防衛兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

防衛兵(ぼうえいへい、朝鮮語:방위병)は、1969年から1995年まで存在した韓国徴兵制度

歴史[編集]

  • 1969年4月 - 内務部(行政安全部)、防衛兵制度と防衛召集制度を施行。
  • 1971年7月 - 防衛兵に対する管理権を内務部で国防部で移管。
  • 1982年10月 - 防衛兵の服務期間を1年から1年2ヶ月で延長。
  • 1986年1月 - 防衛兵の服務期間を1年2ヶ月から1年6ヶ月で延長。
  • 1993年1月 - 一人息子限定服務期間の短縮制度を廃止。
  • 1995年1月 - 防衛兵制度と防衛召集制度を廃止、常勤豫備役・公益勤務要員制度を施行。

兵役の期間[編集]

防衛兵の服務期間は、1982年1986年に延長になった。

1992年までは、一人息子(二代続いた一人息子・父が先に死亡した状態の一人息子・父母の一人が60歳以上である一人息子)の兵役の期間は6ヶ月だった。

一般人 一人息子
(二代続いた一人息子・父が先に死亡した状態の一人息子・父母の一人が60歳以上である一人息子)
1969年1981年 1年 6ヶ月
1982年1985年 1年2ヶ月
1986年1992年 1年6ヶ月
1993年1994年 一人息子限定服務期間の短縮制度の廃止によって1年6箇月(1972年12月31日以前の出生者を除外)

関連項目[編集]

外部リンク・出典[編集]