阿久津浩三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

阿久津 浩三(あくつ こうぞう、1960年11月11日 - )は日本の陸上競技選手(長距離走)。栃木県那須町出身。

日立工業専修学校から日立製作所に進む。日立時代は目立った実績を残せなかった。限界を感じていたところに、知り合いの指導者から地元に戻ってくることを勧められ、病院職員として勤務しながらトレーニングを続けた。このトレーニングが功を奏して記録が向上した。

1985年アジア陸上競技選手権大会ジャカルタ)では5000mに14分22秒11のタイムで優勝。1987年日本陸上競技選手権大会10000mに優勝し、同年の世界陸上競技選手権大会ローマ)の代表となった(本番では20位)。1988年5月の東京国際陸上10000mでは27分46秒16の自己ベストで五輪標準記録を突破、ソウルオリンピックの代表に選ばれた。オリンピック本番では決勝に進出し、出場した日本人では最高の14位(28分09秒70)であった。1994年福岡国際マラソンでは2時間11分31秒の記録で6位に入賞している。

その後競技の第一線からは退いたが、地元の大田原マラソンの10kmロードなどに参加し、ランナーとしての活動を続けている。

マラソン全成績[編集]

  • 1,2時間41分08秒  70位 85東京国際
  • 2,2時間17分26秒  30位 86福岡国際
  • 3,2時間18分28秒  優勝 91大田原
  • 4,2時間15分40秒  15位 92東京国際
  • 5,途中棄権       93福岡国際
  • 6,2時間11分31秒  6位 94福岡国際(生涯自己記録)
  • 7,2時間25分49秒  46位 95ワールドカップ・アテネ大会
  • 8,2時間17分43秒  26位 96東京国際
  • 9,2時間54分05秒  64位 01ホノルル