関西青酸連続死事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関西青酸連続死事件(かんさいせいさんれんぞくしじけん)とは京都府大阪府兵庫県において2007年から2013年にかけて高齢男性3名が青酸化合物によって殺害され、1名が青酸中毒になった事件。なお本事件の犯人とされるXはこの4名の他にも4名の高齢男性に対する青酸化合物による殺人を認める供述をしていたが、有力な物証がなかったことから不起訴処分となっている。

事件の概要[編集]

本事件は2013年12月に京都府向日市の男性A(死亡時75歳)が死亡した際の司法解剖において青酸化合物が検出されたのが端緒となり発覚した。Aは妻X(事件当時67歳)と結婚相談所を介して知り合い、2013年11月に結婚したばかりであった。警察の捜査によりXは事件当時、約1000万円の借金を抱えており、Xの周辺では1994年以降男性10人が死亡し、総額で数億円の遺産を受け取っていたことも判明した[1]。このため遺産取得を目的とした連続殺人事件の疑いが浮上した。

大阪府貝塚市のB(死亡時71歳)は2010年10月ごろ結婚相談所を介してXとの交際を始め、2012年3月9日、バイクを運転中に転倒。搬送先の病院で死亡が確認された。搬送時の司法解剖では突発性の心停止と診断されたが、A事件発覚後大阪府警がBの血液を再鑑定したところ致死量の2倍の青酸化合物が発見された。Bの死後、Xはマンションを売却するなどして約2000万円相当の遺産を手にしていた[1]

2014年11月19日、京都府警察本部はXをA殺人容疑で逮捕。XはAの殺害について当初は否認していたが、後に「結婚した後、金が自由にならなかったので殺した」と供述[1]。同年12月10日、京都地方検察庁はXを同罪で起訴。

Xは1994年以降の自身の周囲で起こった約10人の不審死のうち8人の死に対する関与を認める供述をした。

2015年1月28日、大阪府警察本部はB殺人容疑でXを再逮捕。同年2月18日大阪地検はXを同罪で追起訴。

6月11日、大阪府警察本部などの合同捜査本部は、2004年に結婚相談所を介してXと出会い株式投資のためXに4000万円を貸していた兵庫県神戸市のC(死亡時79歳)に対する殺人未遂容疑でXを再逮捕。Xは2007年12月18日に借金の返済を免れる目的で青酸化合物を飲ませ、神戸市の路上で青酸中毒にさせた(その後Cは2009年5月に死亡)。7月2日、大阪地方検察庁は同罪でXを追起訴。

9月9日、大阪府などの合同捜査本部は2012年10月ごろ結婚相談所を介してXと知り合った兵庫県伊丹市のD(死亡時75歳)に対する殺人容疑でXを再逮捕。Dは、2013年9月20日に死亡。Xは同日に伊丹市内のレストランで青酸化合物を服用させて青酸中毒に陥らせ、Dは2時間後搬送先の病院で死亡した。死因は当時は肺がんとされていたが本事件発覚後の搬送時の診察記録の調査などから青酸中毒に陥ったとしても矛盾しない状況であったことが判明した[2]。同月30日、大阪地検は同容疑でXを追起訴。

10月27日、大阪府警などの合同捜査本部は奈良県奈良市の男性E(死亡時75歳)と大阪府松原市の男性F(死亡時75歳)に対する殺人容疑でXを追送検。EはXと内縁関係で2008年3月に死亡。FはXの元夫で2008年に死亡。2人とも死亡時に司法解剖されず、病死とされていた。Xは2人に関して「青酸化合物を飲ませた」と容疑を認めたが、有力な物証がなかった[3]

11月6日、大阪府警察本部などの合同捜査本部は兵庫県南あわじ市の男性G(死亡時68歳)に対する殺人容疑と大阪府堺市の男性H(死亡時68歳)に対する強盗殺人容疑でXを追送検。Gは2005年3月死亡。Hは2013年5月死亡。2人とも死亡時に司法解剖されず、病死とされていた[4]

11月20日、大阪地方検察庁はE、F、G、Hに対する容疑について嫌疑不十分として不起訴とした。

刑事裁判[編集]

被告人XはA・B・Dの被害者計3人に対する3件の殺人罪とCに対する1件の殺人未遂罪で起訴された。

第一審・京都地裁[編集]

