阪急ニッショーストア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社阪急ニッショーストア
種類 株式会社(2008年10月1日消滅)
本社所在地 560-0023
大阪府豊中市岡上の町2丁目2番3号
設立 2001年6月1日
業種 小売業
代表者 代表取締役社長 川嶋榮一
資本金 1億円
売上高 394億円(2006年3月期)
従業員数 1,400名(2007年3月期)
主要株主 株式会社阪食 100%
特記事項:会社情報は2008年9月30日時点での情報を記載
テンプレートを表示
阪急ニッショーストア緑地公園店(〜2011年11月11日迄、2011年11月12日付で阪急オアシスにリニューアル)
旧阪急ニッショーストア本社
(旧豊中店、〜2008年9月30日迄、2008年10月1日付で阪急オアシスにリニューアル、現・阪食本社)
旧阪急ニッショーストア茨木駅前店(〜2008年9月30日迄、2008年10月1日付で阪急オアシスにリニューアル、後に店舗建替え)
旧阪急ニッショーストア千本店(2009年1月26日撮影、現在は阪急オアシスにリニューアル)
旧阪急ニッショーストア千本店(2009年1月26日撮影、現在は阪急オアシスにリニューアル)
旧阪急ニッショーストア南茨木店(〜2011年2月9日迄、2011年2月15日付で阪急オアシスにリニューアル)
旧阪急ニッショーストア総持寺店
(〜2008年12月11日迄、2008年12月12日付でパワープライスにリニューアル、のちに阪急オアシスに再度リニューアル)

阪急ニッショーストア(はんきゅうニッショーストア)は、かつてエイチ・ツー・オー リテイリンググループ(阪急阪神東宝グループ)の株式会社阪食が、京阪神地区を中心に展開していたスーパーマーケット

当項目では、2008年9月30日まで存在した株式会社阪急ニッショーストアについても解説する。

概要[編集]

1963年11月、日本硝子商事株式会社(現:ニプロ)が豊中市服部に「ニッショーストア」服部店を開業。

以後ニプロのストア事業部として運営され、2001年6月1日には子会社として分社独立した。しかし、ニプロの戦略的な事業再編により、2006年7月に株式会社阪急百貨店(現:エイチ・ツー・オーリテイリング)に全株式を譲渡された。

阪急百貨店の傘下となったと同時に、店名・運営会社社名とも、名称を「阪急ニッショーストア」とした。

2006年(平成18年)9月1日付で食品事業グループを統括する中間持ち株会社として株式会社阪食が設立され、同社の子会社となった[1]

2008年(平成20年)10月1日付けで当時同じく阪食の設立した当時から子会社であった阪急オアシス阪急ファミリーストア阪急フレッシュエールとともに計4社が阪食に吸収合併されたため、阪食が運営する食品スーパーの店舗ブランドとなった[2]

2008年、事業会社の合併に先駆け、阪急ニッショーストアとして営業されてきた池田店と宝塚南口店が、株式会社阪急オアシスに事業譲渡され「阪急オアシス」店舗になったの皮切りに、合併後も「阪急オアシス」店舗へのリニューアルが進められ、合併前に27あった店舗は2011年11月11日をもって消滅。48年間の歴史に幕が下りた。

なお、ニッショーストアのCIであったトマトマークは、阪急オアシスおよび阪急ファミリーストアのCIとして存続している。

沿革[編集]

  • 1963年11月 - 日本硝子商事(株)ストア事業部として「ニッショーストア」を創業
  • 1977年5月 - 日本硝子商事(株)が「(株)ニッショー」に商号変更
  • 2001年4月 - (株)ニッショーが「ニプロ(株)」に商号変更
  • 2001年6月1日 - ニプロ(株)より分社独立し、「(株)ニッショー」設立
  • 2006年7月 - ニプロ(株)が(株)ニッショーの全株式を(株)阪急百貨店に譲渡
  • 2006年8月 - (株)ニッショーから「(株)阪急ニッショーストア」へ商号変更
  • 2008年10月1日 - (株)阪食に合併
  • 2008年11月21日 - 新業態「パワープライス 阪急ニッショーストア」を展開開始。
  • 2011年11月12日 - 阪急ニッショーストア緑地公園店が阪急オアシス千里山竹園店としてリニューアルオープン。

