闇の帝王DON 〜ベルリン強奪作戦〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
闇の帝王DON
〜ベルリン強奪作戦〜
Don 2
Don: The King Is Back
Team Don2.jpg
ムンバイでのプロモーション(左からサヒール・シュロフ、プリヤンカー・チョープラー、シャー・ルク・カーン、リテーシュ・シドワーニー、ファルハーン・アクタル)
監督 ファルハーン・アクタル英語版
脚本 ファルハーン・アクタル
アミート・ミータ
アムリシュ・シャー
製作 ファルハーン・アクタル
リテーシュ・シドワーニー英語版
ゴウリー・カーン英語版
出演者 シャー・ルク・カーン
プリヤンカー・チョープラー
音楽 シャンカル=イフサーン=ロイ英語版
撮影 ジェイソン・ウェスト
編集 リテーシュ・ソニ
製作会社 エクセル・エンターテインメント英語版
レッド・チリーズ・エンターテインメント英語版
配給 インドの旗 リライアンス・エンターテインメント
日本の旗 日活
公開 インドの旗 2011年12月23日
日本の旗 2013年4月20日
上映時間 144分[1]
製作国 インドの旗 インド
ドイツの旗 ドイツ
言語 ヒンディー語
製作費 ₹850,000,000[2]
興行収入 ₹2,380,000,000[2]
前作 DON -過去を消された男-
テンプレートを表示

闇の帝王DON 〜ベルリン強奪作戦〜』(やみのていおうドン 〜ベルリンごうだつさくせん〜、原題:Don 2/Don: The King Is Back)は、2011年に公開されたインドアクションスリラー映画。2006年に公開された『DON -過去を消された男-』の続編であり、前作に引き続きファルハーン・アクタル英語版が監督を務め、シャー・ルク・カーンプリヤンカー・チョープラーが主演を務めている。2007年に続編の構想が練られて企画が一時頓挫したものの、2010年に再び企画が始動し、ベルリンの各所で主要撮影が行われた。

2011年12月23日にテルグ語タミル語吹替版を含め3D・2Dで公開された。映画はキャストの演技やプロダクションデザイン、アクションシークエンスなどが高く評価されたが、ストーリーのペースと音楽については酷評された。興行収入は23億8,000万ルピーを記録し、2011年のインド映画興行収入ランキング第4位となった。第57回フィルムフェア賞英語版では最優秀作品賞英語版最優秀監督賞英語版最優秀主演男優賞英語版にノミネートされ、最優秀サウンドデザイン賞英語版最優秀アクション賞英語版を受賞した。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

企画[編集]

2007年に続編の製作が発表された[3]。しかし、主演のシャー・ルク・カーンが肩の手術をするため製作に遅れが生じてしまう[4]アルジュン・ラームパールイーシャ・コピカール英語版以外の主要キャストは引き続き出演し、新キャストとしてララ・ダッタクナル・カプール英語版が起用された[5][6]。監督のファルハーン・アクタル英語版は続編製作の理由を「キャラクターを探索する自由がたくさんあるため」と語っている[7]。また、シャー・ルク・カーンは撮影のために腕に「D」のタトゥーを入れ、このタトゥーに著作権を設定した[8]

シャー・ルク・カーンにとっては『Darr』『Baazigar』以来の悪役としての出演作となる[9]。チョープラーは撮影のために2か月間マーシャルアーツの訓練を受け[10]ボーマン・イラニ英語版は役作りのために12キログラム減量し、「冷酷で狡猾」なキャラクターに見せるために髭を生やした[11]。前作に出演したイーシャ・コピカールが降板したため、シャー・ルク・カーンの推薦で『Billu』で彼と共演したララ・ダッタが新たに起用された[12]

撮影[編集]

撮影現場となったベルリン

2010年10月からベルリン主要撮影が開始され、本作は同地で撮影された最初のボリウッド映画となった。ベルリンでの撮影が許可されたのは、シャー・ルク・カーンが『マイネーム・イズ・ハーン』のスクリーニングのために第60回ベルリン国際映画祭に出席した後のことだった[13][14][15]。撮影に先立ち、ドイツ政府はウェブサイトで映画の撮影をサポートすることを発表している[14]。2週間の撮影のために70人のインド人スタッフがベルリンに滞在し、ブランデンブルク門アレクサンダー広場フランス大聖堂英語版イーストサイド・ギャラリー英語版で撮影が行われた[16]。ベルリンでの撮影では680万ユーロの費用がかかったが、ドイツ政府は補助金として300万ユーロを提供している[15]

