阪急電鉄正雀工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
正雀車庫

阪急電鉄正雀工場(はんきゅうでんてつしょうじゃくこうじょう)は、大阪府摂津市にある阪急電鉄(阪急)の車両工場。京都線正雀駅と正雀車庫に隣接している。

概要[編集]

1968年、西宮工場と旧正雀工場を統合して開設された[1]。建設当時は民鉄界で東洋一とも呼ばれた工場であった[2]。阪急と能勢電車の全車両が対象。


工場内では全般検査重要部検査を中心に、新車両の搬入、改良工事や更新工事を行っている[2]。定期検査で入場した車両は、台車を外して35tクレーンで移動される[1]。このクレーンは100形(P-6)の車体重量を意識した設計である[3]

2004年には、アルナ車両の工場が阪急正雀工場内に移転した[4]

保存車[編集]

新京阪デロ10

以下の車両が保存されている。

  • 1形(1号) - 鋼体化改造後の仕様[5]
  • 10形(10号) - 30号を10号に復元[6]
  • 100形(116号) - 1972年廃車後保存[7]、1997年に動態復元[8]
  • 600形(602号) - 2010年に川崎重工業より譲受[9]
  • 900形(900号) - 1978年廃車後保管[7]、2000年に動態復元[8]
  • 2300系(2301号+2352号) - 2016年2月廃車、保存整備[10]

公開イベント[編集]

正雀工場内での阪急レールウェイフェスティバルの様子

年2回、春と秋に工場公開イベントとして「阪急レールウェイフェスティバル」が開催されている。公開イベントは正雀工場25周年を記念して1994年に開催された「工場見学会」が始まりで、1997年に「阪急レールウェイフェスティバル」に改称し、年齢層の幅を広げたイベントとなった[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『私鉄の車両5 阪急電鉄』136頁
  2. ^ a b 『日本の私鉄 阪急』1997年、129頁。
  3. ^ 吉岡照雄『RM LIBRARY 110 阪急P-6 -つばめを抜いた韋駄天-』、ネコ・パブリッシング、2008年、11頁。
  4. ^ アルナ車両株式会社 鉄道車両工業 480号、2016年10月、54頁。
  5. ^ 山口益生『阪急電車』42-43頁。
  6. ^ 山口益生『阪急電車』72頁。
  7. ^ a b 『日本の私鉄 阪急』1997年、132-133頁。
  8. ^ a b P-6(116号車)・900形車両 をリフレッシュ 阪急未来線、阪急電鉄、2019年4月3日閲覧。
  9. ^ 阪急600系を川崎重工より譲り受けました 阪急電鉄、2010年12月27日。
  10. ^ 高間恒雄「阪急電鉄の車両動向2017」『鉄道ファン』2017年8月号、80頁。
  11. ^ ゆめ・まち隊の突撃レポート!(阪急電鉄 「阪急レールウェイフェスティバル」) 阪急阪神ホールディングス、2019年4月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 阪急電鉄・諸河久『カラーブックス 日本の私鉄 阪急』保育社、1998年。
  • 飯島巌『復刻版・私鉄の車両5 阪急電鉄』ネコ・パブリッシング、2002年。
  • 山口益生『阪急電車』JTBパブリッシング、2012年。

関連項目[編集]

座標: 北緯34度46分41.2秒 東経135度32分42.3秒 / 北緯34.778111度 東経135.545083度 / 34.778111; 135.545083