関東自動車簗瀬営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:公道で撮影した営業所施設およびバス車両の写真の画像提供をお願いします。2018年2月

関東自動車簗瀬営業所(かんとうじどうしゃやなぜえいぎょうしょ)は、栃木県宇都宮市簗瀬にある関東自動車のバス営業所である。

一般路線は宇都宮市・日光市鹿沼市下野市塩谷郡塩谷町をエリアとし、宇都宮発着の高速バス・空港リムジンバス、宇都宮市内循環バス(コミュニティバス)「みやバス」「きぶな号」を担当する他、日光市営バスの一部路線も担当している。所属車輌のナンバープレートは、「栃木」「宇都宮」が存在する。

本項では、簗瀬営業所の前身である旧宇都宮営業所と、旧宇都宮営業所出張所から各営業所が独立した経緯についても記載する。

歴史[編集]

もともと、関東自動車の宇河地区・日光・鹿沼・小山地区エリアの各営業所の起源は、1931年昭和6年)に池上町(旧・池上町バス停付近)に開設された車庫機能と乗車券類を販売する営業所であった。この池上町(旧宇都宮町域)営業所は、1955年(昭和30年)に国鉄宇都宮駅前にあった駅前車庫に本社社屋が新築されるのに伴い、宇都宮営業所として社屋1階に移設された。

一方、簗瀬車庫は1962年(昭和37年)に駅前車庫を拡充するために旧簗瀬村域に開設され、乗車券類の販売を行ったことが無い車庫(駐車場)として維持されてきた。駅前営業所のバス運行機能は社屋建て替えと敷地内への関東チサンホテル(現チサンホテル宇都宮)の建設に伴い本社から分離され、車庫に統合。1989年平成元年)、今市営業所の乗合部門と統合の際に、簗瀬営業所に改称した。

かつて、国鉄(省線)宇都宮駅前のバスステーションには、関東自動車の運行に加え駅前案内所や乗車券販売所等の機能を担う事業場と、駅前を発着する関東自動車の車庫および乗務員詰所があった。太平洋戦争後の復興期には、市内池上町にあった宇都宮営業所が宇都宮駅前に新築された本社社屋に移設され、さらに高度経済成長に伴う営業拡大によって機能は細分化され、市内外各車庫にバス運行業務と定期券や乗車券、回数券等の販売を行う出張所を開設、これが後に戸祭営業所、駒生営業所、江曽島営業所、鹿沼営業所、石橋営業所、小山営業所、今市営業所等の乗車券類を取り扱う営業所として独立された。

その後、バブル期に伴い事業分野が拡大され、バブル崩壊後は組織整理・再編が行われた。宇都宮駅前の宇都宮営業所のバス運行機能は単離されて車庫に統合された。なお、乗車券類を取り扱う営業所機能は利用客の多い駅前本社事業所に置かれている。こうした経緯から、簗瀬営業所のバス運行担当路線は概ねJR宇都宮駅を発着する路線となっているが、路線末端部の地域枝線も受け持っている。

沿革[編集]

  • 1931年(昭和6年)
    • 省線宇都宮駅前のバスステーションがスタート
    • 市内池上町と桜に宇都宮営業所発足
  • 1941年(昭和16年)
    • 宇都宮営業所より石橋営業所分離・発足
  • 1951年(昭和26年)
    • 宇都宮営業所の市内バス出張所(後の戸祭営業所)を開設
  • 1955年(昭和30年)
    • 国鉄宇都宮駅前に本社社屋を新築し移転、社屋1階に宇都宮営業所を併設、西側に第1車庫、南側に第2車庫(現存)を設置
  • 1958年(昭和33年)
    • 旧本社跡地に桜通営業所を開設
  • 1959年(昭和34年)
    • 小山南車庫(現在の県南営業所)、一ノ沢出張所(後の駒生営業所)を開設
  • 1962年(昭和37年)
    • 宇都宮営業所簗瀬車庫を開設(後に営業所機能を本社屋から移転、宇都宮営業所となる。現在の簗瀬営業所)
  • 1964年(昭和39年)
    • 宇都宮営業所より今市営業所を分離、開設
    • 宇都宮営業所市内バス出張所を分離、戸祭営業所発足
  • 1965年(昭和40年)
    • 一ノ沢出張所を移転、駒生出張所を開設
    • 江曽島出張所(緑町)を開設
  • 1974年(昭和49年)
    • 駒生出張所を営業所に昇格、江曽島営業所(八千代町)を開設し、戸祭営業所とともに市内バス3営業所制とする
  • 1989年(平成元年)
    • 今市営業所を宇都宮営業所に統合、簗瀬営業所に改称
  • 1996年(平成8年)
    • 営業所再編が行われ、鹿沼営業所が出張所に格下げとなり、簗瀬営業所の傘下となる(鹿沼出張所はその後、鹿沼営業所として再独立している)
  • 2019年(令和元年)5月18日 - 宇都宮市内循環線(きぶな号)の両回り運行開始。右回り便の「市役所先回り」を新設。従来の左回り便は「県庁先回り」と呼称。[1]