シャー・ルク・カーンは大半のシーンをスタントなしで演じてる[17][18]。ベルリンでは300フィートのジャンプシーンを演じている[19]。カーチェイスの撮影は、ブランデンブルク門を含む主要道路を3週間封鎖して67台の車を使用して行われ、道路の周囲に日常生活用の迂回ルートが作られた[20]リティク・ローシャンのカメオ出演シーンもベルリンで撮影されたが、彼の出演は公開まで隠されていた[21]。ベルリンでの撮影は2010年12月に終了した[22][23]。2011年2月からはマレーシアでの撮影が開始され、ムラカで刑務所のシーンが撮影された。また、シャー・ルク・カーンはハリウッドのスタントマンで本作のアクション監督を務めたヴォルフガング・シュティグマンからトレーニングを受けた[24]。同年9月に歌のシーンが撮影され[25]、11月下旬にゴア州で別の歌シーンが撮影され、この曲は映画公開の1か月前に発表された[26]。この曲はアクションシーンのために撮影されたが、実際に映画では使用されなかった[27]

2011年8月に映画が3Dで公開されることが発表された。3Dの方針は撮影途中に決まり、ロサンゼルスでの撮影後に映画全体を3D処理した[28]。撮影には特殊レンズが使用され、プロデューサーのニテーシュ・シドワーニー英語版は、3Dのアイディアは『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を観た後に思い付いたと語っている。3Dイノベーターは『アバター』『サンクタム』に参加したチャク・コミスキーが起用された[29]。編集技師としてリテーシュ・ソニ、撮影監督としてジェイソン・ウェストが起用された[30]デジタル・インターミディエイトとVFXはピクション・スタジオが担当し、3D変換はリライアンス・メディアワークス英語版が担当している[31]

音楽[編集]

前作に引き続きジャヴェド・アクタル英語版が作詞、シャンカル=イフサーン=ロイ英語版が作曲している。アルバムにはオリジナル4曲、インストゥルメンタル2曲、ダイアログ・スニペット1曲、リミックス2曲が収録されている。歌手としてヴィシャール・ダドラニ英語版アヌシャ・マニ英語版ウーシャ・ウサップ英語版シャンカル・ハマデヴァン英語版スニータ・サラティー英語版K・K英語版カラリサ・モンテイロ英語版が参加しており、2011年11月16日にTシリーズから発売された[32]

マーケティング[編集]

シャー・ルク・カーンとプリヤンカー・チョープラー

リライアンス・エンターテインメントエクセル・エンターテインメント英語版から8億5,000万ルピーで配給権を購入し、マーケティングに2億2,000万ルピーの費用をかけている[33]。衛星放送の権利はジー・エンターテインメント・エンタープライゼス英語版が3億7,000万ルピーで購入した[33]タミル・ナードゥ州ケーララ州の配給権はスーダ・スクリーンが購入した[34]。音楽の権利はTシリーズが1億ルピーで購入した。予告編とポスターは『Zindagi Na Milegi Dobara』と同じ日に公開され、予告編第2弾は2011年10月24日に公開された[35]。また、映画はドバイ国際映画祭で特別上映され[36]、さらにマクドナルドカフェ・コーヒー・デイ英語版と連携して20都市の店舗でWi-Fiのインターネット無料アクセスを展開し、3Dで曲を視聴できるようにした[37]

マーケティングの一環として限定版玩具が発売された。玩具はドンの衣装を着たシャー・ルク・カーンの人形で、これはボリウッド俳優として初のBobbleheadだった[38]。また、宣伝のために監督やプロデューサー、キャストがパトナなどの各都市を訪問することになった[39]。一時セキュリティの問題から中断されたものの、ナーグプルアフマダーバードハイデラバードを訪問した[40]。2011年10月にはドンの過去を描いた漫画『Don: The Origin』が発売された[29]。また、エクセル・エンターテインメントはインド最大のゲーム会社ゲームシャストラ英語版と連携してアクション・アドベンチャーのコンシューマーゲームを開発した[41]。さらにマンゴー・ゲームズはソーシャルゲーム『Don – The Social Mobsters Game』を開発してFacebookに公開した。ゲームはPlayStation 3プラットフォーム用のアンドロイド、PSNで使用できる。シドワーニーは、「インド映画を原作とした4つのプラットフォームで使用できるゲームはこれは初となります。これは、ドンのような象徴的なキャラクターのためにファンが興奮を維持するための最良の方法だと私は思います」と語っている[41]。2013年2月にはPlayStation 2ゲーム『Don 2: The King is Back』が発売された[42]

公開[編集]

