関西学院大学法学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
関西学院大学 > 関西学院大学法学部

関西学院大学法学部(かんせいがくいんだいがくほうがくぶ、英称:School of Law Politics)は、関西学院大学に設置される法学部である。

概要[編集]

関西学院大学法学部は、1934年昭和9年)に設立された関西学院大学法文学部を前身とし、初代法文学部長H.F.ウッズウォースの「ソーシャルアプローチ」を理念とする。滝川事件などを背景に、阪神地区では関西大学法学部に続く法学科の設立を行った伝統を持つ[1]

沿革[編集]

  • 1934年 関西学院大学法文学部を開設[2]
  • 1948年 関西学院大学法学部に改組。法律学科及び政治学科を設置[2]

学科[編集]

  • 法律学科[3]
    • 入学定員520人・収容定員2070人[3]
  • 政治学科[3]
    • 入学定員160人・収容定員620人[3]

著名な出身者[編集]

政治[編集]

行政・法曹[編集]

経済[編集]

研究[編集]

文学[編集]

芸能[編集]

マスメディア[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ソーシャルアプローチの歴史 関西学院大学法学部
  2. ^ a b 沿革(本学) 関西学院大学
  3. ^ a b c d 学科とコース 関西学院大学