防衛副大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 日本
防衛副大臣
State Minister of Defense
Go-shichi no kiri crest 2.svg
日本国政府桐紋
Standard of the Vice Minister of Defense of Japan.svg
防衛副大臣旗
現職者
中山泰秀(兼 内閣府副大臣

就任日 2020年令和2年)9月18日
行政府
種類副大臣
担当機関防衛省
任命内閣総理大臣
菅義偉
前身防衛庁副長官
初代就任木村隆秀
創設2007年平成19年)1月9日
ウェブサイト防衛省・自衛隊:大臣・副大臣・政務官

防衛副大臣(ぼうえいふくだいじん、英語: State Minister of Defense[1])は、日本防衛省を担当する副大臣。定数は1名。

2007年1月9日、防衛庁が防衛省に改組されたのにともない、防衛副大臣が新設された。なお、従前の防衛庁は内閣府外局とされていたが、大臣庁であったため、副大臣と同等の副長官が設置されていた。からへの昇格に併せ、防衛庁副長官は廃止された。

歴代副大臣[編集]

防衛副大臣
内閣 氏名 就任日 退任日 党派 備考
第1次安倍内閣 木村隆秀 2007年1月9日 2007年8月27日 自由民主党
  改造内閣 江渡聡徳 2007年8月29日 2007年9月26日
福田康夫内閣 2007年9月27日 2008年8月2日 再任
  改造内閣 北村誠吾 2008年8月5日 2008年9月24日
麻生内閣 2008年9月29日 2009年9月16日 再任
鳩山由紀夫内閣 榛葉賀津也 2009年9月18日 2010年6月8日 民主党
菅直人内閣 2010年6月9日 2010年9月17日 再任
  第1次改造内閣 安住淳 2010年9月21日 2011年1月14日
  第2次改造内閣 小川勝也 2011年1月18日 2011年9月2日
野田内閣 渡辺周 2011年9月5日 2012年10月1日
  第1次改造内閣 留任
  第2次改造内閣 留任
  第3次改造内閣 長島昭久 2012年10月2日 2012年12月26日
第2次安倍内閣 江渡聡徳 2012年12月27日 2013年9月30日 自由民主党
第2次安倍内閣 武田良太 2013年9月30日 2014年9月3日
  改造内閣 左藤章 2014年9月4日 2014年12月24日
第3次安倍内閣 2014年12月25日 2015年10月9日 留任
  第1次改造内閣 若宮健嗣 2015年10月9日 2017年8月7日
  第2次改造内閣 留任
  第3次改造内閣 山本朋広 2017年8月7日 2017年11月2日
第4次安倍内閣 2017年11月2日 2018年10月4日 留任
  改造内閣 原田憲治 2018年10月4日 2019年9月13日
  再改造内閣 山本朋広 2019年9月13日 2020年9月18日
菅義偉内閣 中山泰秀 2020年9月18日 現職
  • 副大臣は同一の職に複数名を任命することがあるため、通常は代数の表記は行わない。現時点まで防衛副大臣は定数1名で運用されているが、他の副大臣の慣例にあわせ、本表では代数の欄は設けない。
  • 辞令のある再任は就任日を記載し、辞令のない留任は就任日を記載しない。
  • 党派の欄は、就任時、または、内閣発足時の所属政党を記載した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ About Ministry Organization Chart 防衛省公式サイト