阪神タイガース (ファーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
阪神タイガース
会社名 株式会社阪神タイガース
創設 1950年(一軍は1935年
今シーズン
現在進行のスポーツイベント 2021年の阪神タイガース
所属リーグ

歴代チーム名

本拠地
阪神鳴尾浜球場
球団組織
オーナー 藤原崇起阪神電気鉄道代表取締役会長
運営母体 阪神電気鉄道
阪急阪神ホールディングスの子会社)
監督 平田勝男

阪神タイガースHanshin Tigers)のファームは、日本プロ野球球団・阪神タイガースの下部組織として設置されているファームチームである。ウエスタン・リーグの球団のひとつ。

運営法人は一軍と同様、株式会社阪神タイガース(HANSHIN Tigers Co., Ltd.)。

歴史[編集]

2リーグ分裂に際し毎日オリオンズによる大量の選手引き抜きに遭ったことを直接の契機として、選手の育成を諮る目的で1950年に創設された。同年夏、巨人松竹の二軍と共に北海道巡業を実施。11月24日、10チームが参加した「日本マイナーチームトーナメント大会」の決勝戦において南海ホークス二軍に敗れ準優勝に終わる[1]

その後は主に一軍の前座試合を行っていたが、1952年に結成された関西ファーム・リーグへ参加。1954年、関西ファーム・リーグを脱退しセ・リーグ加盟球団の二軍により構成される新日本リーグに参加する。この際、各球団とも一軍とは別の球団名と本拠地を設定することになり阪神ジャガーズHANSHIN Jaguars)に改称、神戸市民運動場野球場を本拠地とした。この時点では一軍の名称は依然として大阪タイガースであったため、一軍(1961年に改称)より7年早く「阪神」を正式名称に含めたことになるが、その理由についてはジャガーズが本拠とした神戸市が大阪都市圏の範疇に含まれないことに配慮したからではないか、とされている。

新日本リーグの1954年後期シーズンで優勝し、2戦先取制の優勝決定戦で前期優勝の読売ジュニアジャイアンツと対戦、2勝1敗で優勝する。翌1955年、関西ファーム・リーグを母体として新たに結成されたウエスタン・リーグに参加。1957年には一軍より4年先駆けて阪神タイガースを正式名称とした。その後、1979年には阪神国道線の廃止(1975年)を受けて尼崎市の同・浜田車庫跡地に建設した阪神浜田球場に本拠地を移転、1995年からは浜田球場の老朽化に伴って当時としては最新鋭の施設を整えた阪神鳴尾浜球場を本拠地として活動。

2010年から2012年には「育成担当コーチ」が3〜4名に増員された他、「育成チーム」による強化試合(社会人野球独立リーグ、および3・8月限定の大学野球との交流戦)が組まれていた。2013年以降、育成選手との契約解除やドラフト方針の転換による育成選手の減少を背景に「育成担当コーチ」及び「育成チーム」は事実上廃止されたが、2016年より再び「育成コーチ」を新設。2021年現在も公式に「三軍」と呼ばれる組織はないが、若干名の「育成コーチ」が在籍し、育成選手・研修生(事実上の練習生)への指導や故障で戦線を離脱している選手のリハビリやトレーニングを担当している。2016年から2017年まで二軍監督を務めていた掛布雅之は、三軍の創設に意欲を見せる発言をしていた。

また、掛布の二軍監督就任を背景として鳴尾浜球場の収容定員(約500人)を超える観客動員を記録する試合が増加。老朽化に加え敷地スペースの関係で施設の増築が難しく、現状では手狭になる恐れがあるとして本拠地移転を計画[2]神戸総合運動公園野球場などが候補地に挙がり「タイガースタウン」や三軍の創設なども報じられる中[2][3][4][5][6]、最終的には2025年を目処として尼崎市小田南公園へ移転することを決定した[7][8]

沿革[編集]

  • 1950年 - 結成、11月開催のプロ野球二軍選手権で準優勝
  • 1952年 - 関西ファーム・リーグに参加
  • 1954年 - 関西ファーム・リーグを脱退し、新日本リーグに参加。阪神ジャガーズへ改称し、神戸市を本拠とする
  • 1955年 - ウエスタン・リーグに参加
  • 1957年 - 阪神タイガースに改称(一軍の改称は1961年)
  • 1979年3月30日 - 浜田球場完成し、同球場を本拠地とする
  • 1994年10月7日 - 新しい本拠地・練習場となる鳴尾浜球場完成
  • 1995年 - 鳴尾浜球場を新本拠地として本格的に使用開始

監督・コーチ[編集]

歴代監督[編集]

※1 1995年7月24日、藤田平の一軍監督代行就任に伴い、シーズン終了まで野田征稔が代行
※2 2006年4月26日から胃潰瘍により長期入院、シーズン中は立石充男が代行

育成チーフコーチ[編集]

※実質的な三軍チームを統括する人物(三軍監督に同じ)

本拠地[編集]

歴代本拠地[編集]

阪神鳴尾浜球場(2008年)

全て兵庫県内。

ファーム日本選手権成績[編集]

年度 勝利チーム スコア 敗戦チーム
1998年 ヤクルトスワローズ 4 - 1 阪神タイガース
1999年 阪神タイガース 7 - 3 日本ハムファイターズ
2001年 西武ライオンズ 5 - 0 阪神タイガース
2002年 阪神タイガース 16 - 3 西武ライオンズ
2003年 阪神タイガース 3 - 0 日本ハムファイターズ
2005年 千葉ロッテマリーンズ 7 - 5 阪神タイガース
2006年 阪神タイガース 6 - 0 千葉ロッテマリーンズ
2010年 千葉ロッテマリーンズ 6 - 5 阪神タイガース
2018年 阪神タイガース 8 - 4 読売ジャイアンツ

脚注[編集]

  1. ^ 南海ホークス刊「南海ホークス四十年史」130ページ
  2. ^ a b 阪神、鳴尾浜に代わる新球場建設へ(2016年5月31日 デイリースポーツ 12月25日閲覧)
  3. ^ 阪神に2軍本拠地移転プラン 神戸第2など候補(日刊スポーツ2016年6月22日 7月31日閲覧)
  4. ^ 早ければ2017年シーズンから掛布阪神が、ほっともっとフィールドへ移転(サンケイスポーツ2016年6月5日 7月31日閲覧)
  5. ^ “【阪神】2軍の本拠地を鳴尾浜から尼崎に移転検討 2025年の完成を目指す”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年10月2日). https://hochi.news/articles/20201002-OHT1T50171.html 2020年10月2日閲覧。 
  6. ^ “新・虎の穴計画!阪神2軍本拠地に尼崎・大物が候補、手狭な鳴尾浜から移転”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2019年10月2日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20191002/tig19100205050011-n1.html 
  7. ^ 阪神2軍新施設2025年2月に供用開始 小田南公園誘致、尼崎市と基本合意へ”. デイリースポーツ (2021年5月14日). 2021年5月14日閲覧。
  8. ^ 阪神2軍本拠地、尼崎移転へ 球場整備などで市と協定”. 朝日新聞 (2021年5月21日). 2021年5月22日閲覧。