阪急すみれ会パンジー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

阪急すみれ会「パンジー賞」(はんきゅうすみれかいパンジーしょう)とは、阪急電鉄グループ宝塚歌劇後援会が特に素晴らしかった生徒やスタッフに贈る賞。「パンジー賞」には、男役賞・娘役賞・助演賞・新人賞・スタッフ創作賞という5つの種類が確認されている。毎年11月もしくは12月に宝塚ホテルにて表彰式が行われている。パンジー賞の他には、「宝塚歌劇団年度賞」という独自の賞が存在する。

受賞部門[編集]

現在の賞(2003年から2016年までで確認できるもの)
  • 男役賞
  • 娘役賞
  • 助演賞
  • 新人賞
  • スタッフ創作賞
  • 特別賞

歴代受賞者[編集]

1974年度から2020年度まで[編集]

2020年度[1][編集]

2019年度[2][編集]

2018年度[3][編集]

2017年度[4][編集]

2016年度[編集]

2015年度[編集]

2014年度[編集]

2013年度[編集]

2012年度[編集]

2011年度[編集]

2010年度[編集]

2009年度[編集]

2008年度[編集]

2007年度[編集]

2006年度[編集]

2005年度[編集]

2004年度[編集]

2003年度[編集]

2002年度[5][編集]

2001年度[6][編集]

  • 特別賞:(雪組)轟悠
  • 男役賞:(宙組)和央ようか
  • 女役賞:(宙組)花總まり
  • 助演賞:(専科)萬あきら
  • 新人賞:(月組)大和悠河
  • 創作賞:(装置)石濱日出雄

2000年度[7][編集]

  • 特別賞:(音楽)寺田瀧雄
  • 男役賞:(専科)香寿たつき
  • 女役賞:(月組)檀れい
  • 助演賞:(専科)汝鳥伶
  • 新人賞:(雪組)朝海ひかる、紺野まひる
  • 創作賞:(演出・振付)謝珠栄

1999年度[8][編集]

1998年度[9][編集]

1997年度[10][編集]

1996年度[11][編集]

1995年度[12][編集]

1994年度[13][編集]

  • 特別賞:(花組)安寿ミラ
  • 男役賞:(雪組)轟悠
  • 娘役賞:(雪組)花總まり
  • 助演賞:(花組)美月亜優
  • 新人賞:(雪組)和央ようか

1993年度[14][編集]

1992年度[15][編集]

  • 特別賞:(雪組)杜けあき
  • 男役賞:(花組)真矢みき
  • 娘役賞:(雪組)紫とも、(月組)麻乃佳世
  • 新人賞:(花組)紫吹淳、(月組)真織由季、(雪組)香寿たつき、純名里沙

1991年度[16][編集]

  • 男役賞:(月組)天海祐希
  • 娘役賞:(星組)洲悠花
  • 新人賞:(星組)白城あやか

1990年度[17][編集]

  • 男役賞:(花組)安寿ミラ
  • 娘役賞:(雪組)鮎ゆうき
  • 新人賞:(月組)麻乃佳世

1989年度 [18][編集]

  • 特別賞:(花組)大浦みずき
  • 男役賞:(星組)麻路さき
  • 娘役賞:(星組)毬藻えり
  • 新人賞:(雪組)鮎ゆうき

1988年度[19][編集]

1987年度 [20][編集]

1986年度[21][編集]

1985年度[22][編集]

1984年度[23][編集]

  • 男役賞:(雪組)杜けあき
  • 娘役賞:(星組)湖条れいか
  • 新人賞:(月組)こだま愛、(花組)水原環、(月組)涼風真世、(星組)毬藻えり

1983年度[24][編集]

  • 男役賞:(花組)大浦みずき
  • 娘役賞:(星組)南風まい、(月組)黒木瞳
  • 新人賞:(月組)郷真由加、(星組)紫苑ゆう、(月組)春風ひとみ

1982年度[25][編集]

1981年度[26][編集]

1980年度[27][編集]

1979年度[28][編集]

1978年度[29][編集]

1977年度[30][編集]

  • 男役賞:(月組)順みつき
  • 娘役賞:(月組)小松美保
  • 新人賞:(月組)大地真央、(雪組)山城はるか

1976年度[31][編集]

1975年度[32][編集]

1974年度[33][編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『歌劇 2020年12月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、136頁。
  2. ^ 『歌劇 2020年1月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、63頁。
  3. ^ 『歌劇2019年1月号』宝塚クリエイティブアーツ、74頁 TAKARAZUKAニュース
  4. ^ 『歌劇2018年1月号』宝塚クリエイティブアーツ、76頁 TAKARAZUKAニュース
  5. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p156
  6. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p139
  7. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p123
  8. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p107
  9. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p91
  10. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p75
  11. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p61
  12. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p48
  13. ^ 『宝塚歌劇90年史 すみれ咲き歳月を重ねて』p36
  14. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p296
  15. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p295
  16. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p295
  17. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p295
  18. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p294
  19. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p294
  20. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p293
  21. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p293
  22. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p293
  23. ^ 『夢を描いて華やかに 宝塚歌劇80年史』p292
  24. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p188
  25. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p170
  26. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p151
  27. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p132
  28. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p114
  29. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p95
  30. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p76
  31. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p58
  32. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p39
  33. ^ 『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』p19

参考文献[編集]

  • 歌劇 2018年 01月号(通巻1108号) (2018年1月5日発行) 発行 :宝塚クリエイティブアーツ
  • 2015年宝塚stagealbum 2016年発行 ISBN 978-4-908135-68-2 阪急コミュニケーションズ 2016 (タカラヅカMOOK)
  • 2014年宝塚stagealbum 2015年発行 ISBN 978-4-908135-34-7 阪急コミュニケーションズ 2015 (タカラヅカMOOK)
  • The Way to a Centennial―100年への道―vol.3 2010-2013 (宝塚ムック) 2014年発行 ISBN 978-4484145259 阪急コミュニケーションズ (2014/7/18) (タカラヅカMOOK)
  • 2013年宝塚stagealbum 2014年発行 ISBN 978-4-484145-21-1 阪急コミュニケーションズ 2014 (タカラヅカMOOK)
  • 2012年宝塚stagealbum 2013年発行 ISBN 978-4-484135-05-2 阪急コミュニケーションズ 2013 (タカラヅカMOOK)
  • 2011年宝塚stagealbum 2012年発行 ISBN 978-4-484125-05-3 阪急コミュニケーションズ 2012 (タカラヅカMOOK)
  • 2010年宝塚stagealbum 2011年発行 ISBN 978-4-484115-02-3 阪急コミュニケーションズ 2011 (タカラヅカMOOK)
  • 2009年宝塚stagealbum 2010年発行 ISBN 978-4-484105-03-1 阪急コミュニケーションズ 2010 (タカラヅカMOOK)