2017年6月26日に京都地方裁判所(中川綾子裁判長)で第一審公判(裁判員裁判)が開かれた[5]。公判では主に認知症を抱える被告人Xの責任能力訴訟能力[6]、被告人の供述以外の直接証拠が乏しいことが争点となった[7]

2017年10月10日に論告求刑公判が開かれ、検察側(京都地方検察庁)は被告人Xに死刑を求刑した[6]。翌日(2017年10月11日)に弁護人が最終弁論で無罪を主張し[8]、被告人Xは最終意見陳述で「全て弁護士に任せてあり、私から言うことはありません」と述べて結審した[9]。初公判から同日の結審までに公判回数は全37回に及んだ[10]。死刑求刑後、被告人Xは当時の収監先・京都拘置所から関西テレビ放送宛てに手紙を送り、元夫Aの殺害を認めた上で「今は生きていくことがしんどいが自殺する勇気もない」などと心情を綴っていた[11]

2017年11月7日に判決公判が開かれ、京都地裁第3刑事部(中川綾子裁判長)は「認知症を最大限考慮しても死刑を回避すべき事情はない」として検察側(京都地検)の求刑通り被告人Xに死刑判決を言い渡した[12][13][14]

  • それまでの裁判員裁判では初公判から結審まで過去2番目の長さとなる135日に及ぶ長期審理となったほか[15]、判決日時点の年齢で最高齢の死刑判決(被告人Xは同日時点で70歳)となった[16]
  • 判決理由で京都地裁は「被告人Xが処分したプランターから青酸化合物が入った袋が見つかったことから、一般に入手困難な青酸を被告人Xが持っていた」と事実認定した[14]。その上で「被告人Xが被害者と夫婦や交際相手であったため疑いを持たれずに青酸を服用させることが可能であった」と指摘して「被告人Xが被害者の死亡前後に遺産の取得に動いたことから犯人は被告人Xしか考えられない」と判断した[14]
  • 弁護人側は「被告人Xの認知症進行により責任能力も訴訟能力もない」として無罪を訴えていたが、京都地裁は「2013年12月時点でのメールの文面から事件時は認知症は発症していなかった」として完全責任能力を認めた[14]
  • 無罪を主張していた弁護人側は大阪高等裁判所に即日控訴した[12]

控訴審・大阪高裁[編集]

大阪高等裁判所2019年(平成31年)1月27日までに本事件の控訴審初公判を2019年3月1日に開くことを決めた[21]。これに先立ち大阪拘置所に収監されている被告人Xは2019年2月に『毎日新聞』(毎日新聞社)記者と計4回にわたり面会し、「被害者4人に青酸入りカプセルを飲ませたことは記憶している。死刑は覚悟している。死刑執行されたら臓器提供をしたい」などと話した[22]。第一審では被害者遺族に対する謝罪の言葉は述べなかったが、被告人Xは記者に対し謝罪・反省の意思があることを強調した[23]

それ以外にも被告人Xは控訴審初公判を前に2019年1月には毎日放送JNN系列)記者と[24]、2019年2月には『読売新聞』(読売新聞社[25]・『朝日新聞』(朝日新聞社[26]関西テレビ放送FNN系列)の各記者とそれぞれ接見に応じている[27][28][29]

大阪高裁(樋口裕晃裁判長)で2019年3月1日に控訴審初公判が開かれ[17][30][31][32][33]、控訴審の審理は同日のみで即日結審した[30][31][32]

  • 弁護人側は改めて「被告人Xは無罪」と主張した上で[30][33]「被告人Xは重度の認知症であり訴訟能力がない。第一審の公判前に精神鑑定を実施し“完全責任能力がある”と鑑定した精神科医は認知症の専門家ではなく信用性は極めて低い」と主張して公判停止とするか精神鑑定を再度実施するよう求めたが[32]、樋口裁判長は公判を停止せず精神鑑定も却下した[31]。一方で検察官は「被告人Xに訴訟能力があったことは明白」と主張して死刑判決支持・控訴棄却を求めた[30][32]
  • 同日は被告人Xは出廷しなかったが開廷後、外部から「出廷を希望している」と連絡が入ったために一時的に混乱・休廷した[31]