過去に存在した店舗[編集]

  • 三国店(大阪市淀川区)
  • 五月が丘店(大阪府吹田市)
  • 茨木店(大阪府茨木市)
  • 旭ヶ丘店(大阪府池田市)
  • 牧野店(大阪府枚方市)
  • 関大前店(大阪府吹田市)
  • 桜塚店(大阪府豊中市)
  • 千里東店(大阪府豊中市)
  • 高槻店(大阪府高槻市)
  • 寝屋川店(大阪府寝屋川市) - 現在は万代寝屋川西店。
  • 服部店(大阪府豊中市)
  • 園田店(兵庫県尼崎市)
  • 姫路店(兵庫県姫路市)
  • くずは店(大阪府枚方市) - 2008年11月21日に「パワープライス 阪急ニッショーストア」に業態転換後、2010年5月25日閉店。
  • 水道筋店(兵庫県神戸市灘区) - ニッショーだった時に閉店し、現在はマルハチが出店。

譲渡・リニューアルした店舗[編集]

  • 池田店(大阪府池田市) - 2008年4月26日 阪急オアシスに譲渡(合併前)
  • 宝塚南口店(兵庫県宝塚市) - 2008年8月6日 阪急オアシスに譲渡(合併前)
  • 箕面店(大阪府箕面市) - 2008年9月27日 阪急オアシスに譲渡(合併前)
  • 茨木駅前店(大阪府茨木市) - 2008年10月1日 阪急オアシスにリニューアル
  • 豊中店(大阪府豊中市) - 2008年10月1日 阪急オアシスにリニューアル
  • 豊中駅前店(大阪府豊中市) - 2008年10月1日 阪急オアシスにリニューアル
  • 小曽根店(大阪府豊中市) - 2008年10月24日 阪急オアシスにリニューアル
  • 蛍ヶ池店(大阪府豊中市) - 2008年11月14日 阪急オアシスにリニューアル
  • 守口店(大阪府守口市) - 2009年2月18日 阪急オアシスにリニューアル
  • 石橋店(大阪府池田市) - 2009年2月27日 阪急オアシスにリニューアル
  • 千里丘店(大阪府摂津市) - 2009年3月13日 阪急オアシスにリニューアル
  • 山下店(兵庫県川西市) - 2009年3月19日 阪急オアシスにリニューアル
  • あべの店 - 2009年 阪急ファミリーストアにリニューアル
  • 服部西店(大阪府豊中市) - 2009年 阪急オアシスにリニューアル
  • 千本店(京都市上京区) - 2009年 阪急オアシスにリニューアル
  • 白川通店(京都市左京区) - 2009年 阪急オアシスにリニューアル
  • 総持寺店(大阪府茨木市) - 2008年12月12日「パワープライス 阪急ニッショーストア」に業態転換後、2009年11月21日に阪急オアシスとしてリニューアル。
  • 名谷店(神戸市須磨区) - 阪急オアシスにリニューアル後、2010年3月28日に閉店。のちにマルハチが出店。
  • 南茨木店(大阪府茨木市) - 2011年2月15日 「阪急オアシス茨木東奈良店」にリニューアル
  • 緑地公園店(大阪府吹田市) - 2011年11月12日 「阪急オアシス千里山竹園店」にリニューアル

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “阪急百貨店、9月に新会社「阪食」設立 食品事業を統括”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年8月2日) 
  2. ^ 西井由比子 (2008年10月1日). “「阪急阪神百貨店」が誕生 経営効率の向上を図る”. 神戸新聞 (神戸新聞社)