阿久津邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阿久津 邦彦(あくつ くにひこ、1944年 - )は、日本漫画編集者。『週刊少年チャンピオン』三代目編集長。

来歴[編集]

埼玉県出身。早稲田大学に7年在学した後、1969年に秋田書店に入社。『まんが王』、『漫画HOT』を経て、『週刊少年チャンピオン』の編集者として活躍。壁村耐三編集長のもと「壁村組」の一番打者と呼ばれ、壁村の後を継いで1981年から1983年まで『週刊少年チャンピオン』の編集長を務めた。以降、『プレイコミック』『ファミコンチャンピオン』などを手掛けた[1]

編集者としては『がきデカ』(山上たつひこ)、『マカロニほうれん荘』(鴨川つばめ)、『恐怖新聞』(つのだじろう)、『ふたりと5人』(吾妻ひでお)などの大ヒット作を世に送り出した。当時の『週刊少年チャンピオン』編集者だった青木和夫は、曲者揃いの編集者の中でも阿久津は特に優れた天才編集者だったと語っている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 「つれづれインタビューまんがびと(6)」
  2. ^ 『ブラック・ジャック創作(秘)話 ~手塚治虫の仕事場から~ 第3巻』

関連事項[編集]