関西学院千里国際中等部・高等部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関西学院千里国際中等部・高等部
Osaka International School of Kwansei Gakuin.jpg
過去の名称 大阪国際文化中学校・高等学校
千里国際学園中等部・高等部
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人関西学院
設立年月日 1991年平成3年)
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 27595G
所在地 562-0032
大阪府箕面市小野原西四丁目4番16号

北緯34度49分47秒 東経135度30分30.2秒 / 北緯34.82972度 東経135.508389度 / 34.82972; 135.508389座標: 北緯34度49分47秒 東経135度30分30.2秒 / 北緯34.82972度 東経135.508389度 / 34.82972; 135.508389
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

関西学院千里国際中等部・高等部(かんせいがくいんせんりこくさいちゅうとうぶ・こうとうぶ)は、大阪府箕面市小野原西四丁目にある私立中学校高等学校国際バカロレア認定校。

概要[編集]

主に海外帰国生徒を受け入れることを目的にしており、編入学は各学年・各学期ごとにできる(帰国生でなくとも中1・高1での入学可)。高等部は文部科学省スーパーグローバルハイスクールに認定されている。また、関西在住の外国人子弟を対象とした大阪インターナショナルスクールも同敷地内にあり、校舎・授業・課外活動・理念・経験・夢を共にして」おり、「二つで一つの学校」としている[1]

また、各生徒が自宅からパソコンを持ち込み、授業に活用している[2]

なお、西南側に隣接の大阪府立北千里高等学校の住所は千里ニュータウンの藤白台(吹田市)のため、関学千里国際も千里ニュータウンの立地とみなされる。

沿革[編集]

略歴[編集]

阪急電鉄をはじめとする関西の諸企業の支援の下で設置された学校法人千里国際学園により、1991年平成3年)に「大阪国際文化中学校・高等学校」という校名で開校し、8年後の1999年(平成11年)4月に「千里国際学園中等部・高等部」に改称した[3]

2005年から学校法人関西学院と連携協力協定を結び、関西学院大学への推薦入学制度を導入した。更に、千里国際学園の教育方針と関西学院の国際化推進の思惑が合致したこともあり、2008年に両者は合併協議を開始し、2年後の2010年、千里国際学園は関西学院に吸収合併された。これを受けて千里国際中・高と大阪インターナショナルスクールは関西学院に移管され、同学院千里国際キャンパスの構成校として新たに歩み始めた[4]

年表[編集]

  • 1991年平成3年) - 「大阪国際文化中学校・高等学校」が開校
  • 1999年 - 「千里国際学園中等部・高等部」に改称
  • 2010年 - 「関西学院千里国際中等部・高等部」に改称

基礎データ[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 北千里駅より約15分、千里中央駅より約25分(6番乗り場、阪急バス78番)[5]

諸活動[編集]

クラブ活動[編集]

シーズン制スポーツ[編集]

一年の内、決まった期間のみに活動をするスポーツクラブ。そのため、いくつものクラブを経験する事ができる。 ※トライアスロンランニング、スイミングは一年を通じて行われる。基本的に中学生は火曜日・木曜日、高校生は月曜日・水曜日・金曜日に部活動を行う。

その他のクラブ[編集]

シーズン制スポーツとは違い、基本的に年中活動する。3人以上の部員と顧問の先生がいれば、新たに研究会を作ることも可能。 クラブとして部費を貰うには部員5人以上が必要。

主な卒業生[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]