関種子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関種子
Seki Taneko.JPG
1954年頃
基本情報
生誕 (1907-09-18) 1907年9月18日
出身地 岡山県
死没 (1990-06-06) 1990年6月6日(82歳没)
学歴 東京音楽学校
ジャンル クラシック、オペラ、歌謡曲
職業 歌手
レーベル コロムビア→ポリドール

関 種子(せき たねこ、1907年明治40年)9月18日 - 1990年平成2年)6月6日)は昭和期のソプラノ歌手。本名秋山種子。

経歴[編集]

岡山県出身。小学生の頃から琴に親しみ、上京後、府立第二高女から東京音楽学校に進学。ドイツリートをレーヴェに師事。在学中に結婚し、本科を首席で卒業後、坪内逍遥原作・山田耕筰作曲の歌劇「堕ちたる天女」で楽壇デビュー。クラシックのソプラノ歌手として活躍を始めた。

「堕ちたる天女」の抜粋をコロムビアレコードに吹込んだのが縁となり、1931年(昭和6年)同社からデビュー。「窓に凭れて」、「嘆きの夜曲」、「あけみの唄」、「日本橋から」など、主に初期の古賀メロディーをヒットさせている。また、1935年(昭和10年)には新興映画「突破無電」の主題歌「雨に咲く花」が約50万枚[1]を売り上げるヒット。この曲は日中戦争開戦後、歌詞が女々しいという理由で発禁処分となった[1]。1936年(昭和11年)、国民歌謡が始まると奥田良三らと共に、しばしば歌唱指導に起用された。1937年(昭和12年)、ポリドールに移籍し、「じゃがたら文」「初恋の丘」「明日なき恋」「千人針」「戦陣訓の歌」などをレコーディングしている。一方、武蔵野音楽学校や東洋音楽学校で講師を務め、戦時中は軍需工場への慰問にも参加した。

戦後は、藤原歌劇団、東京オペラ協会などの公演に出演。グルリット・オペラ協会にも参加し、1956年(昭和31年)には、長門美保佐藤美子四家文子らとコンセールFを結成した。また、国立音楽大学名古屋芸術大学の教授、東京藝術大学講師などを務め、門下生も多数輩出している。

1974年(昭和49年)紫綬褒章を受章。1981年(昭和56年)には勲四等宝冠章を受章した。

1990年(平成2年)6月6日に腎不全で死去。満82歳没。娘は女優の関弘子である。

結婚前の旧姓が秋山であり、うたごえ運動で知られる関鑑子との血縁、姻戚関係はない。

代表曲の一つ「雨に咲く花」は1938年(昭和13年)、淡谷のり子が歌詞を変更して「日暮の窓で」の曲名でカバーしたがヒットせず[1]。戦後、1954年(昭和29年)に山路えり子が原曲の歌詞でカバーするがヒットせず[1]。しかし、1960年(昭和35年)にロカビリー歌手の井上ひろしがカバーすると関のオリジナルを凌ぐ約100万枚[1]の大ヒットとなる。このとき2番と3番の歌詞を誤って歌ったことも話題になった[1]。奇しくもオリジナルの関、リバイバルヒットとなった井上共にB面吹き込みであった[1]。その後、1967年(昭和42年)に三島敏夫がカバーし[1]、1969年(昭和44年)に淡谷が原曲の歌詞で再吹込みし[1]、1972年(昭和47年)にぴんからトリオ[1]、1975年(昭和50年)に美空ひばり[1]カバーし、さらに石原裕次郎大月みやこが自身のアルバムに収録した[1]。1991年(平成3年)に青江三奈と山口蘭子(山口盤は関の原曲をカップリングに収録)の競作でCDシングルとして発売し、1991年11月時点で2種合計で7万枚近くを売り上げている[1]。1990年製作(日本公開は1991年)のアメリカ映画『愛と哀しみの旅路』では、関の歌う原曲が挿入歌として使用された[1]