2019年(令和元年)5月24日に控訴審判決公判が開かれ、大阪高裁(樋口裕晃裁判長)は第一審・死刑判決を支持して被告人X・弁護人の控訴を棄却する判決を言い渡した[34][35]。なお弁護人側は判決言い渡しの前に樋口裁判長へ再度の精神鑑定請求をした上で被告人質問実施を改めて申し入れたが「必要性がない」として却下され[36]、実質的な審理はまったく行われないまま控訴審判決が言い渡された[35]

被告人Xの弁護人は控訴審判決後に「現時点における被告人Xの訴訟能力を一切審理しないまま死刑判決を維持した」と大阪高裁の訴訟指揮を批判し[37]、同判決を不服として最高裁判所へ即日上告した[35][36]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 【京都・大阪連続青酸死】「金が自由にならず殺した」X被告、夫毒殺の”動機”を供述」『産経新聞』産業経済新聞社、2015年2月19日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  2. ^ X被告、4度目の逮捕 75歳交際男性殺害の疑いで」『産経新聞』産業経済新聞社、2015年9月9日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  3. ^ X被告を追送検、奈良・大阪の男性2人殺害容疑で」『産経新聞』産業経済新聞社、2015年10月27日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  4. ^ 2人殺害容疑でX被告を追送検、捜査終結」『産経新聞』産業経済新聞社、2015年11月6日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  5. ^ 【連続青酸死】X被告側、無罪を主張…京都地裁初公判 男性3人殺害、1人殺害未遂の罪を否定(1/2ページ)」『産経新聞』産業経済新聞社、2017年6月26日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  6. ^ a b 【連続青酸死公判】X被告に死刑求刑 検察「まれに見る凶悪性」」『産経新聞』産業経済新聞社、2017年10月10日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  7. ^ 【連続青酸死公判】状況証拠認め死刑判決 京都地裁「認知症影響」退ける」『産経新聞』産業経済新聞社、2017年11月8日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  8. ^ 【連続青酸死公判】X被告弁護側、最終弁論で改めて無罪主張、結審へ「間違いなく青酸中毒とは言えず、入手の裏付けもない」」『産経新聞』産業経済新聞社、2017年10月11日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  9. ^ 【連続青酸死公判】X被告「私から言うことはありません」弁護側が全面無罪を主張し結審」『産経新聞』産業経済新聞社、2017年10月11日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  10. ^ 青酸連続殺人:X被告に死刑判決 京都地裁」『毎日新聞』毎日新聞社、2017年11月7日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2018-02-19時点によるアーカイブ。
  11. ^ 【特集】連続青酸死事件 X被告からの手紙」『関西テレビ放送報道ランナーFNN系列、2017年11月6日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  12. ^ a b 【連続青酸死公判】X被告に死刑判決 「金銭欲のための犯行で悪質」と4件全て認定、「認知症考慮しても死刑回避すべき事情ない」 京都地裁(1/2ページ)」『産経新聞』産業経済新聞社、2017年11月7日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  13. ^ 【号外】X被告に死刑判決 連続青酸死4件認定 裁判員裁判 京都地裁 責任能力認める」『産経新聞』(PDF)、産業経済新聞社、2017年11月7日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  14. ^ a b c d X被告に死刑判決 責任能力認定 青酸不審死、京都地裁」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2017年11月7日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2018-02-12時点によるアーカイブ。
  15. ^ 【連続青酸死公判】X被告に死刑判決 「金銭欲のための犯行で悪質」と4件全て認定、「認知症考慮しても死刑回避すべき事情ない」 京都地裁(2/2ページ)」『産経新聞』産業経済新聞社、2017年11月7日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  16. ^ 【連続青酸死判決】裁判員裁判で最高齢の死刑も「揺るぎない判決だった」…裁判員3人が会見」『産経新聞』産業経済新聞社、2017年11月7日。2019年2月21日閲覧。, オリジナルの2019-02-21時点によるアーカイブ。