2011年12月23日にインド国内3,105スクリーン(3Dの500スクリーン含む)、世界40か国650スクリーンで公開された[43][44]。映画はヒンディー語の他、テルグ語・タミル語吹替版も同時公開されている[45]。2012年1月には、さらに世界84か国で公開され[46]、2月には第62回ベルリン国際映画祭で上映された[47][48]。公開に際し、リライアンス・エンターテインメントは海賊版対策としてデリー高等裁判所英語版からジョン・ドゥー法令英語版を受け、著作権侵害に対処することになった[49]

公開1か月前に、1978年公開のオリジナル版『Don』の製作会社ナリマン・フィルムは、「エクセル・エンターテインメントに与えたのは『DON -過去を消された男-』の権利だけ」と主張してリライアンス・エンターテインメントとエクセル・エンターテインメントを訴えた[50]。12月19日にボンベイ高等裁判所英語版は判決を下し、すでに国内外の劇場で映画公開の準備が進んでいることを考慮して訴えを退けた[51]

映画の喫煙シーンには、インド保健・家族福祉省英語版からアドバイスされた免責事項マークが付けられている[52]。2012年2月7日に2バージョンのDVD、Blu-rayと特別版は4月10日と5月24日にそれぞれ発売された[53]

評価[編集]

興行収入[編集]

公開初日の座席占有率はインド全域で80%となり、シネマコンプレックスでは75%-80%、シングルシアターでは70-75%となっている[54]。ヒンディー語版は1億4,700万ルピーの収益を上げ、当時の歴代ヒンディー語映画第3位、祝日以外の金曜日に公開された映画では歴代1位となった[55][56][57]。公開2日目・3日目にはシネマコンプレックスの収益増に支えられ、20-25%の収益増となった[58]。公開週末にはヒンディー語版4億7,000万ルピー、テルグ語版・タミル語版合計で1,500万ルピーの興行収入を記録した[59]。公開第1週末には7億ルピーの収益を上げ[60]、公開第2週にはヒンディー語版で1億4,500万ルピーの収益を上げた[61]、週末のヒンディー語版興行収入は62%減の2億7,000万ルピーとなり、合計興行収入は9億7,000万ルピーを記録した[62]。最終的にヒンディー語版は10億6,000万ルピー、テルグ語・タミル語は11億2,000万ルピーの興行収入を記録した[63]

パキスタンでは公開1週間で1,690万ルピーの収益を上げ、それまでのインド映画の記録を更新した[64]。週末には3億7,100万ルピーの収益を上げ、第1週の合計興行収入は5億400万ルピーを記録した[65][66]。北米では公開初週に264万ドルの収益を上げ[67]、2012年2月に公開されたドイツでは11万2,027ドル、オーストリアでは5,041ドルの収益を上げた[68]。海外市場の合計興行収入は1,124万ドルとなり、『マイネーム・イズ・ハーン』『きっと、うまくいく』に次いで当時のインド映画海外興行収入ランキング第3位となった[68][69]

批評[編集]

ファルハーン・アクタル

批評家からの評価は賛否混合となっている[70]Rotten Tomatoesには12件のレビューが寄せられ支持率75%、平均評価6.8/10となっている[71]ザ・タイムズ・オブ・インディアニカート・カズミ英語版は、「古典的なアクション/クライム・スリラーであり、一瞬でも心が動くことがない。さらに重要なことは、プロットは細かく細工されているが、全ての捻じれとターンは複雑で小さなジグソーパズルのピースのように落ちている」と批評している[72]フィルムフェアのラチット・グプタはシャー・ルク・カーン、チョープラー、イラニの演技を高く評価し、「彼らはフラットな瞬間に映画を運ぶ。それは緊張させるものではないが、映画はフィナーレで十分なスリルを提供し、それだけで鑑賞するに値する」と批評した[73]デジタル・スパイ英語版のプリヤ・ジョーシは4/5の評価を与えてドラマティックな結末を称賛し、「それは徹底したボリウッド形式のアクション・フェスティバルです」と批評している[74]

エクスプレス・トリビューン英語版は映画を「視覚的な傑作」と呼び、「将来のインド・アクション映画のために高い基準を作ることになった」と批評した[75]コマル・ナータ英語版は3.5/5の評価を与えたが、前半のペースの遅さを批判した[76]ボリウッド・ハンガマタラン・アダルシュは3.5/5の評価を与え、後半は映画を別のレベルに移動させたとし、「ファルハーン・アクタルは新しいコンセプトを選択し、古典的なアクションと驚くべきビジュアルでそれを飾り付け、国際的な見た目と感触を与えた」と批評した[77]デイリー・ニュース&アナライシス英語版のアニラッダ・ガハは3/5の評価を与え、シャー・ルク・カーンの演技とアクション・シークエンスを称賛した[78]ミッド・デイ英語版は2.5/5の評価を与え、「映画は滑らかで撮影技術は魅力的だが、この手のアクション・スリラーに求められるエッジに欠けている」と批評している[79]

