関谷源兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
関谷 源兵衛

関谷 源兵衛(せきや げんべい、1905年明治38年)1月22日 - 1945年昭和20年)8月2日)は第7 - 9代八王子市長。

略歴[編集]

1905年明治38年)1月22日 - 八王子町八幡で質屋を営む長男として生まれる。18歳の時に父が死去。家業を営みながら八王子市街自動車株式会社専務、八王子馬匹畜産組合長を務める。1937年昭和12年)八王子市会議員選挙で当選、翌年1月15日確実とされていた政友会系が推す候補ではなく民政党系が推す関谷が市長に選出されるという意外な結果となる。主な実績として小宮町の合併など。1942年(昭和17年)9月1日退任[1]1945年(昭和20年)8月2日八王子空襲で落とされた焼夷弾が直撃し死去。

親族[編集]

父・伊重郎
源兵衛が18歳の時に死去。
祖父・源兵衛
第4代八王子町長、同町会議員、第2代八王子商業会議所会頭などを務めた[2]。八王子市犬目町にある甲明神社を建立している[3]

参考文献[編集]

  • 八王子市政八十年史 -歴代市長の足跡 波多野重雄編著 ふこく出版 1996年11月発行

出典・脚注[編集]

  1. ^ 市議会の混乱から第9代目は臨時代理市長となっている
  2. ^ 『八王子辞典 改訂版』 416頁 かたくら書店 2001年発行
  3. ^ 多摩八十八ヶ所霊場 八王子三十三観音霊場 犬目山 不動院 安養寺近郊の神仏たち”. 宗教法人安養寺. 2011年8月9日閲覧。