関根潤三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関根 潤三
Junzo Sekine 1959 Scan10018.jpg
1959年、近鉄時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京府豊多摩郡千駄ヶ谷町原宿
(現:東京都渋谷区神宮前
生年月日 (1927-03-15) 1927年3月15日
没年月日 (2020-04-09) 2020年4月9日(93歳没)
身長
体重
173 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月15日
最終出場 1965年11月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2003年
選出方法 競技者表彰

関根 潤三(せきね じゅんぞう、1927年3月15日 - 2020年4月9日[1])は、東京府(現:東京都)出身のプロ野球選手投手外野手)・コーチ監督解説者。生まれは東京府北豊島郡巣鴨(現:東京都豊島区巣鴨)。戸籍上の生年月日は1927年3月15日だが、実際の生年月日は1926年12月25日[注 1]

現役時代は近鉄、巨人で活躍。打者で1000本安打・投手で50勝を記録、またオールスターゲームでは初めての投手・野手の両方でのファン投票選出を記録した[注 2]。引退後は広島・巨人のコーチ。その後大洋、ヤクルトの監督を歴任した。2003年野球殿堂入り。

経歴[編集]

現役時代[編集]

アマチュア時代[編集]

藤田省三が監督を務める旧制日大三中へ進学したものの、入学初年度は小柄だったため、練習に参加させてもらえなかった。2年生に進級後ようやく参加できたが、それでも外野の球拾いだった。やがて、兼務していた法政大野球部に掛かり切りと成った藤田が去り、後任監督から二塁手として抜擢されたのが転機となり、試合に出場できるように成った。しかし左利きの二塁手が二塁のベースカバーで併殺を完成させるのは難があったが、それでも関根は3度成功させた記憶がある、と『さらば、愛しきプロ野球…。』の中で語っている。また投手に抜擢されたのも、この旧制中学時代の頃であったが、杉下茂が居た旧制帝京商などに阻まれ、甲子園への出場は叶わなかった。

その後は法政大学経済学部に進み、東京六大学野球リーグでは、藤田監督のもと4年間にわたりエースとして活躍した。旧制中学同期の根本陸夫ともバッテリーを組む。3年生時の1948年秋季リーグではチームを戦後初のリーグ優勝に導く。4年生では春季に主将を務め、1949年秋季リーグでは戦後初、史上2人目の通算40勝を記録した。リーグ通算79試合登板、41勝30敗。毎試合のように先発し、当然のように1試合を投げきった。エースの連投が当たり前だった当時の東京六大学ではあったが、通算658イニング、シーズン投球回数133回2/3(1949年秋季)、勝敗通算71(若林忠志と同数)という記録を残した。1949年秋には来日したサンフランシスコ・シールズ相手に好投する。当時の法大は明大との秋季リーグ優勝争いの渦中にあったが、急遽子供たちだけを招待する「オドールデー」として組まれた六大学選抜軍との試合にエースの関根が先発登板することとなった。このためか、翌々日の明大戦にチームは敗れ、優勝を逃した。打者としても93試合に出場し350打数93安打、打率.266、0本塁打、38打点を記録した。

プロ入り後[編集]

当初はプロ入りを望んでいた訳ではなく、社会人野球八幡製鐵所(後の新日本製鐵八幡硬式野球部)に就職が内定していたが、恩師の藤田省三が近鉄の監督に就任した事もあって、1950年近鉄パールスに入団。同年は規定投球回(25位、防御率5.47)に達するが4勝にとどまる。1951年1953年には開幕投手を務める(1951年開幕戦では法大の先輩でもある同僚森下重好外野手が3打席連続本塁打で援護射撃する)など万年最下位の近鉄でエースとして活躍。1954年には自己最高の16勝、防御率2.44(10位)を記録するが、自身はプロ入団初年の開幕2戦目にして肩を壊しており、それ以降は本当の球の力が戻らなかったと述べている。「カーブやフォークは遊びであり、ピッチャーでまっすぐが通用しなくなったら終わりだ」との自論もあって、プロ8年の投手人生に見切りをつけ、打者に転向したと述べている[3]。 始めは旧制中学からのチームメイトである根本陸夫に転向の意思を打ち明けた。関根の球威に限界を感じていたのか、根本からは反対されなかった。もともと野手顔負けの打撃力を備えていたこともあり、右翼手あたりを狙って正式に野手転向を申し入れる。しかし首脳陣からは「転向しても下位打線では困る」と難色を示され、1957年4月9日からの阪急との3連戦に右翼手として限定起用、クリーンナップとしての適性を試された。初戦は五番打者として3安打、2戦目で2安打、3戦目は三番に回り1本塁打を含む3安打を記録する。この結果、小玉明利ら打線の中軸の一角に座ることになった。もっとも関根、小玉とも長打力を持ち味としておらず、打線全体としては他球団よりも爆発力で劣っており、後年「ピストル打線」と呼ばれる。

