阪神3000系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阪神3000系電車
阪神電気鉄道3101.JPG
3101 1985年 今津駅付近(地上駅時代)
基本情報
運用者 阪神電気鉄道
製造所 川崎車輛汽車製造武庫川車両工業
種車 7801・7901形1次車
3521形
製造年 1963年 - 1969年
改造年 1983年 - 1989年
改造数 36両
引退 2003年
主要諸元
編成 3両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 110 km/h
車両定員 先頭車140名 中間車150名
自重 36.5 t (制御電動車)
35.0 t (中間電動車)
30.5 t (制御車)
全長 18,880 mm
全幅 2,800 mm
全高 4,106 - 4,163 mm (先頭車)
4,065 mm (中間車)
台車 FS341・341T
主電動機 東洋電機製造製TDK-8175-A
主電動機出力 110 kW × 4基
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式
制御方式 界磁チョッパ制御
制動装置 HSC-R回生併用電磁直通ブレーキ
抑速ブレーキ
テンプレートを表示

阪神3000系電車(はんしん3000けいでんしゃ)は、阪神電気鉄道が保有・運用した優等列車用の電車である。7801・7901形1次車のうち、冷房改造時に大容量の110kVAのMGを搭載して3521形と組んだ3両×12本36両を、1983年から1989年にかけて界磁チョッパ制御車に改造した系列である。

それまで阪神の車両は、どの車形でも連結して運行ができるようになっていたため、「系」という概念を持たず「形」のみで示していたが、本系列は同一系列だけでの編成を前提にしたことから、阪神で初めて「系」の呼称が付くようになった。以後、阪神の新形式車は1986年3801・3901形を改造して登場した8701形・8801形・8901形・7890形を除いて「系」で呼ばれている。

初の界磁チョッパ制御車[編集]

阪神では1970年に日本初の営業用電機子チョッパ制御車両である7001・7101形を新造し、翌1971年には3601・3701形を電機子チョッパ制御に改造したが、保守性向上に主眼が置かれ、回生ブレーキは省略されていた。続いて1974年に登場した3801形では抑速ブレーキつきの電気制動が搭載されたため、再び抵抗制御車に戻った。

1973年1979年の2度のオイルショックによって省エネルギーの機運が高まり、阪神では駅間距離が短く加減速の頻度が高い普通系車両では回生ブレーキつき電機子チョッパ制御を採用したが、急行系車両では加減速が少なく電機子チョッパ制御では省エネ効果が不十分なため[1]、高速域からの回生ブレーキが容易な界磁チョッパ制御を採用することとなった。

3521形の12両は、7801-7901から7912-7812までの2両×12ユニットとの半固定3両編成となっていたが、冷房改造の際に7901形に搭載した大容量の110kVAのMGから給電を受ける形を取り、3両固定編成となっていた[2]。この編成を界磁チョッパ制御車に改造することとなり、1983年に新形式の3000系が登場した。

改造の概要[編集]

1983年9月に3101Fと3102Fの2本が竣功し、1年に1 - 2編成のペースで改造が行われ、1989年7月に登場した3111Fが登場して全編成の改造が完了した。

編成構成[編集]

編成は梅田方から3101 (Mc) - 3001 (M') - 3201 (Tc) で[2]、種車のMc-T-Mc編成とは異なり、中間車を電装改造して神戸方先頭車の電装を解除することでMM'ユニットを組むこととなり、制御装置の改造に併せて回生ブレーキも搭載し性能の向上・省電力化を図った[3][4]

編成中の7901形全車に電装改造を実施して中間電動車の3001形としたが、3101形と3201形については、大阪方の7801形、3521形の奇数車とも制御電動車の3101形とし、神戸方の3521形・7801形偶数車の電装を解除して制御車3201形とした。3101形と3201形の連結寄りに種車同様パンタグラフを各1基装備した。回生ブレーキ作動時の離線対策のため、Tc車の3201形にもパンタグラフが存置された[2]。また、編成中間のバンドン型密着連結器は棒連結器に換装されている。

外観・内装[編集]

外観については大きな変化はなく、3521形後期車から改造された車両[5]の外観は種車同様前面雨樋が埋め込まれているほか、車体断面や冷房装置取り付け高さも7801形および3521形前期車から改造された車両と異なっている。

内装は荷物棚が網棚からパイプ製のものに交換されたほか、化粧板も当時の阪神車両の標準であった緑系の格子柄のものに更新された。3107F以降6編成の内装は、8000系と同じベージュ系の化粧板に更新された[3]。3111Fと3112Fは化粧板を客室のみベージュ系に更新し、乗務員室は従来の緑系のまま存置された。

主要機器[編集]

主電動機は、東洋電機製造製の直流複巻整流子電動機であるTDK-8175-A(1時間定格出力110kW)に換装した。制動装置は回生ブレーキ併用のHSC-Rに換装され、制御装置は三菱電機製の界磁チョッパ制御装置であるFCM-118-15MRHを3101形に装備した。

補助電源装置は7901形が搭載していた110kVAのCLG-350-Mを、改造後も3001形に継続して装備し、空気圧縮機は7901形から流用したDH25-DまたはM-20-Dを3201形に2基搭載したが、3207以降はC-2000-Mに換装された。