Rediff.comラジャ・セン英語版は、「映画は印象的だったが、カーンの極端な演技によって失望させられ、他の俳優たちは十分に活かせられていなかった」と批評した[80]ラジーヴ・マサンドは2/5の星を与えて映画を「きわめて退屈な映画」と表現し、「映画は良く撮れており、シャー・ルク・カーンに釘付けにさせるシーンもある。しかし、2時間以上も興味を引き付けるようなものではない……彼の熱心なファンでさえ欠伸をするだろう」と批評している[81]Sifyのソニア・チョープラーは2.5/5の評価を与え、続編よりも前作のほうが優れていると感じたが、アクション・シークエンスについては評価している[82]ヒンドゥスタン・タイムズ英語版マヤンク・シェカール英語版は映画を「終わることがない」と表現し、冗長なストーリーを批判した[83]

受賞・ノミネート[編集]

映画賞 部門 対象 結果 出典
ビッグスター・エンターテインメント・アワード英語版 最優秀アクション映画男優賞 シャー・ルク・カーン ノミネート [84]
最優秀アクション映画女優賞 プリヤンカー・チョープラー
ETCボリウッド・ビジネス賞英語版 Top Grosser of the Year 闇の帝王DON 〜ベルリン強奪作戦〜 [85]
Most Profitable Director ファルハーン・アクタル
Most Popular First Look of a Film 闇の帝王DON 〜ベルリン強奪作戦〜 受賞
第57回フィルムフェア賞英語版 最優秀作品賞英語版 ノミネート [86]
[87]
最優秀監督賞英語版 ファルハーン・アクタル
最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン
最優秀アクション賞英語版 ナクル・カンティ 受賞
最優秀サウンドデザイン賞英語版 マティアス・バーチ
第13回国際インド映画アカデミー賞英語版 最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン ノミネート [88]
最優秀悪役賞英語版 ボーマン・イラニ
ライオン・ゴールド・アワード英語版 フェイバリット・リーディング男優賞 シャー・ルク・カーン 受賞 [89]
フェイバリット・リーディング女優賞 プリヤンカー・チョープラー
ナショナル・メディア・ネットワーク フィルム&TVアワード 最優秀監督賞 ファルハーン・アクタル [90]
プロデューサー・ギルド・フィルム・アワード英語版 最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン ノミネート [91]
[92]
ベスト男性エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー 受賞
ベスト女性エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー プリヤンカー・チョープラー
最優秀サウンドデザイン賞 ナクル・カンティ ノミネート
最優秀サウンドミクシング賞 ナクル・カンティ、ディバジット・チャンガイ
最優秀特殊効果賞 プラサード・スタール
スター・スクリーン・アワード 最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン [93]
[94]
[95]
最優秀主演男優賞(観客賞)英語版 受賞
最優秀主演女優賞(観客賞)英語版 プリヤンカー・チョープラー ノミネート
ジョディNo.1英語版 シャー・ルク・カーン、プリヤンカー・チョープラー 受賞
最優秀アクション賞 マティアス・バーチ ノミネート
最優秀特殊効果賞英語版 プラサード・スタール、ヴィラール・タッカール
スターダスト・アワード英語版 フィルム・オブ・ザ・イヤー英語版 闇の帝王DON 〜ベルリン強奪作戦〜 [96]
ドラマ監督賞英語版 ファルハーン・アクタル
男優オブ・ザ・イヤー英語版 シャー・ルク・カーン
女優オブ・ザ・イヤー英語版 プリヤンカー・チョープラー
スリラー/アクション男優賞 シャー・ルク・カーン
スリラー/アクション女優賞 プリヤンカー・チョープラー
ジー・シネ・アワード 最優秀作品賞 闇の帝王DON 〜ベルリン強奪作戦〜 [97]
最優秀監督賞 ファルハーン・アクタル
最優秀主演男優賞英語版 シャー・ルク・カーン
最優秀主演男優賞(批評家賞) 受賞

続編構想[編集]

シャー・ルク・カーンは続編について、「いつかドンを再び演じるのは素晴らしいことでしょう。私はファルハーンに、60日間スケジュールを確保して『Don3』を作ることができると話しました。しかし、私たちは『闇の帝王DON 〜ベルリン強奪作戦〜』のラスト10分が別の刺激的なスリラーに進むための脚本を必要としています」と語っている[98]。また、アクタルはドンのキャラクターに魅了され、ストーリーを次の段階に進めたいと語ったが、他のジャンルに関心があるため、第3作を製作する予定は当面ないと語っている[99]

