関稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関 稔(せき みのる、1941年8月13日 -  )は、日本哲学者仏教学者。専門はインド哲学仏教学苫小牧駒澤大学第3代学長

略歴[編集]

1963年北海道大学文学部卒業。1968年北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。1968年駒澤大学北海道教養部専任講師岩見沢駒澤短期大学兼任講師。1974年駒澤大学北海道教養部助教授。1981年岩見沢駒澤短期大学国文科助教授。1986年駒澤大学北海道教養部教授・兼任教務課長。1993年駒澤大学北海道教養部8代部長を経て、2000年苫小牧駒澤大学国際文化学部教授。2004年苫小牧駒澤大学学長。2006年同学長退任。

近藤良一の後輩に当たる。

著書[編集]

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 『苫小牧駒澤大学紀要 20巻』(苫小牧駒澤大学, 2009年)
先代:
近藤良一
苫小牧駒澤大学学長
第3代: 2004年2006年
次代:
大谷哲夫