1957年は主に右翼手、三番打者として起用され初の規定打席に到達、打率.284(リーグ9位)を記録する。翌1958年は開幕直後に負傷欠場するが7月半ばには復帰した。その後も中心打者として活躍し、1962年には自己最高の打率.310(8位)、翌1963年にも打率.296(6位)、自己最多の12本塁打と好成績を挙げた。

1965年読売ジャイアンツへ移籍し、16年目38歳で初のリーグ優勝を経験。同年の南海ホークスとの日本シリーズでも3試合に代打として起用され、第2戦で初安打を放つ。自身のプロ生活唯一のポストシーズン、チーム日本一(V9初年度)も経験し同年限りで引退。若い選手からは「お父さん」と呼ばれていたという(監督の川上哲治以外はコーチも含めて全員年下だったため)。

投手・野手両方で実績を残した数少ない選手である。史上初めて、投手・野手の両方でオールスターに出場した。投手としてファン投票で1回。外野手としてファン投票で1回、監督推薦で3回出場(長らく「史上唯一」であったが大谷翔平2013年に野手として、2014年に投手として選出され、出場し2人目となった。)。また、2リーグ制以後では唯一の防御率ベストテン入り、打率ベストテン入りの双方を達成。さらに、通算50勝、1000本安打の双方の達成は2リーグ制以後唯一であり、1リーグ時代を含めても他に中日などで活躍した西沢道夫しか達成していない記録である。

引退後[編集]

引退後はニッポン放送解説者1966年 - 1969年)を経て、1970年、根本陸夫監督と広岡達朗一軍守備コーチの要請で広島東洋カープ一軍打撃コーチ(ヘッド格)に就任。山本浩二衣笠祥雄三村敏之水谷実雄らを育て後の広島黄金時代の礎を築くが、同年限りで辞任した。1971年からは再びニッポン放送の解説者に復帰。1975年には現役時代から親交のあった長嶋茂雄監督の要請で巨人ヘッドコーチに就任するが、同年は球団史上初の最下位に終わる。1976年には二軍監督となり、同年解任[4]1977年からは再びニッポン放送解説者に復帰すると、1981年オフ、長嶋の監督招聘を働きかけていた横浜大洋ホエールズに「長嶋監督が実現したら交代する」との条件で監督に就任。投手の遠藤一彦、野手の屋鋪要高木豊らの若手育成に尽力した[5]。1年目の1982年辻恭彦加藤俊夫福嶋久晃のベテラン捕手3人体制を編み出し、2年目の1983年にはレオン・リー加藤博一をトレードで獲得し、チームを4年ぶりのAクラス(3位)に導いたが、結局「大洋・長嶋監督」は実現することなく、1984年に辞任し、近藤貞雄に監督をバトンタッチ。近藤は屋鋪・加藤・高木を「スーパーカートリオ」として売りだした。1985年からは初めてフジテレビの野球解説者に就任し、再度ニッポン放送解説者を務めた後、1987年ヤクルトスワローズの監督として招かれる。ヤクルトでは大洋監督時代に一軍投手コーチだった小谷正勝を招聘、池山隆寛広沢克己栗山英樹荒井幸雄内藤尚行伊東昭光1988年4月8日東京ドーム初の公式戦でセーブ記録)・荒木大輔秦真司笘篠賢治らを起用し、後任の監督野村克也にわたり起用されるレギュラー選手として育てあげた。1989年限りで辞任し、小谷コーチも大洋へ戻った。

通算6シーズン経験した一軍監督時代は成績面では恵まれなかった。優勝はおろかAクラスにも一度(1983年の3位)しか手が届かなかったが、若手を積極的に実戦に投入した実績から"人材育成の名手"として評価された。関根自身も、藤田省三の勝負よりも育成に主眼を置いた指導に影響を受けたことを認めている[6]

