関東自動車栃木出張所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:営業中のバス車両の写真の画像提供をお願いします。2019年9月
事務所前の表札

関東自動車栃木営業所(かんとうじどうしゃとちぎえいぎょうしょ)は、栃木県栃木市片柳町にある、関東自動車の貸切部門の営業所である。 路線バス部門については、佐野営業所に属する車庫となっている他、栃木市営バス「ふれあいバス」の輸送を担う契約輸送部(旧総合サービス事業部)栃木車庫も併設している。

元は社員寮で、寮時代の建物を事務所に転用している。

現在、路線バス部門では一般路線は栃木市内に1路線のみを担当している。所属車輌のナンバープレートは、かつては「栃木」ナンバーであったが、現在は「とちぎ」に統一されている。

沿革[編集]

  • 1923年(大正12年)栃木駅前に、本社として発足。
  • 1934年(昭和9年)本社が宇都宮市に移転、栃木は営業所化。
  • 1986年(昭和61年)出張所となった、佐野出張所を統合。
  • 1996年(平成8年)大規模な営業所再編によって、栃木は出張所化、営業所となった佐野に統合。その後栃木駅前の再開発事業のため、片柳町(現所在地)の寮跡地に移転。
  • 2004年平成16年)
    • 3月31日 : 栃木駅 - 卒島 - 小山駅のうち、栃木駅 - 卒島間が廃止される。[1]

現行一般路線[編集]

※主な停留所を掲載。特定輸送の路線は掲載せず。

撤退・廃止路線[編集]

近年撤退・廃止された路線を掲載[2]

  • 栃木駅 - 倭町一丁目 - 栃女高 - 栃商高 - 錦着山入口 - 皆川 - 柏倉入口 - 柏倉神明
  • 栃木駅 - 倭町一丁目 - 栃女高 - 栃商高 - 錦着山入口 - 皆川 - 柏倉入口 - 西山中
  • 栃木駅 - 倭町一丁目 - 城ノ内 - 卒島 - 思川新道 - 佐野街道 - 小山駅[3]
  • 栃木駅 - 倭町一丁目 - 栃高前 - サントリー入口 - 尻内 - 梅沢新町 - 羽鶴 - 出流橋(いづるばし) - 出流観音[4]
  • 栃木駅 - 倭町一丁目 - 栃高前 - サントリー入口 - 尻内 - 梅沢新町 - 鍋山新田 - 星野遺跡 - 星野御嶽山入口[4][5]

うち一部の路線は現在も「栃木市営バス(ふれあいバス)」として、契約輸送部が受託運行している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 栃木市ホームページ「広報とちぎアーカイブ」平成16年3月15日号
  2. ^ 一時期、小山地区の路線を管轄していたが、小山地区の改廃路線については県南営業所#廃止・撤退路線を参照されたい。
  3. ^ かつて東武鉄道バス栃木営業所が運行していた、大町車庫 - 栃木駅 - 小山駅線を関東に譲渡された路線である。後年、栃木駅 - 卒島間は廃止され、卒島 - 小山駅間の運行は県南営業所の管轄となった。
  4. ^ a b 現在はふれあいバスが栃木駅 - 尻内 - 星野 - 出流間を運行している。
  5. ^ かつては栃木 - 尻内 - 梅沢 - 鍋山 - 星野 - 大畑 - 永野間を関東の一般路線としてスルー運行していたが、栃木市・粟野町境にある星野で運行路線が分断される。栃木 - 星野間は引き続き関東が、星野 - 永野間は粟野町営バスの運行となった後、現在は鹿沼市民バス星野御嶽山入口・与洲平線として、星野 - 永野・粟野間を運行している。

参考文献[編集]

  • 「関東自動車系統一覧・1994年11月16日現在」 伊東浩司 1995年(※完売)