関東自動車宇都宮営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:営業中のバス車両の写真の画像提供をお願いします。2019年9月
宇都宮営業所

関東自動車宇都宮営業所(かんとうじどうしゃうつのみやえいぎょうしょ)は、栃木県宇都宮市砥上町にある関東自動車のバス営業所である。

一般路線は宇都宮市内を大部分のエリアとするが、1路線は下都賀郡壬生町内を運行している。営業所最寄り停留所は旧名称の「砥上(とがみ)営業所」(砥上車庫)。所属車輌のナンバープレートは、「栃木」「宇都宮」が存在する。

沿革[編集]

現行一般路線[編集]

江曽島線「もみじ通り」バス停留所
  1. 主な停留所を掲載。特定輸送の路線は掲載せず。
  2. ☆印がついている路線(宇都宮 - 江曽島線)は、平日・月曜 - 土曜に深夜バスを運行。
  • JR宇都宮駅 - 旭陵橋東 - 川田入口 - 江曽島四丁目 - 今宮二丁目 - 総合運動公園南門 - 若松原二丁目 - 雀宮駅
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武西口 - 川田入口 - 江曽島四丁目 - 今宮二丁目 - 総合運動公園南門 - 若松原二丁目 - 雀宮駅
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武西口 - 川田入口 - がんセンター - 江曽島駅 - 緑町 - 江曽島(西川田東) ☆
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高西口 - 陽西通り十文字 - 文化会館前 - 南宇都宮 - 宇高校前 - 鶴田駅
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 文化会館前 - あけぼの公園 - 宇高校前 - 鶴田駅
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 文化会館前 - あけぼの公園 - 宇高校前 - 江曽島駅入口 - 西川田東(江曽島)[1]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 楡木街道入口 - 文化会館西口 - 宇高校前 - 鶴田駅
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 楡木街道入口 - 文化会館西口 - 宇高校前 - 江曽島駅入口 - 西川田駅
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 三の沢 - 羽黒下 - 砥上車庫
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 三の沢 - 西の宮団地
  • 雀宮駅 - 新富町 - ジェイコー宇都宮病院 - 南町北 - さつき団地局 - 兵庫塚一丁目 - 西川田南 - 西川田駅東口(みやバス)
  • おもちゃの町駅 - 獨協医大病院[2]

管轄路線変更の経緯[編集]

※近年運行が変更された路線(区間延長路線、区間短縮路線、一部区間変更路線、廃止路線)を掲載。

区間延長路線[編集]

  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武西口 - 川田入口 - がんセンター - 江曽島駅 - 江曽島車庫(現・緑2丁目) ☆[3]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 楡木街道入口 - 文化会館西口 - 宇高校前 - 江曽島駅入口 - 西川田駅[4]
  • JR宇都宮駅 → (旭陵通り) → 川田入口 → 江曽島四丁目 → 今宮二丁目 → 今宮四丁目南 → 今宮二丁目 → 緑二丁目東 → 江曽島四丁目 → 川田入口 → (旭陵通り) → JR宇都宮駅[5][6]

区間短縮路線[編集]

  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 文化会館前 - 宇高校前 - 江曽島駅入口 - 西川田駅入口 - 幕田町 - 安塚 - 獨協医大病院 - おもちゃの町駅[2][7]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 文化会館前 - 宇高校前 - 江曽島駅入口 - 西川田駅 - 子ども科学館[2][8]

一部区間変更路線[編集]

  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 文化会館前 - 宇高校前 - 江曽島駅入口 - 西川田駅 などの六道経由路線[9]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 文化会館前 - 宇高校前 - 江曽島駅入口 - 西川田駅[2][10]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 材木町 - 新町東 - 南宇都宮 - 宇高校前 - 鶴田駅[11]

撤退・廃止路線[編集]

※近年撤退・廃止された路線を掲載。

  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武西口 - 新町東 - 南宇都宮 - 宇高校前 - 鶴田駅
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 文化会館前 - 宇高校前 - 江曽島駅入口 - 西川田駅入口 - 日本ランコ - 総合運動公園[2]
  • 西川田駅 - 子ども科学館[2]
  • 雀宮駅 - 若松原 - 南警察署 - 兵庫塚一丁目 - 日本ランコ - 西川田駅東口(みやバス)
  • 西の宮団地 - 野尻 - 上欠団地 - 松原団地 - 白桑田(みやバス)

備考[編集]

開設当初は、乗合部門の「砥上営業所」に貸切部門「宇都宮観光営業所の車庫機能」を併設する形だった。 400メートル北にあった駒生営業所管轄の砥上団地出張所を廃止し、路線を砥上に移管。翌年には出張所の跡地にバスガイド社員用の女子寮を新築している。(現在は売却)

その後の営業所再編で 乗合部門「砥上営業所」が簗瀬営業所に統合されて「砥上車庫」扱いとなった。一方で、貸切部門「宇都宮観光営業所」を同所に移転させて車庫機能を統合、名称を「宇都宮営業所」に変更した。 数年後、乗合部門が簗瀬営業所から切り離されて営業所に再び格上げされた際、旧名称の「砥上」には戻さず「宇都宮営業所」のままとした経緯がある。 宇都宮観光営業所と合併したため、宇都宮地区の貸切車は主にここに配置される。

マロニエ新宿号の開業当初も停留所が設置されていたが、マロニエ新宿号から関東自動車が撤退してJRバス関東の単独運行となったときは、近隣の鹿沼インター通り上に「砥上」停留所が設置されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かつて東武バスが運行していた路線が、関東自動車に譲渡された路線である。関東自動車に譲渡された際には西川田駅・子ども科学館方面までの運行であったが、その後旧江曽島車庫発着に変更された後、現在は西川田東発着の運行となっている。
  2. ^ a b c d e f 東武バスから移管された路線である。
  3. ^ 江曽島車庫(現・緑2丁目) - 江曽島(西川田東)間を延長。
  4. ^ 東武バスより六道経由路線を譲受した数年後、桜通り経由路線の一部を西川田駅に乗り入れさせた。
  5. ^ 循環運行を廃止し、雀宮駅へ路線延長
  6. ^ 宮の橋南 - 栃木日産前間は無停車。
  7. ^ 東武バスから移管された後に西川田駅-おもちゃのまち間を大幅短縮。
  8. ^ 東武バスから移管された後に西川田駅-子ども科学館間を短縮。
  9. ^ 東武バスより譲受後の平成3年10月1日、気象台前(現・ハローワーク) - 滝の原間ルートが滝谷町交差点・文化会館西口経由から文化会館前・あけぼの公園経由へと変更された。
  10. ^ 東浦町 - 旧江曽島車庫(現・緑二丁目)発着へと変更、その後現在の江曽島(西川田東)発着へルート変更。
  11. ^ 廃止される数年前、東武西口経由へと変更された。
  • 路線一覧図 (PDF) - 関東自動車、平成27年4月1日現在、平成30年2月19日閲覧

参考文献[編集]

  • 「関東自動車系統一覧・1994年11月16日現在」 伊東浩司 1995年(完売)