1990年にフジテレビ・ニッポン放送解説者に復帰。解説者としては、結果論や当たり前のことしか言わない点を揶揄されることが多い。この点については、解説者を始めた時に詳細な技術論を展開したところ、兄から「解説がわかりづらい。専門的なことを長々と喋られても、視聴者に伝わりづらい」という指摘を受けたため、わかりやすくシンプルな解説を心がけるようにした、と著書[要文献特定詳細情報]で述べている。また、2006年のとある試合では起爆剤の事を覚醒剤と関根自身が勘違いして何回も語ってしまい、波紋を呼んだことがある(但し、本人も間違いには気付いたのだが、自身のプライドが高かった為に訂正できずにそのまま終わってしまったと語った)[要出典]

2011年現在、テレビ局・ラジオ局専属のプロ野球解説者の中ではTBSラジオ杉下茂[注 3]に次いで高齢となっている。但し、地上波の中継に関して言えば2010年以降担当実績がない。

2020年4月9日、老衰のため東京都内の病院で死去[1]。93歳没。

人物[編集]

  • テレビなどで自身を紹介された時は必ず「よろしくどうぞ」と挨拶する。
  • ニッポン放送の解説者になった当時(1966-69年)、専属解説者が関根1人だったため、ニッポン放送で中継されるほとんどの試合の解説を関根が行っていた。元ニッポン放送アナウンサーの深澤弘は「他局は当時から何人もの解説者を起用していたが、 関根さんの声が聴こえたらニッポン放送だと解るようにあえて関根さん1人しか起用しなかった」とコメントしている。
  • 大洋・ヤクルト監督時代の老成した、穏やかな印象から「笑顔があふれる温厚な人物(好々爺)」と思われがちであるが、実際は若い頃から、言葉より先に手が出るという熱血漢である。旧制日大三中・法大・近鉄で同窓となった永年の親友である根本陸夫が、『潤ちゃんは、見た目は紳士だけど、中身はヤクザ』と生前言い残した逸話を持つ(根本自身も、若い頃に相当の武勇伝を持つことで知られている)。この言葉に対し関根は「アイツが自分のことを隠すために言ったセリフ」とかわしている[6]
  • 著書の中で『僕も根本も売られたケンカは買った。でも自分から売ることはなかったねぇ。殴り合いになる前に「生まれはどこだ?」「ヤサは?」なんて話してるうちに、ケリがついちゃう事が多かった』と記している[7]
  • もっとも、若い選手たちにはその恐さが浸透していたとは言い難い。大洋監督時代、試合前のミーティングに遅刻したベテラン選手がいたので「てめぇら、ふざけるんじゃねぇ!」と怒鳴ったところ、選手たちは恐縮せず、ただ驚くばかりであった。その後しばらく、選手間では「てめぇら、ふざけるんじゃねぇ!」が、流行語になったという。
  • 広島コーチ時代、門限を破った衣笠祥雄を寮の玄関で待ち伏せていた逸話は有名。説教を覚悟した衣笠に対し、笑顔で「さあ、素振りをやろうか」とバットを渡し、夜中にも関わらず衣笠の素振りを付っきりで見守った。後に関根は「素振りさせたけど、(衣笠が)最初は反抗的な目だったからこっちも意地になって朝まで付き合った」と語っている(2008年9月27日フジテレビ739プロ野球ニュース』より)。[8]