現行路線[編集]

一般路線[編集]

※主な停留所を掲載。特定輸送の路線は掲載せず。
※日光市営バスは、共通バスカードが使用できる今市 - 下小林線のみ掲載。
※☆印は平日・月曜 - 金曜・土曜に深夜バス運行
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 栃木医療センター前 - 中戸祭 - 文星大学前 - 弁天橋 - 中徳次郎 - 一里塚 - 石那田 - 下大沢 - 中森友 - 日光市役所 - 今市車庫(瀬川) - 日光駅前(JR東武) - 神橋 - 日光東照宮
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 栃木医療センター前 - 中戸祭 - 文星大学前 - 弁天橋 - 中徳次郎 - 一里塚 - 石那田 - 下大沢 - 中森友 - 日光市役所 - 今市車庫(瀬川) - JR日光駅前
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 栃木医療センター前 - 中戸祭 - 文星大学前 - 弁天橋 - 中徳次郎 - 一里塚 - 石那田 - 下大沢 - 中森友 - 日光市役所 - 今市車庫(瀬川)
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 栃木医療センター前 - 中戸祭 - 文星大学前 - 弁天橋 - 中徳次郎 - 一里塚 - 石那田 - 篠井 - 塩野室局前 - 塩野室 - 佐貫観音前 - 船生
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 栃木医療センター前 - 中戸祭 - 文星大学前 - 弁天橋 - 中徳次郎 - 一里塚 - 石那田
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 栃木医療センター前 - 中戸祭 - 文星大学前 - 弁天橋 - 中徳次郎 - 一里塚 - 石那田 - 篠井ニュータウン
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 栃木医療センター前 - 中戸祭 - 文星大学前 - 弁天橋 - 山王団地
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 栃木医療センター正門前 - 戸祭 - 宝木 - 仁良塚 - 新里町 - ろまんちっく村
  • JR宇都宮駅 → 県庁前 → 西塙田町 → 下戸祭二丁目 → 戸祭台 → グリーンヒル → 青葉台 → 下戸祭二丁目 → 西塙田町 → 県庁前 → JR宇都宮駅(戸祭台循環線)
  • JR宇都宮駅 - 今泉一丁目 - 竹林十文字 - 済生会病院
  • JR宇都宮駅 - 今泉一丁目 - 竹林十文字 - 済生会病院 - 宇都宮北高校 - 豊郷台 - 帝京大学
  • ☆JR宇都宮駅 - 宇商高前 - 富士見ヶ丘入口 - 豊郷台 - 帝京大学[脚注 1]
  • JR宇都宮駅 - 宇商高前 - 富士見ヶ丘入口 - 豊郷台 - 帝京大学 - 宇都宮美術館
  • JR宇都宮駅 - 宇商高前 - 富士見ヶ丘入口 - 豊郷台 - 帝京大学 - 瓦谷町東 - ニュー富士見[脚注 2]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 作新学院前 - 陽西中前 - 宝木 - 仁良塚 - 新里町 - ろまんちっく村
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 作新学院前 - 大谷橋 - 大谷観音 - 立岩
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 作新学院前 - 大谷橋 - 森林公園入口 - ウェルサンピア栃木 - JR鹿沼駅 - 天神町 - 鹿沼営業所[脚注 3]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 三の沢 - 羽黒下 - 長坂坂上 - 千渡 - JR鹿沼駅 - 天神町 - 鹿沼営業所[脚注 4]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 楡木街道入口 - 上欠下 - 上石川十文字 - 楡木駅入口 - 楡木車庫
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 楡木街道入口 - 上欠下 - 上石川十文字 - 運転免許センター - 楡木駅入口 - 楡木車庫
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 宇女高前 - 六道 - 楡木街道入口 - 上欠下 - 上石川十文字 - 運転免許センター
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 運転免許センター(直通便)(東武駅前 - 免許センター間は通過、鹿沼インター通り経由)
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武西口 - 川田入口 - 台新田神社前 - 雀宮駅入口 - ジェイコーうつのみや病院 - 雀宮陸上自衛隊 - 下野警察署 - 石橋駅
  • JR宇都宮駅 → 天神一丁目 →宇都宮城址公園東 → 市役所 → 東武西口 → 県庁前 → JR宇都宮駅(市役所循環線)
  • JR宇都宮駅 - 宇都宮二荒山神社下 - 栃木県庁舎前 - 松が峰教会前 - 市役所庁舎前 - 宇都宮城址公園入口 - 一番町 - JR宇都宮駅(市内循環線「きぶな」)[脚注 5]
  • JR宇都宮駅東口 - 宇都宮大学 - 宇大工学部 - ベルモール - 陽東桜が丘 - JR宇都宮駅東口(宇大循環線・両廻り運行)
  • JR宇都宮駅東口 - バイパス十文字 - 今泉町 - 陽東桜が丘 - ベルモール
  • 今市車庫(瀬川) - 東武下今市駅入口 - 大室西原 - 蛇木入口 - 塩野室 - 塩野室局前 - 下小林