台車は種車の住友金属工業FS-341およびFS-341Tを流用、3001形は3201形になる7801形・3521形にFS-341Tを譲り、自車は逆にFS-341に換装した。

改番対照表[編集]

7801形1次車および3521形から3000系への改番は下表の通り。3011と3012は2代目で、3011形とは無関係。

3000系新旧車両番号対照表
新/旧
梅田
元町
備考
新形式
(旧形式)
Mc3101
(Mc7801)
M'3001
(T7901)
Tc3201
(Mc3521)
Mc3101
(Mc3521)
M'3001
(T7901)
Tc3201
(Mc7801)
新番号
(旧番号)
3101
(7801)
3001
(7901)
3201
(3522)
3102
(3521)
3002
(7902)
3202
(7802)
3103
(7809)
3003
(7909)
3203
(3530)
3104
(3527)
3004
(7908)
3204
(7808)
3105
(7803)
3005
(7903)
3205
(3524)
3106
(3531)
3006
(7912)
3206
(7812)
3107
(7805)
3007
(7905)
3207
(3526)
3108
(3523)
3008
(7904)
3208
(7804)
3109
(7807)
3009
(7907)
3209
(3528)
3110
(3525)
3010
(7906)
3210
(7806)
3111
(7811)
3011
(7911)
3211
(3532)
3112
(3529)
3012
(7910)
3212
(7810)

変遷[編集]

登場後は急行系運用に幅広く投入された。多くの優等列車運用では本系列3両×2本で6両編成を組んで運用されていたが、当時は急行・準急運用の一部に5両編成が残っていたため、本系列に3501形2両や7801形・7861形2両を併結して5両編成を組成して運行されることもあった。7801形や7861形と併結されたときは、本系列の回生ブレーキは作動するが、抑速ノッチは作用しなかった。また、1986年から1993年にかけては7801形と7861形で3両ユニットを組んだ編成とも6両編成を組んで運用されていた。

その後、本線の急行系運用が6両編成化され、7801形と7861形で3両ユニットを組んだ編成が廃車されると、以後は本系列の連番2本を連結した6両編成で運用され、実質固定編成化された。このとき中間に入った3101形および3201形は、幌を先頭車用のものから中間車用の1枚幌に換装されたほか、3102F+3101Fの編成以外は大阪方に奇数番号の編成+神戸方偶数番号の編成で6両編成を組成したことから、3102・3201の2両を除いて旧3521形改造の先頭車はすべて中間に入り、それまで先頭に立つ機会もあった旧3521形後期車改造の車両も営業運転時に先頭車として運用されることはなくなった。この他、時期は不明であるが3201 - 3206に搭載の空気圧縮機を3207以降と同じC-2000-Mに換装している。

阪神・淡路大震災[編集]

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、3000系からも2編成[6]が被災した。被災編成とその後の経過については以下の通り。

  • 3103F+3104F
    石屋川車庫12番線において留置中に被災、脱線。大阪市西淀川区に設けられた仮設の車両置き場搬出後、尼崎車庫に搬送の上修繕、3103Fが6月14日に、3104Fが6月26日に復旧した。
  • 3109F+3110F
    石屋川車庫6番線において留置中に被災、脱線。仮設の車両置き場搬出後、3月31日付で廃車。

廃車[編集]

震災後も急行系車両の主力として運用されていたが、以降は経年による老朽化が目立つようになってきた。1998年2月の直通特急運転開始に伴うダイヤ改正によってダイヤパターンが従来の12分ヘッドから10分ヘッドに変更され、データイムの快速急行西宮折り返しの急行に変更されたことに伴って急行系車両の運用が減少したことから、3102F+3101Fおよび3103F+3104Fが2月16日付で5500系5505F・5507F・5509Fに置き換えられて廃車された。

2001年以降9300系の新造に伴って再び廃車が始まり、3105F+3106Fが9501Fに代替されて同年3月31日付で廃車され、3107F+3108Fが9503Fの代替新造に伴って2002年3月31日付で廃車、最後に残った3111F+3112Fも9505Fの登場により2003年3月14日の運用を最後に営業運行を終了、直後の3月16日付で廃車され、本系列は全車廃車となった。

脚注[編集]

  1. ^ 塩田・諸河『日本の私鉄5 阪神』104頁。
  2. ^ a b c 塩田・諸河『日本の私鉄5 阪神』64頁。
  3. ^ a b 塩田・諸河『日本の私鉄5 阪神』65頁。
  4. ^ 飯島・小林・井上『私鉄の車両21 阪神電気鉄道』56頁。
  5. ^ 3104・3106・3112・3203・3209・3211の6両。
  6. ^ 3両単位では4編成になる。

参考文献[編集]

  • 飯島巌・小林庄三・井上広和『復刻版 私鉄の車両21 阪神電気鉄道』ネコ・パブリッシング、2002年(原著1986年、保育社)。
  • 塩田勝三・諸河久『カラーブックス 日本の私鉄5 阪神』1989年、保育社。