阿三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阿三(アサン)は、中国上海の旧共同租界地域で、中国人がシク教徒のインド人警察官に対して使った俗称。

概要[編集]

阿三は紅頭阿三(赤い頭のアサン)ともいう。当時上海の租界地域の治安を確保するため、欧米各国はインド人を警察官として雇用した。巡査はシク教徒でもあったので識別のために頭に赤いターバンを巻いていた。

中国人は、巡査たちが上司などとの応答でよく英語の「sir」(中国人にはアサンに聞こえた。また「阿」には日本語の敬称「~ちゃん」という意味もある)を使っていたので「紅頭阿三」・「阿三」と呼ぶようになった。

現在でも一部の中国人がインド人を指すときにこの言葉を使う。また華僑は阿三の替わりに阿叉を使うこともある。[要出典]

関連項目[編集]