阪急200形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阪急200形電車(はんきゅう200がたでんしゃ)は、阪急京都線の前身である新京阪線用として京阪電気鉄道1937年に導入した流線形電車である。戦後に継承した阪急では唯一の流線形車両となった[1]

導入の経緯[編集]

1936年4月6日千里山駅構内で10形(P-5)の25・55の2両が火災により焼失した[2]。この代替として新造されたのが200形で、1937年2月に電動車(Mc)の201と制御車(Tc)の601の計2両が田中車輛で製造された[2]。編成はMc-Tcの2両固定編成である[3]。新京阪線ではP-6(デイ100形)以来の新造車となった[2]

仕様[編集]

P-5の台車・機器の流用のため、車体長は14,000mm[2]と短いが、車体幅は車両限界一杯の2,870mm(最大幅2,896mm)を採用しており、新京阪線としては最大である[2]。前面は当時流行していた流線形の正面3枚窓で[1]、窓上には通風孔が設けられていた[4]。塗色は上半分をクリーム色、下半分をコバルトブルーで塗り分け、上下の境目には白いラインが入り[1]京阪線系統の1000型に準じていた[2]

客室は床に市松模様を施し[1]、座席のロングシートソファーのように低く柔らかいもので[3][2]、日よけは当時では珍しいベネシャンブラインドを採用[1]、室内灯はシャンデリア風となるなど、斬新なデザインで異彩を放っていた[2]

台車は201がブリル27MCB-1、601がM-12を装着した[3]。電装品は東洋電機製造製で、主電動機の出力は93kW(120HP)×4[2]、制御器は電動カム軸式自動加速制御器、ブレーキは非常直通ブレーキ(SME)であった。

沿革[編集]

戦時中1943年に京阪電気鉄道が阪神急行電鉄(阪急)と合併、戦後の1949年の京阪・阪急再分割に際して旧新京阪線系統は阪急側に移管され、200形は阪急の所属となった。

1951年、201の台車は汽車製造製防振試作台車のウイングばね式KS-1-Aに変更し、後にオイルダンパーが設置された[3]

1956年、601は神宝線600系との番号重複のため251に改番[4]、字体も阪神急行の様式となっている[2]。前面窓上の通風孔は埋められ、屋根上に通風器が設置された[2]。塗装も阪急標準のマルーン色となり、車内も他車と代わり映えしない仕様に改造されている[3]

千里線で長年運用されていたが、後年には嵐山線に移動した[1]1970年3月1日に嵐山線にてさよなら運転を行い[5]、同年3月3日に廃車となった[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『阪急電車のすべて 2010』36頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 山口益生『阪急電車』83頁。
  3. ^ a b c d e f 飯島巌『復刻版 私鉄の車両5 阪急電鉄』ネコ・パブリッシング、2002年(原著1985年、保育社)。113頁。
  4. ^ a b 『阪急電車のすべて 2010』37頁。
  5. ^ 鉄道ファン 1970年5月号 115頁

参考文献[編集]

  • 山口益生『阪急電車』JTBパブリッシング、2012年。
  • 阪急電鉄『HANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて 2010』阪急コミュニケーションズ、2010年。