関水渚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
せきみず なぎさ
関水 渚
本名 関水 渚
生年月日 (1998-06-05) 1998年6月5日(21歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県
身長 159cm
血液型 O型
職業 女優グラビアアイドル
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2017年 -
事務所 ホリプロ
主な作品
映画
町田くんの世界
カイジ ファイナルゲーム
テンプレートを表示

関水 渚(せきみず なぎさ、1998年6月5日 - )は、日本女優[1]グラビアアイドルである。 神奈川県出身、一青窈やMay J.などを輩出した森村学園中等部・高等部卒業。ホリプロ所属。

略歴[編集]

石原さとみに憧れて芸能界を志し[2]、2015年に行われた「第40回ホリプロタレントスカウトキャラバン」のファイナリストに選ばれたことをきっかけに芸能界入り[注 1]。2017年4月「アクエリアス」のCMでデビューを果たす[3]。この年に大学に進学[4]

グラビアアイドルとしては2017年9月6日に発売された「週刊少年サンデー」で初登場にして初表紙を飾り[3]、11月13日発売の「ヤングマガジン」でも初登場にして表紙を飾った[4]

2019年、映画『町田くんの世界』で1,000人を越えるオーディションの中からヒロイン・猪原奈々役に選ばれ、町田役の細田佳央太とともに映画初主演を務め女優デビュー[5]。第43回山路ふみ子映画賞山路ふみ子新人女優賞[6]、第74回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞[7]、第62回ブルーリボン賞新人賞[8]、第93回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞[9]を受賞する。10月クールのドラマ『4分間のマリーゴールド』でドラマ初出演[10]

2020年5月1日公開予定の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』に、長澤まさみ演ずる主人公・ダー子の子猫としてチームに新加入するコックリ役で出演[11]

人物[編集]

「渚」という名前は父がウインドサーフィンをしていた逗子市の海にちなむもので、かつ「多くの人が集まるのように人に恵まれる人になってほしい」という願いを込めて命名されたと語っている[4]

特技は野球のスコアブックづけ、書道[12]

中学生時代は陸上部、高校生時代は野球部のそれぞれのマネージャーを務めていた[2]

スリーサイズはB81/W60/H84[13]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ グランプリは木下彩音

出典[編集]

  1. ^ 大作ヒロイン連続抜擢・関水渚が、お宝ビキニ姿! 大人の眼差し向ける”. マイナビニュース (2019年6月4日). 2020年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 日経エンタテインメント! 2019年7月号』、日経BP社、p.7
  3. ^ a b 【注目の人物】CMで注目の美女が水着姿初披露 関水渚の“ヒロイン感”がすごいモデルプレス 2017年9月6日
  4. ^ a b c CMで話題の美女・関水渚、『サンデー』で水着姿初披露!「グラビアの子が気になる!」と注目集まるダ・ヴィンチニュース 2017年9月11日
  5. ^ a b “実写『町田くんの世界』に新人・細田佳央太&関水渚 岩田剛典、高畑充希も”. CINRA.NET. (2019年1月22日). https://www.cinra.net/news/20190122-machidakunnosekai 2019年2月11日閲覧。 
  6. ^ a b “関水渚、美脚あらわなドレス姿を披露 前田敦子の“気遣い”明かす”. モデルプレス. (2019年11月29日). https://mdpr.jp/news/detail/1903525 2019年12月1日閲覧。 
  7. ^ a b “【スポニチグランプリ新人賞】関水渚 芝居の世界にやみつき「やめられない」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年1月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/22/kiji/20200121s00041000487000c.html 2020年1月28日閲覧。 
  8. ^ a b “【ブルーリボン賞】新人賞・関水渚「マネジャーとハグして喜んだ」憧れ石原さとみの“道”目指す”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年1月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/28/kiji/20200127s00041000461000c.html 2020年1月28日閲覧。 
  9. ^ a b “キネマ旬報ベスト・テン発表、池松壮亮&瀧内公美が主演賞受賞”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2020年2月4日). https://www.crank-in.net/news/73586/1 2020年2月4日閲覧。 
  10. ^ a b “「4分間のマリーゴールド」で気になる女優さん、関水渚ってどんな方?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年10月16日). https://thetv.jp/news/detail/207208/ 2020年4月1日閲覧。 
  11. ^ a b “白濱亜嵐、関水渚、古川雄大、柴田恭兵らが「コンフィデンスマンJP」新作に参戦”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年12月3日). https://natalie.mu/eiga/news/357982 2020年1月28日閲覧。 
  12. ^ 関水 渚(セキミズ ナギサ)”. ホリプロオフィシャルサイト. 2020年4月1日閲覧。
  13. ^ 【イチ推しモデル(31)】石原さとみに憧れ女優を志望、関水渚”. サンケイスポーツ. 2019年9月4日閲覧。
  14. ^ “藤原竜也主演の実写「カイジ」9年ぶり新作が決定! 共演に福士蒼汰、新田真剣佑、関水渚ら”. 映画.com. (2019年5月31日). https://eiga.com/news/20190531/2/ 2019年5月31日閲覧。 
  15. ^ “『知らなくていいコト』で“いまどき女子”を好演 期待の若手女優・関水渚の武器は瞬発力?”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2020年3月4日). https://realsound.jp/movie/2020/03/post-514579.html 2020年4月1日閲覧。 
  16. ^ “新CM「じゃんけんグリコ」始まる!綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子、松山ケンイチ、高畑充希、池松壮亮らホリプロオールスター集結”. CMNOW WEB. (2020年2月20日). https://cmnow.jp/cm/2002193345/ 2020年4月1日閲覧。 

関連項目[編集]