出典[編集]

  1. ^ Don 2”. British Board of Film Classification. 2014年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月5日閲覧。
  2. ^ a b Don 2”. Box Office India. 2016年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月5日閲覧。
  3. ^ “Shah Rukh Khan planning Don 2”. Hindustan Times. (2007年6月14日). オリジナルの2014年1月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140114132019/http://www.hindustantimes.com/news-feed/entertainment/shah-rukh-khan-planning-don-2/article1-230099.aspx 2011年7月19日閲覧。 
  4. ^ “SRK to perform daring stunts in Don 2”. The Times of India. (2009年6月14日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-06-14/news-interviews/28182661_1_shah-rukh-khan-s-homepage-stunts-don-2and 2011年11月26日閲覧。 
  5. ^ “No 'Don 2' for Arjun”. The Times of India. (2010年8月16日). オリジナルの2018年5月7日時点によるアーカイブ。. https://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/No-Don-2-for-Arjun/articleshow/6317869.cms 2011年11月26日閲覧。 
  6. ^ “Lara Dutta excited about her super-sophisticated role in 'Don 2'”. Daily News and Analysis. (2010年11月21日). オリジナルの2018年5月7日時点によるアーカイブ。. http://www.dnaindia.com/entertainment/report-lara-dutta-excited-about-her-super-sophisticated-role-in-don-2-1469809 2018年5月7日閲覧。 
  7. ^ “Don 2 will touch upon Don's past: Farhan Akhtar”. Daily News and Analysis. (2011年12月8日). オリジナルの2012年1月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120125064818/http://www.dnaindia.com/entertainment/report_don-2-will-touch-upon-don-s-past-farhan-akhtar_1623284 2011年11月21日閲覧。 
  8. ^ “SRK registers Don 2 tattoo in his name”. The Indian Express. (2011年7月15日). http://www.indianexpress.com/news/srk-registers-don-2-tattoo-in-his-name/817871/ 2011年11月26日閲覧。 
  9. ^ SRK excited about world's first 'bad guy sequel' Don 2”. Zee News (2011年3月31日). 2012年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月12日閲覧。
  10. ^ Priyanka's kicking SRK serious ass”. Filmfare (2011年7月11日). 2011年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月5日閲覧。
  11. ^ Bansal, Robin (2011年4月28日). “Boman Irani loses 12 kg for Don 2”. Hindustan Times. オリジナルの2018年5月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110502082603/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Boman-Irani-loses-12-kg-for-Don-2/Article1-690743.aspx 
  12. ^ “Lara Dutta super-excited about "new" character in Don-2”. Hindustan Times. (2012年1月13日). オリジナルの2018年5月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120113034706/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Cinema-Interviews/Lara-Dutta-super-excited-about-new-character-in-Don-2/Article1-602083.aspx 
  13. ^ With Don 2, SRK joins Tom Cruise and Brad Pitt”. Bollywood Hungama. 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月11日閲覧。
  14. ^ a b “Don 2 gets a bill waiver”. Mid Day. (2010年10月15日). オリジナルの2012年4月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120414231416/http://www.mid-day.com/entertainment/2010/oct/151010-Shah-Rukh-Khan-Don-2-sequel-German.htm 2012年3月30日閲覧。 
  15. ^ a b Bollywood fans descend on Berlin for Shah Rukh, Priyanka shoot”. Sify (2010年10月23日). 2014年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月5日閲覧。
  16. ^ Berlin woos India”. Gulf News (2012年3月23日). 2012年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月30日閲覧。
  17. ^ “I was scared to do stunts myself in 'Don 2': Shah Rukh Khan”. Daily News and Analysis. (2011年12月20日). http://www.dnaindia.com/entertainment/report-i-was-scared-to-do-stunts-myself-in-don-2-shah-rukh-khan-1628042 2018年5月7日閲覧。 
  18. ^ Jha, Subhash K. (2011年12月12日). “Shah Rukh Khan did his own stunts in Don 2 – Farhan Akhtar”. Bollywood Hungama. http://www.bollywoodhungama.com/news/features/shah-rukh-khan-did-his-own-stunts-in-don-2-farhan-akhtar/ 2018年5月7日閲覧。 
  19. ^ SRK does 300 feet jump for 'Don 2'”. The Indian Express (2010年10月13日). 2010年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月26日閲覧。
  20. ^ “Shah Rukh blows up 67 cars for Don 2”. Hindustan Times. (2011年12月19日). オリジナルの2011年12月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111221122931/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Shah-Rukh-blows-up-67-cars-for-Don-2/Article1-784437.aspx 2011年12月23日閲覧。 
  21. ^ Hrithik in Don 2?”. Mid-Day (2010年10月28日). 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月30日閲覧。