  • 他球団の情報を収集する「先乗りスコアラー」がまだ存在していなかった近鉄選手時代の1954年、監督の藤田から「西鉄の選手の打撃時の特徴をまとめてくれ」と依頼され、関根は旅館に閉じこもり一晩かけてまとめあげた。この依頼、実は日本シリーズに出場する中日監督・天知俊一からの依頼で、藤田と天知が旧知の仲であったことから実現したもの。このデータは同年の日本シリーズで中日が初優勝を決めた際に大きく役立ったという。ちなみに大下弘に関しては「得点圏にランナーがいる時の大下は敬遠しろ」と警告したという(2007年のニッポン放送日本シリーズ中継時の談話)。
  • 2004年球界再編騒動の際、CSの『プロ野球ニュース』で「近鉄は(プロに)ぎりぎりのチームだったから、お客さんを呼ぶことができませんでした」と発言した大久保博元に対して「近鉄がプロにぎりぎりのチームなんて、ふざけんじゃないよ!!」と激しく非難した。このとき関根は近鉄のOB会長を務めていた。1980年代以降に書かれた野球漫画の中では温厚な人物として書かれていることが多く、この大久保怒鳴りつけ事件の後、該当漫画に対して抗議文を送るなどした者もいたという。
  • 2000年、『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』に出演していた関根は、司会の島田紳助から「明らかにここ(頭)を狙ったデッドボールってありますよね?」と振られ、「ありますよ。でも頭はダメですよね。ここ(頭)から下ならいいですけどね」などと喋ってしまい、同じく司会の大橋マキから「関根さんは監督時代に、ここ(頭)から下のデッドボールを指示されたことってあるんですか?」と聞かれるとあっさり「ありますよ」と認めてしまった。これに対し紳助は「爆弾発言ですよ! 関根さんは普段から本当に温厚で、いつもなら湯船に浸かっているような状態で…」と笑いを取っていた。紳助は他にも、関根から聞いた「人生1勝2敗で十分」との人生観を披露し、「そらヤクルトは強よなりませんわな」とコメントしていた。
  • 夫人との間に一男一女がおり、息子はポニーキャニオンに勤務。1980年代後半、当時ポニーキャニオンと契約していたとんねるず石橋貴明がテレビ番組内で関根の愛息とはたびたび仕事で顔を合わせていたという。
  • 関根の現役時代、夫人は神奈川県川崎市で喫茶店を営んでおり、関根は長らく大阪で単身赴任状態となっていた。
  • 21世紀以降、日本人の中でも数少なくなった第二次世界大戦時代を肌で経験した世代となって「太平洋戦争と野球」を語る機会が増えた。2005年にはNHK衛星第2テレビで放送された平日の帯番組あの日 昭和20年の記憶』に出演し、東京大空襲直後に渋谷区周辺で多数の焼死体を目撃したことを語った。また、2006年10月3日にNHK総合に放送された『その時歴史が動いた・戦火をこえた青春の白球~学徒出陣前 最後の早慶戦~』にゲスト出演。自らの学生時代を語り、バットを持って歩いていたところ警察官に呼び止められ「宿敵・米国産の野球をやるとは何事か!!」と怒鳴られたことを明かした。
  • かつて『プロ野球ニュース』で一緒に仕事をした八木亜希子の大ファンで、2007年6月22日の『松本秀夫のやっぱり野球は面白い』(ニッポン放送)で次の番組(『八木亜希子と垣花正のサウンドコレクション』)の紹介に来た時は大喜びした。その後、急遽『八木亜希子と垣花正のサウンドコレクション』に顔を出し、小学校時代の失恋話を披露した(テーマが失恋だったため)。

