阪口周平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
さかぐち しゅうへい
阪口 周平
プロフィール
本名 阪口 周平[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本大阪府[2]
生年月日 (1977-09-05) 1977年9月5日(43歳)
血液型 O型[2]
身長 174 cm[2]
職業 声優
事務所 アクセント
活動
活動期間 1999年 -
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

阪口 周平(さかぐち しゅうへい、1977年9月5日[3] - )は、日本男性声優アクセント所属。大阪府出身[2]

人物[編集]

錦城高等学校卒業[4]。以前はマウスプロモーション、フリー期間を経て、2008年10月から2013年12月まではディーカラーに所属していた。2014年1月よりアクセントに所属。

関西出身であるため、大阪弁を喋るキャラクターを演じることが多い。洋画吹き替えではクリス・パインイ・ビョンホンを担当している。阪口は声優という職業に関して「一番最後まで行き着いた時に何があるかを捜し続ける仕事である」「生半可な覚悟でやれるようなものではない」と語っている[5]

CASIO製の腕時計G-SHOCKを愛用しており、「『時計に負けちゃいけない!』と自然と気合が入る。逆に、家に帰って時計を外した途端に、電源が落ちたみたいに一気にテンションが下がる」と語っている[6]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
  • サガ スカーレット グレイス 緋色の野望(アントニウス[24]
2020年

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

アダム・ロドリゲス
イ・ビョンホン
クリス・パイン
サム・ライリー
ジェイ・ヘルナンデス
ジェレミー・レナー
マイロ・ヴィンティミリア

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

その他[編集]

  • ギャラクシー渡辺のバトスピやろうぜ!(ナレーション)
  • 天才てれびくんYOU(「魔」のもじもんまでぃえすの声)
  • バトスピ エクストリームゲーム(紫のガーディアン)

ディスコグラフィ[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2011年4月6日 イナズマイレブン キャラクターソングオリジナルアルバム 染岡竜吾(加瀬康之)、飛鷹征矢(峯暢也)、不動明王(梶裕貴)、綱海条介(阪口周平 「Bad Boys Brother's Blues 〜海と漢と侠とモヒカン〜」 テレビアニメ『イナズマイレブン』関連曲

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード』(2009年)、『3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー/ジ・オーガ』(2010年)
  2. ^ 『ストライカーズ』『2012エクストリーム』(2011年)、『GO 2013』(2012年)

出典[編集]

  1. ^ 『芸能手帳タレント名簿録Vol.51('16〜'17)』連合通信社・音楽専科社、2016年5月26日、106頁。
  2. ^ a b c d 阪口 周平”. 日本タレント名鑑. 2020年2月4日閲覧。
  3. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、457頁。ISBN 978-4-415-00878-3。
  4. ^ 『日本タレント名鑑(2020年版)』VIPタイムズ社、2020年1月26日、162頁。ISBN 978-4-904674-11-6。
  5. ^ 日本語吹替作品の舞台裏『ゴシップガール』”. 映像テクノアカデミア. 2011年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月26日閲覧。
  6. ^ G-SHOCK 30TH INTERVIEW:なぜ私たちはG-SHOCKにハマったのか――G-SHOCKマニア座談会 (1/5)”. ITmedia ビジネスオンライン (2013年11月6日). 2019年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月4日閲覧。
  7. ^ キャラクター”. はじめの一歩. 2013年9月20日閲覧。
  8. ^ Character”. 焼きたて!!ジャぱん. アニプレックス. 2018年7月16日閲覧。
  9. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「ブギーポップは笑わない」公式サイト. 2020年9月13日閲覧。
  10. ^ 新劇場版 頭文字D Legend2 -闘走- 公式サイト”. 2015年2月23日閲覧。
  11. ^ キャスト・スタッフ”. アニメ「一騎当千 Extravaganza Epoch」公式サイト. 2014年10月28日閲覧。
  12. ^ Cast”. 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 公式Web. 2017年5月11日閲覧。
  13. ^ CHARACTER”. バトルスピリッツ 赫盟のガレット. 2020年8月11日閲覧。
  14. ^ キャラクター”. NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームレボリューション. 2014年8月11日閲覧。
  15. ^ キャラクター”. NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4. 2015年7月6日閲覧。
  16. ^ 『バイオハザード6 Special Package(スペシャルパッケージ)』“日本語ボイスパック”など収録DLCを紹介”. ファミ通.com. 2013年7月4日閲覧。
  17. ^ 電撃Girl's Style』2013年11月号、アスキー・メディアワークス、2013年10月10日。
  18. ^ inFAMOUS Second Son 主人公デルシン役 阪口周平インタビュートレーラー
  19. ^ キャラクター”. ハイキュー!! 繋げ!頂の景色!!. バンダイナムコゲームス. 2014年9月12日閲覧。
  20. ^ はじめの一歩”. バンダイナムコゲームス. 2017年10月14日閲覧。
  21. ^ Until Dawn -惨劇の山荘-”. ソニー・インタラクティブエンタテインメント. 2017年10月14日閲覧。
  22. ^ 『オーバーウォッチ』日本語版の担当声優が公開。乃村健次さん、伊藤静さん、種田梨沙さんら21名”. 電撃オンライン. 2016年4月15日閲覧。
  23. ^ 『陰陽師』ユーザー同士の力を競い合う対人戦システム「闘技」と「結界突破」を紹介。新たな式神として“酒呑童子”や“管狐”なども公開 GAREMA(ガレマ),2017年2月9日
  24. ^ 『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』での新規要素や周回で引継ぎできる項目などを紹介”. 電撃オンライン. 2018年5月25日閲覧。
  25. ^ CHARACTER”. ファイナルファンタジーVII リメイク. スクウェア・エニックス. 2020年3月17日閲覧。
  26. ^ “マグニフィセント・セブン”. ふきカエル大作戦!!. (2017年5月24日). http://www.fukikaeru.com/?p=6816 2017年5月29日閲覧。 
  27. ^ 『マレフィセント2』日本語吹替版の声優解禁! オーロラ姫役を上戸彩さん、3人の妖精役を福田彩乃さん、フィリップ王子役を小野賢章さんが担当”. アニメイトタイムズ. 2019年9月27日閲覧。
  28. ^ GODZILLA ゴジラ”. ふきカエル大作戦!!. 2017年9月5日閲覧。
  29. ^ 猿の惑星: 創世記”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月12日閲覧。
  30. ^ 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)”. ふきカエル大作戦!! (2017年10月13日). 2017年10月13日閲覧。
  31. ^ ジェミニマン”. ふきカエル大作戦!! (2019年10月25日). 2019年10月28日閲覧。
  32. ^ “ダンボ”. ふきカエル大作戦!!. (2019年3月29日). https://www.fukikaeru.com/?p=11423 2019年3月30日閲覧。 
  33. ^ ブレイクスルー 奇跡の生還”. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2020年7月10日閲覧。
  34. ^ “僕のワンダフル・ジャーニー”. ふきカエル大作戦!!. (2019年9月2日). https://www.fukikaeru.com/?p=12399 2019年9月2日閲覧。 
  35. ^ 命がけの“かくれんぼ”に挑む衝撃のリベンジ・アクション!『レディ・オア・ノット』ブルーレイ+DVDセット、7/15(水)発売!6/24(水)先行デジタル配信開始!”. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2020年4月21日閲覧。
  36. ^ 『男が愛する時 DVD-BOX1』、ポニーキャニオン、2013年12月4日。
  37. ^ 阪口周平、『マンダロリアン』主人公の吹替担当 スター・ウォーズ初の実写ドラマ”. 徳島新聞. 2019年12月27日閲覧。