  22. ^ Don is back from Berlin”. Behindwoods (2010年12月2日). 2011年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  23. ^ Priyanka Chopra to return in Don sequel – Rediff Archived 3 July 2012 at the Wayback Machine.
  24. ^ “Shah Rukh Khan's daredevilry”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-12-09/news-interviews/30491048_1_stunts-action-scenes-films 2011年12月11日閲覧。 
  25. ^ Indo-Asian News Service. “Farhan stunned with 3D trailer of RA.One”. NDTV. 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月19日閲覧。
  26. ^ Last minute song-n-dance”. Deccan Chronicle (2011年11月24日). 2011年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月30日閲覧。
  27. ^ “SRK shoots special Don 2 promo video”. India Today. (2011年11月29日). オリジナルの2011年11月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111130030800/http://indiatoday.intoday.in/story/shah-rukh-khan-don-2-farhan-akhtar-priyanka-chopra/1/161968.html 2011年11月30日閲覧。 
  28. ^ “Don 2 in 3D”. The Times of India. (2011年8月22日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-08-22/news-interviews/29914362_1_3d-d-format-conversion 2011年11月26日閲覧。 
  29. ^ a b “Don 2 comic books to hit stands before film's release”. Hindustan Times. (2011年10月23日). オリジナルの2011年11月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111126163129/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/Don-2-comic-books-to-hit-stands-before-film-s-release/Article1-760630.aspx 2011年11月25日閲覧。 
  30. ^ “Farhan Akhtar gets ZNMD editor for Don 2”. The Times of India. (2011年9月9日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-09-09/news-interviews/30134592_1_farhan-akhtar-editing-znmd 2011年11月28日閲覧。 
  31. ^ Highlights of VFX and post-production for Bollywood films in 2011”. Bollywood Hungama (2012年12月31日). 2012年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月30日閲覧。
  32. ^ Don 2 (Original Motion Picture Soundtrack)”. iTunes. 2018年5月7日閲覧。
  33. ^ a b “Shah Rukh Khan's Don 2: Zee Entertainment bags satellite rights for Rs 37 crore”. The Economic Times. (2011年12月14日). http://articles.economictimes.indiatimes.com/2011-12-14/news/30516115_1_big-hindi-film-release-satellite-deal-reliance-entertainment 2011年12月14日閲覧。 
  34. ^ Don 2 goes for record price in TN & Kerala”. Sify (2011年12月10日). 2011年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月12日閲覧。
  35. ^ Watch: The slick new 'Don 2' trailer is out!”. IBN Live (2011年7月14日). 2011年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月15日閲覧。
  36. ^ Shah Rukh Khan unveils the first look of Don 2”. Hindustan Times (2011年12月11日). 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月12日閲覧。
  37. ^ “Don 2 bets big on new media for promotions”. Business standard. (2011年12月19日). オリジナルの2012年6月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120611013046/http://business-standard.com/india/news/don-2-bets-bignew-media-for-promotions/459093/ 2011年12月23日閲覧。 
  38. ^ “Shah Rukh Khan turns toy boy”. The Times of India. (2011年12月17日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-12-17/news-interviews/30528317_1_shah-rukh-khan-toy-don-avatar 2011年12月19日閲覧。 
  39. ^ Shah Rukh Khan to begin Don 2 promotional tour from Patna”. DNAIndia.com (2011年12月12日). 2012年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月12日閲覧。
  40. ^ “SRK falters in the first leg of his Don 2 promo tour”. India Today. (2011年12月15日). オリジナルの2011年12月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111216031458/http://indiatoday.intoday.in/story/shah-rukh-khan-don-2-promotional-tour-for-don-2-ra.one/1/164321.html 2011年12月16日閲覧。 
  41. ^ a b Now, a video game on 'Don 2'”. CNN IBN (2011年5月10日). 2013年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月11日閲覧。
  42. ^ “Now, a video game on 'Don 2'”. CNN-News18. (2011年12月8日). https://www.news18.com/news/india/now-a-video-game-on-don-2-426499.html 2018年5月10日閲覧。 
  43. ^ “Don 2 Business”. Bollywood Hungama. (2011年12月27日). オリジナルの2012年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120107180037/http://www.bollywoodhungama.com/trade/businesstalk/id/511/date/2011-12-28 2011年12月29日閲覧。 
  44. ^ “Shahrukh's Don 2 sets new records at Overseas Box Office”. oneindia.in. (2011年12月27日). オリジナルの2012年1月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120106202414/http://entertainment.oneindia.in/bollywood/box-office/2011/don-2-box-office-report-overseas-collection-271211.html 2012年2月29日閲覧。 