高速バス・空港リムジン[編集]

関東自動車の宇都宮発着の高速バスは全て本営業所を拠点としている[2]。「北関東ライナー」については別の節にて詳述する。

北関東ライナー[編集]

北関東ライナーは、北関東自動車道経由で栃木県茨城県間を結ぶ高速バスである。

概説[編集]

昭和後期までは、栃木県の県都宇都宮市茨城県の県都水戸市の間には国鉄宇都宮自動車区国道123号経由で運行する路線バス茂木線」(その後、水都東線・水都西線に改称)があった。茂木線(水都西線・水都東線)の宇都宮 - 水戸直通便はその後一部便を茨城交通が運行した時期もあったが、1979年(昭和54年)に廃止され、以来30年間、宇都宮と水戸を直通する公共交通機関は無い状態が続いた。茨城県が2005年度(平成16年度)にまとめた北関東3県と新潟県福島県の5県連携に係る基礎調査報告書の中で、5県間の相互旅客流動が最大なのが栃木県と茨城県間の流動であることを指摘すると共に、東京を含む1都5県間の相互旅客流動の立地的中心部にある栃木県が交流起点になり得ることと記している[3]。また、宇都宮市役所においても総合政策部交通政策課が「宇都宮都市交通戦略短期施策[4]」において「目的・ニーズに応じたバスの運行」として「ニーズによる新規路線の検討、実施」を計画の一つとして示しており、直通公共交通機関の検討が加えられてきた。

このような状況下において、2008年12月の北関東自動車道の東側区間(栃木都賀 - 水戸間)全通を機に、2009年9月から運行を開始したのが「北関東ライナー」(宇都宮 - 水戸線)である。

2008年(平成20年)12月、北関東自動車道真岡IC - 桜川筑西IC間が開通し宇都宮市と水戸市が高速道路で結ばれたのを機に、2009年(平成21年)7月に路線免許が申請され、同年9月17日より運行が開始された。両都市間への観光・ビジネスの他、茨城側からの新幹線アクセスとしての利用の期待もされている[5]。関東自動車にとっては下館駅経由で運行されていたとちの木号小山・真岡線が2006年(平成18年)に廃止されて以来の茨城県乗り入れとなる。2009年(平成21年)12月にはこの開業を受け「やすらぎの栃木路」共同宣伝協議会により『「やすらぎの栃木路」2009冬・茨城キャンペーン』が企画発表され、参加団体である日光市那須塩原市栃木市等の代表が茨城県庁茨城新聞、茨交トラベルサービスなどを訪問し観光キャラバンを行った[6][7]。路線開設当初の茨城県側発着点は水戸駅南口であったが、2011年4月29日より茨城県側の発着地を国営ひたち海浜公園または茨城交通勝田営業所に変更・路線を延長した。なお、関東鉄道を含めた3社での共同運行だったが、同社は2011年3月31日で運行から撤退した。

