闘魂倶楽部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
闘魂倶楽部
ジャンル プロレスゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ナツメ
発売元 ジャレコ
デザイナー もりもとゆきお
プログラマー 廣田公男
音楽 水谷郁
美術 たきのあつみ
やまだけんいち
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア ロムカセット
発売日 日本 199207241992年7月24日
その他 型式:JF-37
テンプレートを表示

闘魂倶楽部』(とうこんくらぶ)は、1992年7月24日ジャレコから発売されたファミリーコンピュータプロレスゲーム

概要[編集]

8人いるレスラーから一人を選び、7人を倒すとエンディングになる。その途中試合に勝つと攻撃力、スタミナ、スピードの3つに別れているステータスにポイントを振り分け能力をアップさせる(対戦ではポイントを試合前に振り分ける)。

技を掛け合い、画面下のゲージが満タンになると、必殺技を掛けることができる。

試合は場外で始まり乱闘をするか素直にリングに上がる所からとなり、技をかけようとすると90度角度が回転し視点が変わる。

登場レスラー[編集]

※括弧内はモデルとなったレスラー

スタッフ[編集]

  • プログラム:廣田公男
  • デザイン:もりもとゆきお
  • グラフィック:たきのあつみ、やまだけんいち
  • 音楽:水谷郁
  • アシスト:いのうえいさお、たかおかしゅうや
  • アドバイス:カチサトもりた、サイバスターほし
  • デバッガー:NIKININ、新田真一
  • コーディネーター:面谷知志
  • スペシャル・サンクス:かなやもりゆき、みやもとしんや

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通23/40点[1]
ファミリーコンピュータMagazine18.9/30点[2]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・7・5・5の合計23点(満40点)[1]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、18.9点(満30点)となっている[2]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.3 2.9 3.1 3.3 3.2 3.0 18.9

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 闘魂倶楽部 まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年8月13日閲覧。
  2. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 88頁、 雑誌26556-4/15。