阪急電鉄本社ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
阪急電鉄本社ビル
Hankyu-Corp-headoffice-01.jpg
施設情報
所在地 大阪府大阪市北区芝田一丁目16番1号
座標 北緯34度42分31.7秒 東経135度29分50.5秒 / 北緯34.708806度 東経135.497361度 / 34.708806; 135.497361座標: 北緯34度42分31.7秒 東経135度29分50.5秒 / 北緯34.708806度 東経135.497361度 / 34.708806; 135.497361
状態 竣工
竣工 1992年(平成4年)9月
用途 事務所
各種諸元
階数 地上19階、地下2階
敷地面積 3,396.82
延床面積 27,369.37
構造形式 鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造
関連企業
設計 竹中工務店
施工 竹中工務店
所有者 阪急阪神リート投資法人
(信託受託者:三井住友信託銀行
管理運営 阪急阪神ビルマネジメント
テンプレートを表示

阪急電鉄本社ビル(はんきゅうでんてつほんしゃビル)は、大阪市北区芝田に所在する事務所ビル。阪急電鉄および阪急阪神ホールディングスの本社が置かれている。

1992年(平成4年)、阪急電鉄の本社ビルとして建設された。阪急電鉄大阪梅田駅の北側、茶屋町地区に位置する。

現在(2020年12月)の所有者は阪急阪神リート投資法人であり、阪急電鉄に賃貸(マスタリース)されている[1]

事務所ビルとしてのスペックは、南北2系統の中央方式とペリメータを組み合わせた空調設備、100mmのOAフロアを設置した上で基準階の天井高2,600mm、コンセント容量50VA/㎡、床荷重300kg/㎡等設備を備える。

所有者[編集]

一貫して阪急(阪急阪神)グループが関与する中で、以下の通り所有者が変遷している[2]

  • 1992年(平成4年)9月28日 - 阪急電鉄株式会社(現阪急阪神ホールディングス株式会社)および株式会社阪急シグマコーポレーション
  • 2003年(平成15年)2月28日 - 阪急電鉄株式会社(現阪急阪神ホールディングス株式会社)
  • 2003年(平成15年)3月20日 - 梅田プロパティ・ツー有限会社(阪急電鉄が匿名組合出資)
  • 2008年(平成20年)5月16日 - 阪急リート投資法人(現阪急阪神リート投資法人):112億円で取得[3]
  • 2009年(平成21年)11月25日 - 合同会社カイロス・ファンディング(阪急電鉄等が匿名組合出資):102億円で取得[4]
  • 2013年(平成25年)4月10日 - 阪急リート投資法人(現阪急阪神リート投資法人):102億円で取得

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 阪急阪神リート投資法人 阪急電鉄本社ビル
  2. ^ 国内不動産信託受益権の取得に関するお知らせ2013/3/29 阪急阪神リート投資法人
  3. ^ 資産の取得に関するお知らせ 2008/5/13 阪急リート投資法人
  4. ^ 国内不動産信託受益権の譲渡(合意書締結)に関するお知らせ 2009/10/27 阪急リート投資法人
  5. ^ 大阪まちなみ賞 過去作品集
  6. ^ DBJ Green Building 認証の取得に関するお知らせ2019年11月29日 阪急阪神リート投資法人

関連項目[編集]