座席定員制。予約不要だが、先着順で満員の場合は乗車できないことがある。

運行会社[編集]

関東自動車が2往復、茨城交通が4往復を担当する。

運行経路・主要停車地[編集]

太字は停車停留所(一部割愛)。栃木県内のみ・茨城県内のみの利用不可。

  • 2019年4月1日以降
JR宇都宮駅西口 - 栃木県庁前 - 東武宇都宮駅西口 - (国道123号) - 宇都宮大学前 - 宇都宮大学工学部前 - インターパーク - 宇都宮上三川IC - 北関東自動車道 - 友部JCT - 常磐自動車道 - 水戸IC - 大塚 - 赤塚駅 - 茨城大学 - 大工町(水戸市) - 水戸駅北口 - 水戸駅南口
  • 2011年4月29日から2019年3月31日までのひたちなか延長運転時
国営ひたち海浜公園発着
JR宇都宮駅西口 - 栃木県庁前 - 東武宇都宮駅西口 - (国道123号) - 宇都宮大学前 - 宇都宮大学工学部前 - インターパーク - 宇都宮上三川IC - 北関東自動車道 - 友部JCT - 常磐自動車道 - 水戸IC] - 大塚 - 赤塚駅 - 茨城大学前 - 大工町(水戸市) - 水戸駅北口 - 水戸駅南口(宇都宮行きのみ) - 勝田駅西口 - 海浜公園入口 - 海浜公園西口
勝田営業所発着
JR宇都宮駅西口 -(この間国営ひたち海浜公園発着便と同じ)- 勝田駅西口 - 茨城交通勝田営業所

宇都宮行きは「JR宇都宮駅西口 - 栃木県庁前 - 東武宇都宮駅西口」の順に停車し、東武宇都宮駅西口が終点となる。運行開始当初は水戸行きも東武宇都宮駅西口始発JR宇都宮駅経由だったが、2010年(平成22年)10月1日よりJR宇都宮駅発着にルート変更。その後宇都宮行きのみ、JR宇都宮駅経由東武宇都宮駅西口着に再変更した。ひたちなかへの路線延長していた時は、ひたちなか行のルートは水戸駅南口非経由だった。

車両設備[編集]
  • 42人乗り、トイレ付き

沿革[編集]

  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)
    • 10月1日 - ダイヤ及び運行経路変更。
      • 宇都宮行きの宇都宮市内経路と終点が変更され、宇都宮駅西口を先に経由し東武宇都宮駅西口終点となる。茨城県内では茨城大学前経由となり新原三差路停留所、自由ヶ丘停留所は廃止となる。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月31日 - この日を以て関東鉄道が水戸線の共同運行から離脱。関東鉄道運行分は一時的に茨城交通が代替(茨城交通4往復、関東自動車2往復)し、運行本数は6往復を維持。
    • 4月29日 - ダイヤおよび運行経路変更予定。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 4月1日 - 水戸駅から国営ひたち海浜公園および茨城交通勝田営業所間を廃止し、水戸駅南口発着に変更。茨城交通の担当営業所も勝田営業所から浜田営業所へ変更。
    • 10月1日(予定) - 運賃改定とダイヤ改正を行う[8]

撤退・廃止路線[編集]

