阪神201・202形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
202形202
201形201
202(機器・台車換装、塗装変更前)

阪神201・202形電車(はんしん201・202がたでんしゃ)は、阪神電気鉄道が所有する鉄道車両で、旧性能の小型車を改造した事業用電動貨車である151形各形式が老朽化したことに伴い、新造の車体と廃車となった初期の高性能車の電装品を組み合わせて製造された事業用電動貨車である。

このグループは装備品や形態の違いによって形式が分かれるほか、同時期に製造された救援車110形も存在する。本項では201・202形のほか、110形も併せて紹介する。

概要[編集]

151形各形式は、1121,1141形を種車に改造された吊掛駆動車であったが、1980年代半ば近くなると経年による老朽化が進行し、保守や部品確保が困難になっていた。これら旧型事業用電動貨車の置き換えを目的に、1986年(昭和61年)に無蓋電動貨車の201形・202形を新造、1987年(昭和62年)には救援車の110形を新造した。

201形・202形[編集]

151・154を代替する無蓋式の電動貨車として、1986年に201・202の2両が武庫川車両工業で製造された[1]。車体長は17.8m、車体幅は2.74mとなり、荷台の最大積載荷重は15tである[1]

201の大阪側と202の神戸側に全室運転台と作業員用の座席を設け、それぞれ反対側の運転台は半室のボックス型となっている[1][2]パンタグラフは全室運転台側に新品の下枠交差式のものを搭載した[1]。202の荷台には2t電動ホイストを装備しており[1]、大阪側、神戸側に1台ずつ設置している[3]

尾灯は全室運転台側は腰部に、半室運転台側は台枠部分に2つ取り付けられているほか、ヘッドライトは双方の運転台ともシールドビーム2灯である。荷台側面には大型資材積載時の落下防止に備えて側板設置用のステーが設けられており、使用時は側板がはめ込まれる[4]

台車は3301形の廃車発生品で、1986年4月に廃車となった3302・3303より流用の住友金属工業製FS-206を装着した[1]。駆動方式は直角カルダン駆動で、主電動機は1時間定格出力60kWの東芝製SE-516を搭載、制御器は3521形用と同系のABFM-64-15-MA改を装備し、ブレーキ装置はHSCである[1]

補助機器は電動発電機(MG)はMG-207-Sを、空気圧縮機(CP)はM-20-Dを搭載、連結器は阪神標準のバンドン式密着連結器であるが、その上に工事車両牽引用の簡易連結器の受けが取り付けられた。

110形[編集]

110

153の代替として、1987年に武庫川車両工業で製造された救援車である[5]155形までは自走可能な電動車であったが、110形は制御貨車として製造された。出動時は電動車と連結して現場に向かう[5][6]

車体長は17.7m、車体幅は2.74mで、切妻3枚窓の前面に201・202の全室運転台部分同様中央部にシールドビーム2灯の前照灯と腰部に尾灯を取り付けている。前面中央部に貫通扉を設け、側面には片側2カ所に2m幅の機材搬出入用引戸を設けたほか、固定窓を片側2箇所に設けた[5]。車内には155同様荷物棚を置くなどして救援資材を積み込んでいるほか、車内にホイストを取り付けている。屋根はグローブ型ベンチレーターが2つ搭載されている。

塗装は新造時よりジェットカーのウルトラマリンブルーがベースとなり、妻面には赤胴車のバーミリオンの帯が配された[5][6]。台車FS-206を電装解除したFS-206Tで、ブレーキ装置はHSC、連結器はバンドン式密着連結器である。

なお、110という車号は、初代の有蓋電動貨車である101形から数えると4代目になる[7]

変遷[編集]

201・202は各駅への資材搬入(エスカレーター・エレベーター等の機材など)、枕木等の資材の運搬、レール運搬車の牽引に使用されている。日中は尼崎車庫の21番線に留置されており[6]、運搬作業は夜間に行われる[3]。2017年4月1日現在、2両とも在籍している[8]。通常は全室運転台側が先頭に出るよう組成されているが、作業内容次第でボックス型側が先頭に出る場合もある[6]。万が一の故障に備え、1両で対応可能な作業でも常時2両で運用されている[6]

201・202の台車と電装品は、直角カルダン駆動方式の車両の減少と部品共通化のため、1990年(平成2年)に3521形の3000系への改造に伴う発生品に換装、モーターは東洋電機製造製で1時間定格出力60kWのTDK-818-Aとなり、台車は付随車用FS-341Tを電装して換装した[4]。同時に塗色も当初の赤茶色からジェットカーと同じウルトラマリンブルーに変更されている[4]

110は尼崎車庫に常駐しており、車庫の22番線に留置される[9]。後年になりFS341台車に換装された[9]。検査出場時等の試運転で日中の西大阪線を走ることもあったが、阪神なんば線の開業後は営業列車の増発で試運転列車の設定が困難となり[9]、以後は尼崎車庫内の構内試運転に変更された[9]。2017年4月1日時点では在籍していた[8]が、2017年12月1日付で廃車となり、解体された[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 飯島巌・小林庄三・井上広和『復刻版 私鉄の車両21 阪神電気鉄道』ネコ・パブリッシング、2002年(原著1986年、保育社)。76頁。
  2. ^ 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。276頁。
  3. ^ a b 塩田勝三・諸河久『日本の私鉄5 阪神』保育社、1989年。85頁。
  4. ^ a b c 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。277頁。
  5. ^ a b c d 塩田勝三・諸河久『日本の私鉄5 阪神』保育社、1989年。88頁。
  6. ^ a b c d e 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。278頁。
  7. ^ 2代目以降の110号はいずれも救援車である
  8. ^ a b 鉄道ファン』2017年8月号 交友社 「大手私鉄車両ファイル2017 車両配置表」
  9. ^ a b c d 木下和弘「阪神電気鉄道 現有車両プロフィール2017」『鉄道ピクトリアル』2017年12月臨時増刊号、電気車研究会。279頁。
  10. ^ 『私鉄車両のうごき(2017年10月1日~12月31日)』鉄道ダイヤ情報、2018年4月号、111頁。

参考文献[編集]

  • 鉄道ピクトリアル』1997年7月臨時増刊号 No.640 特集:阪神電気鉄道
  • 『サイドビュー阪神』 1996年 レイルロード
  • 『車両発達史シリーズ 7 阪神電気鉄道』 2002年 関西鉄道研究会