関谷浩至

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関谷 浩至(せきや ひろし)は文筆家、TBSテレビの元社員。かつてはTBSテレビ・ラジオ番組のディレクターラジオパーソナリティとして活動していた。

経歴・人物[編集]

1957年東京都渋谷区宮代町(現・広尾)に出生。私立浅野中学校・高等学校を経て、早稲田大学第一文学部早稲田大学大学院文学研究科演劇専修(映画学、映像理論)修士課程修了。文学修士号を取得。日本映像学会会員[1]。専門は映画音楽史、映画音楽論、音響音声論。

1982年東京放送(TBS)入社[2]。テレビ第一制作局演出部に配属。「ぴったしカン・カン」、「しゃれっぽクラブ」等のバラエティ番組でディレクターを務めた後、TBSラジオに異動。

TBSラジオではレギュラー番組や1991年の『TBSラジオ開局40周年記念 24時間スペシャル「メリークリスマスラジオ」』でのディレクターの傍ら、1980年代末より「大沢悠里のゆうゆうワイド」・「ハローナイト」・「土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界」リポーター[2] 、「タモリで失敬!」コーナーパーソナリティ、「関谷浩至と千堂あきほの夜はこれから」パーソナリティ、「WEEKLYアクションSP 土曜の夜につかまえて」ナビゲーターとして出演。1992年10月から平日午後のワイド番組関谷浩至と花の東京応援団[2] では、一般職として入社したTBS社員としては初のワイド番組でメインパーソナリティを務めた。この頃永六輔の依頼で、ドビュッシー月の光”をピアノで弾きながら弾いている自分自身の状況を同時に実況中継するという特技を、渋谷ジァン・ジァン、かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホールで行われた永主催のコンサートで披露している。

特にラジオ中継の話術に関し、永六輔は著書「逢えてよかった! 僕のメディア交遊録」(1995年,朝日新聞社)の中で関谷の方法を映画カメラワークに準え評価した。(同書”関谷浩至”の項目を参照)

1996年4月から土曜深夜の深夜放送次はオレらだ!東京爆裂DJ」のメインナビゲーターを短期間務めていたが目の疾患により降板。尚、この疾患により角膜移植を受けている。

2012年2月には神奈川県座間市立図書館で講座「ハリウッド映画音楽史」の講師を、 更に同年7月より講座「映画とジャズ」の講師を務めた。

著書[編集]

  • 公益財団法人 東京交響楽団 演奏会プログラム「Symphony」2017年1月号所収(東京オペラシティシリーズ No.95) 「プロコフィエフとエイゼンシテイン 映画『アレクサンドル・ネフスキー』と“視聴覚の対位法”」 執筆[3]
  • フェリーニを読む(フィルムアート社) - 「フェリーニとニーノ・ロータ/映画の記憶・音楽の記憶」 執筆[4]
  • サウンド派映画の聴き方(フィルムアート社) - 「映画史における代表的音楽家30人」 執筆[5]
  • シネ・ミュージック講座/映画音楽の100年を聴く(フィルムアート社) - 音楽評論家・詩人 秋山邦晴と作曲家 武満徹の共著で、校閲・作曲家注記・ディスコグラフィ執筆[6]
  • 黒澤明をめぐる12人の狂詩曲(早稲田大学出版部) - 「『羅生門』の音楽と早坂文雄」執筆[7] → 張愉訳による中国語版が2019年7月、中国国内にて刊行(上海人民出版社)
  • 早稲田大学学術研究史(早稲田大学大学史資料センター) - 「放送編」執筆
  • キューブリック(ダゲレオ出版) - 月刊イメージフォーラム増刊号、「ジョセフ・ジェルミスによるスタンリー・キューブリックインタビュー」を石田タクと共訳[8]
  • ニーノ・ロータ1999(東芝EMI、1999.04.28 TOCT-24124) -アコーディオニストcobaのアルバムのライナーノーツ執筆[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本映像学会 http://jasias.jp/ 会員リストより。
  2. ^ a b c 『TBS五十年史』(東京放送、2002年)※索引より「関谷浩至」参照。
  3. ^ 東京交響楽団  http://tokyosymphony.jp/pc/news/news_3757.html
  4. ^ フィルムアート社 http://filmart.co.jp/books/filmmaker/2006-9-12tue-112/
  5. ^ フィルムアート社 http://filmart.co.jp/books/cinelesson/2006-9-12tue-15/
  6. ^ フィルムアート社 http://filmart.co.jp/books/music/2006-9-12tue-80/
  7. ^ 早稲田大学出版部 http://www.waseda-up.co.jp/art/12.html
  8. ^ イメージフォーラム http://www.imageforum.co.jp/magazine/mg-kbrc.html
  9. ^ coba オフィシャルウェブサイト http://www.coba-net.com/discography/album/ninorota1999.html