  45. ^ “B-Town's 3D explosion”. Mid-Day. (2011年8月22日). オリジナルの2011年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110909035927/http://www.mid-day.com/entertainment/2011/aug/220811-bollywood-B-Towns-3D-explosion.htm 2011年8月22日閲覧。 
  46. ^ Don 2' grosses Rs. 15 crore on first day”. India Today (2012年12月25日). 2012年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月29日閲覧。
  47. ^ SRK to attend Don 2 screening at Berlinale”. Hindustan Times (2012年1月18日). 2012年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月6日閲覧。
  48. ^ SFinnish sci-fi Nazi movie is hot ticket at Berlinale”. The Guardian (2012年2月8日). 2013年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月10日閲覧。
  49. ^ “Pirates of Don 2 beware”. Deccan Chronicle. (2011年12月23日). オリジナルの2012年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120107185552/http://www.deccanchronicle.com/channels/showbiz/bollywood/pirates-don-2-beware-634 
  50. ^ “SRK's Don 2 release won't be hampered”. The Times of India. (2011年11月18日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-11-18/news-interviews/30414632_1_title-copyright-infringement-legal-notice-nariman-films 2011年11月19日閲覧。 
  51. ^ “Don 2: HC refuses to stay release of film for copyright violation”. The Economic Times. (2011年12月19日). http://economictimes.indiatimes.com/news/news-by-industry/media/entertainment-/entertainment/don-2-hc-refuses-to-stay-release-of-film-for-copyright-violation/articleshow/11171273.cms 2011年12月23日閲覧。 
  52. ^ Smoking scenes not blurred in 'Don 2': Farhan”. The Indian Express (2011年12月5日). 2011年12月5日閲覧。
  53. ^ Don 2”. Amazon. 2018年5月11日閲覧。
  54. ^ Don 2 Has 70% All India First Day Opening”. 24 December 2011. BoxOfficeIndia.Com. 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月24日閲覧。
  55. ^ Top Opening Days ALL TIME”. Box office India (2012年2月6日). 2013年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。
  56. ^ All Time Top Opening Days DON 2 Fourth”. Boxofficeindia.com (2011年12月24日). 2012年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月24日閲覧。
  57. ^ Don 2 Day One Breakdown”. Komal Nahta (2011年12月24日). 2012年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月24日閲覧。
  58. ^ Don 2 Second Day Business”. Boxofficeindia.com (2011年12月25日). 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月25日閲覧。
  59. ^ Top Opening Weekends All Time AGNEEPATH 5th”. Box Office India (2012年2月7日). 2012年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。
  60. ^ Top Opening Weeks All Time UPDATED” (2012年2月8日). 2012年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。
  61. ^ Don 2 Has Excellent Second Weekend”. Boxofficeindia.com (2012年1月2日). 2012年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月5日閲覧。
  62. ^ Top Second Weeks ALL TIME Updated 16/02/12”. Box Office India (2012年2月17日). 2012年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。
  63. ^ Top Lifetime Nett Grossers All Time UPDATED 04/04/12”. Box Office India (2012年4月4日). 2013年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月5日閲覧。
  64. ^ Lights, camera, action!: The revival of the cinema industry in Pakistan”. Tribune.com.pk (2011年12月15日). 2012年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月2日閲覧。
  65. ^ 'Don 2' $6.50 million opening weekend”. Bollywood Hungama (2011年12月28日). 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月2日閲覧。
  66. ^ Overseas: 'Don 2' $ 8.47 million in Week 1”. Bollywood Hungama (2011年12月30日). 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月3日閲覧。
  67. ^ SRK starrer Don 2 doing roaring business in US”. NDTV (2012年1月6日). 2012年1月14日閲覧。
  68. ^ a b Don 2 foreign gross”. Box Office Mojo (2012年3月2日). 2012年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月2日閲覧。
  69. ^ Top Ten Overseas: EK THA TIGER Sixth”. Boxofficeindia.com (2012年8月30日). 2012年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月30日閲覧。
  70. ^ Sahni, Diksha (2011年12月23日). “Review Round-Up: SRK’s a Good Villain in ‘Don 2′”. The Wall Street Journal. https://blogs.wsj.com/indiarealtime/2011/12/23/review-round-up-srks-a-good-villain-in-don-2/ 2018年5月11日閲覧。 
  71. ^ Don 2 (2011)”. Rotten Tomatoes. 2016年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月2日閲覧。
  72. ^ Kazmi, Nikhat (2011年12月22日). “Don 2 movie review”. The Times of India. オリジナルの2012年1月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120110093411/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/movie-reviews/hindi/don-2/movie-review/11205411.cms 2011年12月23日閲覧。 
