阪急共栄物産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

阪急共栄物産(はんきゅうきょうえいぶっさん)は、かつてスーパーマーケットドラッグストア運営、医薬品製造を行っていた企業。

沿革[編集]

  • 1929年 - 阪急百貨店開業に伴い百貨店3階に薬品売場を開業。
  • 1952年 - 阪急物産株式会社と阪急共栄製薬株式会社が合併。阪急共栄物産株式会社新設。
  • 1961年 - 大阪証券取引所第2部に上場。
  • 2002年 - 株式会社阪急百貨店の完全子会社に。薬品事業をエムジーファーマへ譲渡。大阪証券取引所上場廃止。
  • 2003年 - 阪急フレッシュエール阪急ファミリーストア、阪急共栄ファーマシー等5社が、阪急共栄物産株式会社より分離。株式会社阪急共栄物産は株式会社阪急百貨店に吸収合併。エムジーファーマ株式会社はロート製薬の傘下に入る。

関連項目[編集]