ヤクルト監督時代のエピソード[編集]

  • 関根は就任1年目のキャンプで『ブンブン丸』こと池山隆寛に「いいと言うまで止めないこと」と素振りを命令している。その後命令したことをすっかり忘れてしまって喫茶店に行ってしまい、池山は止めるに止められず延々素振りし続けた。
  • 1988年のある試合で、チャンスの場面で関根に交代を告げられた広沢克己が「若松さんか。代打の切り札だから仕方ないかな」と納得してベンチに引き揚げたが、打席に入ったのは長嶋一茂だった。広沢は「なんでオレの代打が一茂なんだよ」とどうにも納得がいかなかったという。一説によると、これは「関根監督本人が長嶋茂雄の大ファンであるから。」というのが理由とされている。
  • もっとも、池山・広沢は関根にとって思い入れの深い教え子であり、「あのふたりには夢を持てました。練習が楽しみで仕方なかった。極端な話、ゲームなんかどうでもいいほどでした」「彼らを前に押し出すということを意識的にやった」と述懐している[9]
  • 「ちゃんとした選手は、放っておいても自分で練習して育つ」が持論で、監督やコーチによるフォーム矯正には否定的考えを持っている[10]
  • 偶然ながら、関根はいずれの年も優勝したチームに負け越す一方で2位のチームには勝ち越していたことから、当時の一部マスコミやファンからは「優勝お助けマン」と揶揄された。
  • 試合中のピンチや投手交代時にマウンドに赴いた際、投手の足を思い切り踏みつけていたことがあった。主な被害者は内藤尚行川崎憲次郎の2人。ピンチ時には「ここで打たれたら怒るよ」と笑顔で言いながらやっていたという。
  • 1989年の春季キャンプでテスト入団したホアン・アイケルバーガーを入団させた理由をラジオにて、「名前がおもしろくて獲ったんだよねー。なんて言ったっけ? 開幕で暴投してすぐいなくなっちゃった…」と発言したという噂がある。また、関根が若い頃進駐軍にいたアイケルバーガー将軍を連想して獲ったとも。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1950 近鉄 26 14 8 0 1 4 12 -- -- .250 689 148.0 185 16 53 -- 7 69 1 1 110 90 5.47 1.61
1951 39 21 10 2 1 7 11 -- -- .389 798 189.0 189 13 55 -- 8 97 2 2 91 72 3.43 1.29
1952 39 17 7 1 1 5 16 -- -- .238 737 173.2 170 10 52 -- 5 78 2 2 77 68 3.52 1.28
1953 35 26 19 1 1 10 15 -- -- .400 914 219.0 209 10 58 -- 8 106 0 0 99 77 3.16 1.22
1954 35 30 19 3 2 16 12 -- -- .571 899 232.0 174 20 57 -- 4 118 0 0 75 63 2.44 1.00
1955 40 28 14 3 2 14 16 -- -- .467 944 226.0 228 17 54 2 10 106 3 0 105 89 3.54 1.25
1956 28 20 10 2 3 9 11 -- -- .450 616 152.1 132 6 29 1 2 66 0 0 64 50 2.95 1.06
1957 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 23 5.1 6 1 2 0 0 5 0 0 3 3 5.06 1.50
通算:8年 244 157 87 12 11 65 94 -- -- .409 5620 1345.1 1293 93 360 3 44 645 8 5 624 512 3.43 1.23
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 近鉄 63 137 129 15 32 2 0 4 46 21 1 0 1 -- 5 -- 2 14 1 .248 .287 .357 .643
1951 52 93 89 4 23 3 1 0 28 11 0 0 0 -- 3 -- 1 3 0 .258 .290 .315 .605
1952 69 103 99 7 31 5 0 1 39 16 0 0 0 -- 4 -- 0 3 0 .313 .340 .394 .734
1953 42 89 85 10 27 3 3 0 36 7 0 0 0 -- 4 -- 0 2 2 .318 .348 .424 .772
1954 56 114 97 10 25 2 0 1 30 10 0 0 2 1 13 -- 1 6 1 .258 .348 .309 .657
1955 54 108 91 11 25 1 1 0 28 9 0 0 2 3 12 0 0 11 3 .275 .349 .308 .657
1956 59 89 82 11 22 1 0 1 26 15 0 0 3 1 3 0 0 5 0 .268 .291 .317 .608
1957 125 479 429 47 122 16 2 6 160 39 8 7 5 0 40 0 5 28 6 .284 .352 .373 .725
1958 59 234 213 21 54 10 1 1 69 17 1 0 3 1 16 0 1 20 1 .254 .307 .324 .631
1959 116 451 412 49 120 17 9 5 170 38 4 3 5 0 30 1 4 32 5 .291 .345 .413 .758
1960 112 429 390 44 110 16 1 2 134 32 0 0 6 3 25 4 5 22 10 .282 .331 .344 .675
1961 128 483 435 51 123 18 1 9 170 49 4 4 7 5 34 4 2 26 10 .283 .334 .391 .725
1962 126 509 465 66 144 18 4 9 197 49 4 2 3 3 33 1 5 34 5 .310 .360 .424 .783
1963 144 578 506 73 150 26 1 12 214 66 6 4 4 2 61 1 5 34 12 .296 .376 .423 .799
1964 122 392 357 28 81 10 0 5 106 25 1 2 4 3 22 1 6 27 9 .227 .281 .297 .578
1965 巨人 90 221 199 16 48 6 1 3 65 20 1 0 1 1 15 1 5 16 5 .241 .309 .327 .636
通算:16年 1417 4509 4078 463 1137 154 25 59 1518 424 30 22 46 23 320 13 42 283 70 .279 .336 .372 .708
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]




























1982年 大洋 5位 130 53 65 12 .449 14.5 125 .250 3.92 55歳
1983年 3位 130 61 61 8 .500 11.0 137 .272 4.52 56歳
1984年 6位 130 46 77 7 .374 30.5 100 .263 4.55 57歳
1987年 ヤクルト 4位 130 58 64 8 .475 19.5 159 .260 4.51 60歳
1988年 5位 130 58 69 3 .457 22.0 147 .246 3.79 61歳
1989年 4位 130 55 72 3 .433 28.5 140 .254 3.97 62歳
通算:6年 780 331 408 41 .448 Aクラス1回、Bクラス5回
※1982年から1996年までは130試合制

