阪本三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
阪本三郎

阪本 三郎(さかもと さぶろう、1867年11月11日(慶応3年10月16日[1] - 1931年昭和6年)4月14日[2])は、日本の検察官裁判官内務官僚教育者憲政会系官選県知事、早稲田専門学校長。「坂本」と表記される場合がある。樋口一葉の婚約者(旧姓・渋谷)であったことで知られる。

経歴[編集]

武蔵国南多摩郡(後の町田村、現町田市)出身。渋谷徳治郎の二男として生まれ、1892年8月、阪本タカの養子となる。祖父・真下専之丞(晩菘)の融貫塾、近在の小島韶斎塾、耕余塾で学ぶ。1888年7月、東京専門学校法学部を卒業。1890年12月、文官高等試験に合格[1][3]1891年1月22日、司法官試補に任じられ新潟地方裁判所詰となる[4]

以後、三条区裁判所検事、新潟地裁検事、相川区裁判事、新発田区裁判事、新潟地裁判事、水戸地方裁判所判事、東京地方裁判所判事などを歴任[3]1900年8月、ドイツ帝国に留学し、1903年10月、ドクトル・ユーリスの学位を取得して帰国した[1]

帰国後、東京控訴院判事、早稲田大学専門部教授兼理事、行政裁判所評定官兼法制局参事官などを歴任し、1913年6月に休職となる[1][3]

第2次大隈内閣が成立すると、早大関係者として1914年4月、秋田県知事に登用された。法律を駆使して「原案執行知事」と呼ばれた。また、秋田勧業私案、雄物川改修事業諮問案の県会での可決に尽力[5]1916年4月、山梨県知事に転任。同年10月、大隈内閣の退陣により知事を辞任し退官した[3]

その後、母校に復帰し、早稲田専門学校長、早稲田大学維持員、同大出版部監査役のほか、東北興業 (株) 社長、神中鉄道 (株) 監査役なども務めた[6]

樋口一葉との関係[編集]

三郎の祖父・晩菘は甲斐国山梨郡中萩原村(山梨県甲州市塩山)の出身で、幕末には蕃書調所勤番となっていた。晩菘は同郷の樋口八左衛門と知縁で、八左衛門の子で樋口一葉の父である大吉(則義)が上京した際には援助し、蕃書調所の使用人としている。こうした縁から三郎と一葉は許婚の間柄にあり、三郎は樋口家に出入りし、一葉は民権家である三郎の影響を受け書簡で男女同権についても記している。三郎と一葉の縁談は、則義の死後に破談となった[7]

著訳書[編集]

  • 『大日本商法破産法義解』精華堂、1893年。
  • 講述『親族法』早稻田大學廿七回法律科講義録、早稻田大學出版部、1900年。
  • 『鉱業法釈義』丸善、1914年。
  • 『晩菘余影』阪本三郎、1914年。※祖父・真下専之丞の伝記。
訳書

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『人事興信録』第4版、さ57頁。
  2. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』552頁。
  3. ^ a b c d 『新編日本の歴代知事』499頁。
  4. ^ 『官報』第2269号、明治24年1月24日。
  5. ^ a b 『新編日本の歴代知事』172頁。
  6. ^ 『人事興信録』第8版、サ98頁。
  7. ^ 『樋口一葉と甲州』山梨県立文学館、2009年。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。