  73. ^ Gupta, Rachit (2011年12月23日). “Don 2”. Filmfare. 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧。
  74. ^ 'Don 2' review – Bollywood Review”. Digital Spy (2011年12月23日). 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月24日閲覧。
  75. ^ Mahmood, Rafay. “Film review: Don 2 – making a killing”. The Express Tribune. オリジナルの2012年4月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120413125723/http://tribune.com.pk/story/316484/film-review-don-2-making-a-killing/ 2012年1月14日閲覧。 
  76. ^ Don 2 Review”. Koimoi (2011年12月23日). 2012年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧。
  77. ^ Don 2 Review”. Bollywood Hungama (2011年12月23日). 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧。
  78. ^ “Review: Shah Rukh Khan makes Don 2 work”. Daily News and Analysis. (2011年12月23日). オリジナルの2012年1月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120104223811/http://www.dnaindia.com/entertainment/review_review-shah-rukh-khan-makes-don-2-work_1629155 2011年12月23日閲覧。 
  79. ^ Shetty, Shubha (2011年12月23日). “Don 2 – Movie Review”. Mid Day. オリジナルの2012年1月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120107171746/http://www.mid-day.com/entertainment/2011/dec/231211-Don-2-movie-review-Shah-Rukh-Khan.htm 2011年12月24日閲覧。 
  80. ^ Raja Sen (2011年12月23日). “Raja Sen: Don 2, both plastic and explosive”. Rediff. 2012年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧。
  81. ^ Heist makes waste”. Rajeevmasand.com. 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月23日閲覧。
  82. ^ Chopra, Sonia (2011年12月23日). “Movie Review:Don 2 review: Where's Don? This is a con!”. Sify. 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月24日閲覧。
  83. ^ “Don 2 Review”. Hindustan Times. (2011年12月23日). オリジナルの2011年12月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111224041729/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Reviews/Mayank-Shekhar-s-review-Don-2/Article1-786223.aspx 2011年12月23日閲覧。 
  84. ^ "Big Star Entertainment Awards 2012". Big Star Entertainment Awards. STAR India.
  85. ^ "ETC Bollywood Business Awards 2011". ETC Bollywood Business Awards. ETC.
  86. ^ “Nominations for 57th Idea Filmfare Awards 2011”. Bollywood Hungama. (2012年1月11日). オリジナルの2012年1月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120113194825/http://www.bollywoodhungama.com/celebrities/features/type/view/id/2974/2974 
  87. ^ “Winners of 57th Idea Filmfare Awards 2011”. Bollywood Hungama. (2012年1月30日). オリジナルの2012年7月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120712170218/http://www.bollywoodhungama.com/movies/features/type/view/id/3028 2012年11月28日閲覧。 
  88. ^ Nominations for IIFA Awards 2012”. Bollywood Hungama (2012年5月5日). 2012年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月17日閲覧。
  89. ^ “Bollywood stars grace 18th Lions Gold Awards”. Mid Day. オリジナルの2013年7月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130715035721/http://www.mid-day.com/entertainment/2012/jan/120112-Bollywood-stars-grace-18th-Lions-Gold-Awards.htm 2012年12月16日閲覧。 
  90. ^ Archived copy”. 2014年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  91. ^ 7th Apsara Awards Nominees”. Producers Guild Film Awards. 2012年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月16日閲覧。
  92. ^ 7th Apsara Awards Winners”. Producers Guild Film Awards. 2012年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月16日閲覧。
  93. ^ Nominations for 18th Annual Colors Screen Awards 2012”. Bollywood Hungama (2012年1月6日). 2016年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月11日閲覧。
  94. ^ Playing Favourites”. The Indian Express. 2015年2月8日閲覧。
  95. ^ Winners of 18th Annual Colors Screen Awards 2012”. Bollywood Hungama (2012年1月16日). 2016年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月8日閲覧。
  96. ^ Nominations of Stardust Awards 2012”. Bollywood Hungama (2012年2月6日). 2013年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月16日閲覧。
  97. ^ Nominations for Zee Cine Awards 2012”. Bollywood Hungama. 2012年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月16日閲覧。
  98. ^ When we are bored we could make a Don 3: SRK”. Hindustan Times (2011年12月25日). 2012年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月14日閲覧。
  99. ^ “I'll make Don 3”. NDTV. (2011年12月20日). オリジナルの2012年1月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120110062909/http://www.ndtv.com/article/bollywood/ill-make-i-don-3-i-says-farhan-akhtar-159402