関西テレビ制作日曜午後の競馬番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関西テレビ制作日曜午後の競馬番組(かんさいテレビせいさくにちようごごのけいばばんぐみ)は関西テレビ放送東海テレビ放送及びテレビ西日本をメインにして、東海3県北陸地方から鹿児島までのフジネットワーク系列局において毎週日曜15時から放送されている中央競馬の番組について述べる。

枠の歴史[編集]

関西テレビは開局の翌年である1959年3月29日[1]から京都競馬場及び阪神競馬場において行われる日曜日の中央競馬の模様を中継し続け、半世紀の歴史を数える。放送が開始した1959年は年間9回の放送であったが、徐々に放送回数を増やし、1967年からは毎週日曜日に放送されるようになった[2]。これに倣い東海テレビでも中京競馬場での日曜日のレースを、テレビ西日本もフジテレビ系列入り前年の1963年から小倉競馬場での日曜日のレースをそれぞれ中継するようになった。また東日本では場所によって現在のテレビ朝日フジテレビが分担する形式だったのが、ネットワーク整備などもあり最終的にフジテレビ一本化となった。ただし、西日本各局へのネット拡大については場外勝馬投票券発売所「ウインズ」の整備などの関係から『DREAM競馬』に変わる1990年代に入ってからとなった。

関西テレビが開局する前は大阪テレビ朝日放送テレビの前身)が1957年3月から単発で放送していた[3][4]。関西テレビ開局後も上述の通り初期の頃は毎週の放送ではなかったため、1959年から1963年まで毎日放送MBSテレビ)も単発でテレビ中継を行っていた[5]。また、名古屋地区においても東海テレビが開局する前にCBCテレビが1957年2月から中京競馬の中継を単発で行っていた(東海テレビ開局後も1960年中京記念の中継は2局が並列で中継を行っていた)[6]

現在放送中の番組[編集]

過去放送していた番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関西テレビ放送(編) 『関西テレビ放送50年史』、2009年、39頁。 
  2. ^ 関西テレビ放送株式会社総務局社史編集室 『関西テレビ放送10年史』、1968年、175頁。 
  3. ^ 『まぼろしの大阪テレビ ~1000日の空中博覧会~』(川崎隆章著)に掲載の番組表によると、放送されたのは、1957年の桜花賞菊花賞で、翌1958年は放送されていない。
  4. ^ 日本中央競馬会十年史編纂委員会(編纂) 『日本中央競馬会十年史 昭和29年 - 昭和39年』、1965年、190頁。 
  5. ^ MBS競馬ヒストリー”. 毎日放送. 2016年5月5日閲覧。
  6. ^ 日本中央競馬会十年史編纂委員会(編纂) 『日本中央競馬会十年史 昭和29年 - 昭和39年』、1965年、181頁。 

関連項目[編集]