阪急村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阪急村(はんきゅうむら)とは、梅田大阪市北区)の大阪駅東側の阪急電鉄梅田駅を中心に、旧阪急東宝グループの商業施設等が建ち並んでいるエリアの通称である[1]

概要[編集]

近畿圏の人によって使われている俗称であるが、阪急電鉄もこの「阪急村」という表現を使った事がある。住所では角田町茶屋町小松原町芝田一丁目辺りを指す。

阪急村に対し、大阪駅南側と西側(西梅田)は、旧阪神グループの商業施設である阪神百貨店梅田本店やハービスOSAKAハービスENT等が建ち並んでいるため、この地域は俗に「阪神村」と呼ばれる[1]

同様に大阪地区では、近鉄グループの商業施設である、あべのハルカスあべのハルカス 近鉄本店)やあべのHoopあべのandなどが建ち並ぶ大阪阿部野橋駅周辺のエリアや、近鉄百貨店上本町店・上本町YUFURA大阪新歌舞伎座が入居)などが建ち並ぶ大阪上本町駅周辺エリアが[要出典]、俗に「近鉄村」と呼ばれている[2]

また、なんばCITYなんばパークスなど、南海グループの商業施設等が立ち並ぶ南海難波駅周辺のエリアは、通称「南海村」とも呼ばれる[要出典]

なお東京都でも、俗に渋谷区109Bunkamuraがある渋谷駅西側を「東急村」[3]豊島区西武百貨店本店やロフト本店がある池袋駅東側を「西武村」と呼ばれている[4]

ほかに、名古屋市名鉄名古屋駅近辺の名鉄グループの商業施設が建ち並ぶエリアを「名鉄村」、福岡市西鉄の商業ビルが多く集う天神を「西鉄村」と呼ぶことがある[要出典]

主要施設[編集]


補足[編集]

かつては、阪急百貨店流通センターが茶屋町に所在した。その跡地には現在、毎日放送(MBS)本社・放送センターが建っている。ちなみにMBSの前身である新日本放送(NJB)は阪急百貨店うめだ本店の屋上にラジオ放送用のスタジオを設けていた。また、阪急グランドビル内にはかつて、MBSラジオのサテライトスタジオ『ラジオポートMBS』が入居していた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b DBJ Kansai Topics 近畿地方の上昇気流への更なる一歩 〜地域効果から見た阪急・阪神統合への期待〜 (pdf)”. 日本政策投資銀行. p. 7 (2006年6月8日). 2015年6月2日閲覧。
  2. ^ “近鉄の「ハルカス」は東武の「スカイツリー」を超えられるか?”. SankeiBiz: p. 4. (2014年3月16日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/140314/bsd1403141906007-n1.htm 2015年6月2日閲覧。 
  3. ^ “新宿伊勢丹の業績がアップした“本当”の理由”. ITmedia ビジネスオンライン: p. 3. (2014年8月14日). http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1408/14/news029.html 2015年6月2日閲覧。 
  4. ^ 【船橋の百貨店】 西武と東武とホームレスなミニ池袋”. 東京生活.com. 2015年6月2日閲覧。

関連項目[編集]