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1962年7月14日 ※史上72人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 19 (1950年 - 1965年)
  • 63 (1970年)
  • 70 (1975年 - 1976年)
  • 71 (1982年 - 1984年)
  • 83 (1987年 - 1989年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

著書[編集]

出演映画[編集]

  • アモーレの鐘(1981年) - 別荘の管理人 役

作詞[編集]

関根は2009年12月に放送された『プロ野球ここだけの話』(フジテレビワンツーネクスト)の中で久々に曲を聴いて「若気の至り」と反省していた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 生年月日は1927年3月15日になっているが、関根によると親の話では実際は1926年12月25日であるとのこと。これは父親が戸籍を登録しようと役所に行ったが、その日大正天皇が崩御したため役所が休みで登録できず、そのまま忘れてしまい、3か月後ようやく戸籍登録していないことに気づき、1927年3月15日に登録したためだという[2]。他に実際に出生した日と戸籍上の生年月日の異なる人物は植木等(関根と同じ日に生まれた。戸籍上は1927年2月25日)、板東英二王貞治徳光和夫高野孟カンニング竹山などがいる。
  2. ^ 2015年に大谷翔平が史上二人目の選出となった。
  3. ^ 過去の現役解説者最高齢でNHK専属だった川上哲治は、2000年代後半にNHKの解説からは引退している。

出典[編集]

  1. ^ a b 元ヤクルト監督の関根潤三氏、死去、93歳 投打二刀流としても活躍”. サンケイスポーツ (2020年4月9日). 2020年4月9日閲覧。
  2. ^ 2007年3月13日ニッポン放送ショウアップナイターネクスト』より。
  3. ^ 高橋安幸 2008, p. 241-242.
  4. ^ 石塚紀久雄 1993, p. 22.
  5. ^ “【ありがとう八十年(74)】関根潤三、一にコントロール、二に度胸、三に頭”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年8月19日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20140819/npb14081911270002-n1.html 2020年4月9日閲覧。 
  6. ^ a b 高橋安幸 2016, p. 57.
  7. ^ 関根潤三 2012, p. 78.
  8. ^ この時のエピソードを衣笠は生前に寮に帰ったら玄関の電気が付いていて、関根が待ち構えていて、「キヌ、やろうか。お前、今日やって無いよな」と言われて素振りを始めたが、酔っ払っていたため手が滑ったりして目の前で椅子に座って衣笠を見ていた関根にバットが飛んだりしないかと思いながらやっていたそうで、後に関根にその話をしたら、「(衣笠の振ってるバットが飛んで来るかと思い)俺だって怖かったんだよ」と関根に言われたそうで、素振りが終わってから、「キヌ、やるだけの事をやってから外(遊びに行く)行けよ」と関根に言われたのと、怒られる以上に怖かったと話していた。この時は夕食の後に寮に住む若手選手は夜11時から素振りをやっていたが、この日衣笠は試合で不振だった鬱憤晴らしに寮に帰らず飲み屋に直行したため、素振りに参加せずに深夜3時まで飲んでいて、衣笠がいないのが分かった関根が衣笠が帰って来るまで寮の玄関で待ち構えていたとの事である。(関根は広島コーチ時代は東京の自宅に家族を残して寮に単身赴任で生活していた)
  9. ^ 高橋安幸 2016, p. 56.
  10. ^ “【ありがとう八十年(75)】関根潤三、選手の資質を100%発揮させるのが監督の使命”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年8月20日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20140820/npb14082011320002-n1.html 2020年4月9日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 関根潤三 『いいかげんがちょうどいい―85歳、野球で知った人生で大切なこと』 ベースボールマガジン社、2012年。ISBN 978-4583105055。 
  • 石塚紀久雄 『長嶋茂雄大事典 完全版』 PHP研究所PHP文庫〉、1993年。ISBN 978-4569565606。 
  • 高橋安幸 『伝説のプロ野球選手に会いに行く』 白夜書房、2008年。ISBN 978-4861914621。 
  • 高橋安幸 『根本陸夫伝―プロ野球のすべてを知っていた男』 集英社、2016年。ISBN 978-4087807998。 

関連項目[編集]