  17. ^ a b X被告側、控訴審で無罪主張…青酸連続死」『読売新聞』読売新聞社、2019年3月1日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  18. ^ 大阪高等裁判所刑事部 担当裁判官一覧(2019年3月2日時点)” (日本語). 裁判所ウェブサイト. 最高裁判所 (2018年12月27日). 2019年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月2日閲覧。
  19. ^ 大阪高等裁判所刑事部 担当裁判官一覧(2018年5月24日時点)” (日本語). 裁判所ウェブサイト. 最高裁判所 (2019年4月11日). 2019年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月24日閲覧。
  20. ^ 傍聴券交付情報 大阪高等裁判所” (日本語). 裁判所ウェブサイト. 最高裁判所. 2019年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月24日閲覧。
  21. ^ 控訴審第1回は3月1日=青酸連続不審死事件-大阪高裁」『時事通信(ニコニコニュースへの転載)』時事通信社、2019年1月25日。2019年1月27日閲覧。, オリジナルの2019-01-27時点によるアーカイブ。
  22. ^ 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人のX被告が記者に心境」『毎日新聞毎日新聞社、2019年2月21日。2019年3月1日閲覧。, オリジナルの2019-03-01時点によるアーカイブ。
  23. ^ 控訴審焦点にX被告の「認知症」どう評価 1審「軽症」 弁護側「重度」 青酸連続殺人」『毎日新聞』毎日新聞社、2019年2月22日。2019年3月1日閲覧。, オリジナルの2019-03-01時点によるアーカイブ。
  24. ^ 青酸連続殺人、X被告は控訴審に出廷せず 「死刑は怖い」裁判前に被告が面会で語る」『毎日放送JNN系列、2019年3月1日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  25. ^ 笑って死にます・全員殺してない…X被告」『読売新聞読売新聞社、2019年3月2日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  26. ^ 面会応じたX被告「ボケてない」「自分のまいた種」」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2019年3月2日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  27. ^ 【特集】『私が死刑になるの待ってはるでしょ?』夫や交際相手に毒を飲ませ殺害…一審で「死刑判決」、X被告が面会で語る」『関西テレビ放送/報道ランナー』FNN系列、2019年2月27日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  28. ^ 一審では死刑だった「連続青酸死事件」、X被告の控訴審は「即日結審」」『関西テレビ放送』、2019年3月1日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  29. ^ 一審では死刑だった「連続青酸死事件」、X被告の控訴審は「即日結審」」『FNNニュース』、2019年3月1日。2019年3月2日閲覧。, オリジナルの2019-03-02時点によるアーカイブ。
  30. ^ a b c d 連続青酸事件控訴審が即日結審、弁護側請求の証拠採用せず」『京都新聞京都新聞社、2019年3月1日。2019年3月1日閲覧。, オリジナルの2019-03-01時点によるアーカイブ。
  31. ^ a b c d 戸上文恵「青酸連続殺人、控訴審が即日結審 X被告の精神鑑定却下」『毎日新聞』毎日新聞社、2019年3月1日。2019年3月1日閲覧。, オリジナルの2019-03-01時点によるアーカイブ。
  32. ^ a b c d 連続青酸控訴審が即日結審 X被告、判決は5月24日」『日本経済新聞日本経済新聞社共同通信社)、2019年3月1日。2019年3月1日閲覧。, オリジナルの2019-03-01時点によるアーカイブ。
  33. ^ a b 連続青酸死控訴審は即日結審 X被告出廷せず」『産経新聞産業経済新聞社、2019年3月1日。2019年3月1日閲覧。, オリジナルの2019-03-01時点によるアーカイブ。
  34. ^ 連続青酸殺人事件、X被告の控訴棄却 一審の死刑支持、大阪高裁」『京都新聞』京都新聞社、2019年5月24日。2019年5月26日閲覧。, オリジナルの2019-05-26時点によるアーカイブ。
  35. ^ a b c 青酸連続殺人、X被告に二審も死刑 大阪高裁」『日本経済新聞日本経済新聞社、2019年5月24日。2019年5月24日閲覧。, オリジナルの2019-05-24時点によるアーカイブ。
  36. ^ a b 控訴棄却のX被告が即日上告 連続青酸殺人事件、高裁判決受け」『京都新聞』京都新聞社、2019年5月24日。2019年5月26日閲覧。, オリジナルの2019-05-26時点によるアーカイブ。
  37. ^ X被告の弁護人が判決批判 訴訟能力の審理なしは疑問」『京都新聞』京都新聞社、2019年5月24日。2019年5月26日閲覧。, オリジナルの2019-05-26時点によるアーカイブ。