近年撤退・廃止された路線を掲載。なお、停留所名は廃止当時のものである。

一般路線

  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武西口 - 川田入口 - 台新田神社 - 南署前 - 総合運動公園
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 国立病院前 - 下徳次郎 - 石那田 - 下大沢 - 今市市役所 - 大谷向駅 - 新高徳駅[脚注 6] - 東武ワールドスクウェア - 鬼怒川温泉駅 - 藤原町役場 - 鬼怒川公園駅
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 作新学院前 - 大谷橋 - 大谷観音 - 大谷資料館
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 作新学院前 - 大谷橋 - 大谷観音 - 立岩入口 - 多気山入口 - 新里[脚注 7]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 作新学院前 - 大谷橋 - 大谷観音 - 立岩入口 - 多気山入口 - 新里 - ろまんちっく村
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 国立病院正門前 - 戸祭 - 宝木 - 仁良塚 - 新里[脚注 8]
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 国立病院前 - 下徳次郎 - 石那田 - 篠井 - 塩野室局 - 塩野室車庫(現・塩野室)
  • 今市車庫(瀬川) - 東武下今市駅入口 - 大室西原 - 蛇木入口 - 塩野室車庫 - 塩野室局前
  • 今市車庫(瀬川) - 東武下今市駅入口 - 大室西原 - 蛇木入口 - 塩野室車庫
  • 今市車庫(瀬川) - 東武下今市駅入口 - 大室西原
  • JR宇都宮駅 - 県庁前 - 東武駅前 - 桜通り十文字 - 国立病院前 - 農業試験場 - 下徳次郎 - 山王団地
  • JR宇都宮駅東口 → 宇都宮駅東公園 → 東コミュニティセンター → 今泉新町南 → 東署南 → 宇都宮駅東公園 → JR宇都宮駅東口循環

高速バス

  • マロニエ新宿号(2001年 - 2006年)[脚注 9]
  • とちの木号(真岡線:2002年 - 2006年)
    真岡車庫・下館駅・小山車庫小山駅・栃木駅 - 京都駅・東梅田駅・大阪シティエアターミナル・あべの橋バスステーション
  • 北関東ライナー: 宇都宮 - 前橋線

その他[編集]

簗瀬営業所の最寄りバス停は「宿郷中(しゅくごうなか)」だが、このバス停には簗瀬営業所担当の路線は停車しない(石橋営業所駒生営業所担当の瑞穂野団地・東汗行きが停車)。

参考資料[編集]

  1. ^ 5月18日(土)路線バスのダイヤ改正について 2019年5月18日閲覧
  2. ^ 2018年10月の東野交通経営統合により、マロニエ号羽田線において旧東野交通が担当していた便については、引き続き東野平出営業所が担当している。
  3. ^ 5県連携に係る基礎調査 調査報告書 (PDF) - 茨城県企画部
  4. ^ 宇都宮都市交通戦略短期施策 - 宇都宮市公式サイトより (PDF)
  5. ^ 水戸・宇都宮間を結ぶ高速バス【北関東ライナー】 - 宇都宮観光コンベンション協会
  6. ^ 「やすらぎの栃木路」共同宣伝協議会 平成21年度事業報告
  7. ^ 栃木県 記者発表資料 平成21年12月3日『「やすらぎの栃木」』2009冬・茨城キャンペーンの実施について』
  8. ^ 高速バス「北関東ライナー」水戸線 消費税率引き上げに伴う運賃改定とダイヤ改正のお知らせ”. 関東自動車 (2019年9月20日). 2019年9月20日閲覧。

脚注[編集]

  1. ^ 平成30年4月2日月曜から、JR宇都宮駅発の深夜バス運行開始された。“4/1(日) 路線バスのダイヤ改正について(帝京大学線、大谷・立岩線、ベルモール線、宇大循環線、新道・柳田車庫線)”. 関東自動車. http://www.kantobus.co.jp/topics/topics.php?id=327#topicpath 2018年3月25日閲覧。 
  2. ^ ニュー富士見中 - ニュー富士見間は自由乗降区間
  3. ^ 荒針経由と通称される
  4. ^ 長坂経由と通称される
  5. ^ 土休日の一部便は栃木県庁舎前通過
  6. ^ 鉄道駅名としては昭和初期に「高徳駅」から「新高徳駅」へと変更されていたが、バス停名は1993年(平成5年)頃まで、「高徳駅前」のままであった
  7. ^ 新里 - ろまんちっく村間を延伸、発展解消されたが、その後廃止
  8. ^ 新里 - ろまんちっく村間を延伸、発展解消され、現在に至る
  9. ^ 現在は一部運行区間の変更などを行い、JRバス関東が単独運行。

関連項目[編集]