総会 2月
  8. ジョギング大会 3月

歴史[編集]

  • 1969 (S44) 雇用促進事業団支部(現:労働省支部長松木長實)設立認可にあたり、創始者 宗道臣内山滋関東地区連合会理事長(当時)を通じ、関東に実業団連盟を組織するように指示。
  • 1970 (S45) 関東実業団連盟として本部登録
  • 1971 (S46) 関東地区合同練習会開催(於:新宿区立体育館)
  • 1973 (S48) "全国実業団連盟演武大会(第一回)開催(於:日比谷公会堂)
  • この大会には中国大使館より、李連慶参事官、程志邁一等書記官、潘一鳳二等書記官、高復金二等書記官、顔萬栄通訳官の5名が臨席され、少林寺と中国の友好の幕開けとなった。大会終了後、日比谷パークセンターで行われたレセプションに中国側5名と藤川大会長、江﨑真澄、松平頼明両特別顧問が列席され、開祖と歓談交流された。
  • 1977 (S52) 少林寺拳法創始30周年記念全国大会開催(於:日本武道館)
  • 1978 (S53) 少林寺拳法国会議員有段者允可状授与式が日本武道館貴賓室で行われ、藤川会長が六段、遠藤副会長が三段をそれぞれ授与される。
  • 1979 (S54) 少林寺拳法振興議員連盟発足 (藤川会長、遠藤副会長が参加)
  • 1979 (S54) 関東実業団演武大会(第1回)開催(於:新宿区立体育館)
  • 1980 (S55) 開祖遷化。7月第2世宗道臣就任式
  • 1981 (S56) 関東実業団連盟合宿(第1回)開催(於:湯河原)
  • 1985 (S60) 関東実業団連盟研修会(第1回)開催(於:首都公団道場)
  •  ???? 少林寺拳法国際親善大会開催(於:日本武道館)
  • 1987 (S62) 関東実業団連盟講演会(第1回)開催(於:千代田区のニチレイ本社会議室)
  • 1988 (S63) 安在前理事長出版記念パーティー(於:市ヶ谷コーナーハウス)
  • 1990 (H2) 少林寺拳法関東実業団20周年記念大会(第11回)開催(於:品川区立総合区民会館「きゅうりあん」大ホール)
  •  ???? 大会終了後、全日本実業団連盟20周年記念祭を同所小ホールで開催
  • 1992 (H4) 第1回皇居一周申告タイム制ジョギング大会開催
  • 1993 (H5) 安在相談役送別会(於:首都公団南青山分室)
  • 1995 (H7) 少林寺拳法関東実業団連盟25周年記念大会(第16回)開催(於:北区滝野川会館大ホール)
  • 1996 (H8) 全日本・関東実業団連盟谷口隆志会長、望月三郎副会長就任披露会(於:中野サンプラザ)
  •  ???? 関東実業団連盟支部長ボウリング大会・忘年会開催(於:中野サンプラザ)
  • 1997 (H9) 少林寺拳法創始50周年記念大会開催(於:日本武道館)
  • 1998 (H10) 関東実業団連盟支部長ボウリング大会・新年会開催(於:中野サンプラザ)
  • 1999 (H11) 全日本実業団連盟30周年記念大会及び記念式典の企画委員会発足
  • 2000 (H12) 全日本実業団30周年記念大会に併せ2000年度関東実業団大会(21回)開催(於:中野区立中野体育館)

関連する連盟[編集]

  • 東海実業団少林寺拳法連盟、関西実業団少林寺拳法連盟、その他全国に存在する実業団少林寺拳法支部と全日本実業団少林寺拳法連盟を構成している。
  • 全日本実業団少林寺拳法連盟は、財団法人少林寺拳法連盟の下部組織となる。