関野克

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関野 克(せきの まさる、1909年2月14日 - 2001年1月25日)は、建築史学者、東京大学名誉教授。文化功労者[1]

経歴[ソースを編集]

東京生まれ。1929年、旧制浦和高等学校理科甲類卒業。1933年、東京帝国大学工学部建築学科卒。1945年、東京大学工学博士。1946年、母校(のち東京大学)教授。1965年、東京国立文化財研究所所長を歴任。1979年~1991年、博物館明治村館長。1990年、文化功労者[1]

著書[ソースを編集]

  • 日本住宅小史 相模書房, 1942年
  • 建築のいろいろ 筑摩書房, 1951年 (中学生全集)
  • 寺と社 大日本雄弁会講談社, 1956年 (講談社アート・ブックス)
  • 文化財と建築史 鹿島研究所出版会, 1969年
  • 明治のたたずまい 博物館明治村 講談社, 1980年
  • 日本の民家 学習研究社, 1980年

編纂[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「関野 克」『20世紀日本人名事典 あ~せ』、日外アソシエーツ、2004年、1399頁。ISBN 4-8169-1853-1
  2. ^ 「関野 雄」『東アジア考古学辞典』、東京堂出版、2007年、320頁。ISBN 978-4-490-10712-8