主な舞台出演[編集]

  • 日本楽劇協会公演『堕ちたる天女』第7の天女(1929年12月3~29日、歌舞伎座[2]
  • カプリ歌劇団公演『ラマモーアの花嫁』ルチア(1933年5月6日、日比谷公会堂[3]
  • ヘンゼルとグレーテル』グレーテル(1934年12月17日・1935年1月20日、帝国ホテル演芸場)[4]
  • 金曜会公演『カルメン』ミカエラ(1935年3月24~26日、軍人会館[5]
  • ヴォーカル・フォア公演『ファウスト』マルガレーテ(1937年12月8日、日比谷公会堂)[6]
  • 藤原歌劇団公演『ボエーム』ミミ(1947年2月13~23日、帝国劇場[7]
  • 藤原歌劇団公演『ドン・ファン』ツェルリーナ(1948年12月14~27日、帝国劇場)[8]
  • 藤原歌劇団公演『カルメン』ミカエラ(1949年1月15~28日、帝国劇場)[9]
  • 関西オペラ協会公演『椿姫』ヴィオレッタ(1949年6月18・19日、大阪朝日会館)[10]
  • 藤原歌劇団公演『椿姫』ヴィオレッタ(1950年2月15~28日、有楽座[11]
  • 都民劇場公演『アルカンタラの医者』イサベラ(1950年7月21~23日、日比谷公会堂)[12]
  • 東京オペラ協会公演『トゥーランドット』トゥーランドット(1951年6月28~7月1日、日比谷公会堂)[13]
  • NHK公演『ヘンゼルとグレーテル』母親(1951年12月24日、日比谷公会堂)[14]
  • 芸術祭オペラ公演『フィガロの結婚』スザンナ(1952年10月27~29日、歌舞伎座、11月3日日比谷公会堂で再演)[15]
  • グルリット・オペラ協会公演『魔笛』パミーナ(1953年2月2・3日、日比谷公会堂)
  • グルリット・オペラ協会公演『魔笛』パミーナ(1953年3月28日、日比谷公会堂)
  • グルリット・オペラ協会公演『椿姫』ヴィオレッタ(1953年9月1日、高知中央公民館)
  • グルリット・オペラ協会公演『ドン・ジョヴァンニ』ツェルリーナ(1953年10月24~28日、帝国劇場、11月16日、宝塚大劇場
  • グルリット・オペラ協会公演『魔笛』パミーナ(1953年12月5・12・22日、日比谷公会堂)
  • コンセールfオペラ公演『電話』ルーシー(1957年12月19日、読売ホール

NHK放送歌劇出演[編集]

  • 1932年4月22日放送『ラ・ボエーム』ムゼッタ[16]
  • 1933年5月14日放送『ルチア』ルチア[16]
  • 1934年5月24日放送『ファウスト』マルガレーテ[16]
  • 1940年1月20日放送『魔笛』パミーナ[17]
  • 40年9月28日放送『ヘンゼルとグレーテル』グレーテル[17]
  • 1946年8月31日放送『魔笛』(第1回)パミーナ[18]
  • 46年9月7日放送『魔笛』(第2回)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「『雨に咲く花』3度目のヒット」『朝日新聞』1991年11月15日付夕刊、19頁。
  2. ^ 増井敬二・昭和音楽大学オペラ研究所『日本オペラ史 ~1952』(水曜社、2003)p203
  3. ^ 増井p210
  4. ^ 増井p255
  5. ^ 増井p236
  6. ^ 増井p233
  7. ^ 増井p334
  8. ^ 増井p346
  9. ^ 増井p348
  10. ^ 増井p370
  11. ^ 増井p380
  12. ^ 増井p414
  13. ^ 増井p397
  14. ^ 増井p415
  15. ^ 増井p412
  16. ^ a b c 増井p397
  17. ^ a b 増井p286
  18. ^ 増井p362