阿佐海岸鉄道ASA-300形気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高千穂鉄道TR-200形気動車 > 阿佐海岸鉄道ASA-300形気動車
阿佐海岸鉄道ASA-300形気動車
ASA-301 2010年5月海部駅にて 塗装変更後の姿
ASA-301
2010年5月海部駅にて
塗装変更後の姿
基本情報
運用者 阿佐海岸鉄道
製造所 新潟鐵工所[1]
種車 高千穂鉄道TR-201[2]
製造初年 1989年[1]
改造所 西日本テクノサービス[4]
導入年 2009年[3]
総数 1両[3]
運用開始 2009年8月30日[2]
主要諸元
軌間 1,067[5] mm
車両定員 100名
(座席52名)[6]
自重 26.2 t[6]
全長 16,300[5] mm
車体長 15,800[5] mm
全幅 2,998[5] mm
車体幅 2,700[5] mm
全高 3,890[5] mm
車体高 3,665[5] mm
床面高さ 1,220 mm[5]
車体 普通鋼
台車 枕ばね:上枕空気ばね
軸箱支持:軸ばね式
NP120D/T[6][7]
車輪径 762 mm[8]
固定軸距 1,800 mm[5]
台車中心間距離 10,800 mm[5]
機関 新潟鐵工所製DMF13HSディーゼルエンジン[6][8]
機関出力 183 kW (250 PS) / 1,900 rpm[6][8]
変速機 新潟コンバーター製液体式(TACN-22-1100) [6][8]
変速段 変速2段・直結1段[9][8]
歯車比 2.73[6]
制動装置 機関排気ブレーキ併用DE1A[5][6][10]
テンプレートを表示

阿佐海岸鉄道ASA-300形気動車 (あさかいがんてつどうASA-300がたきどうしゃ)は、1989年平成元年)に高千穂鉄道TR-201として製造され、2005年(平成17年)の同鉄道営業休止まで使用された[11][12]のち、2009年(平成21年)に阿佐海岸鉄道に譲渡された気動車である[2]

概要[編集]

ASA-300形の前身は、1989年(平成元年)4月に日本国有鉄道(国鉄)の特定地方交通線であった九州旅客鉄道高千穂線第三セクター高千穂鉄道に転換した際に準備した気動車7両のうちの1両で、観光用の内装をもっていたTR-200形TR-201である[8][2]新潟鐵工所製のNDCと呼ばれるレールバス型気動車の一種で、製造時期が近い松浦鉄道MR-100形くま川鉄道KT-100形・KT-200形とほぼ同型である[13][14]エンジンは、新潟鐵工所製DMF13HSディーゼルエンジンを183 kW(250 PS)に設定して採用した[5]。正面貫通式、両運転台、トイレなし[8]、TR-201は観光用途の仕様で、全席ボックスシートである[15]。2005年(平成17年)9月の台風による災害で高千穂鉄道全線が不通となり、復旧されることのないまま2008年(平成20年)12月までに全線が順次廃止され、TR-201も用途廃止となった[12]

高千穂鉄道の路線廃止後 、2008年6月30日に発生した脱線事故により保有車両2両のうち1両が廃車となり、その後予備車がない状態だった阿佐海岸鉄道に1両が無償譲渡され[2][4]、当初は高千穂鉄道時代のままの仕様で「高千穂復刻列車」として運用されたが、2010年(平成22年)3月に外部塗装が変更されている[2]

車体[編集]

阿佐海岸鉄道導入時の姿。当初は高千穂鉄道時代の塗装のまま運用された。

高千穂鉄道TR-200形は、新潟鐵工所の軽快気動車NDCの一種で、15.8 mの車体を採用した[14]。ほぼ同型で内装の異なるTR-100形5両と、TR-200形2両が高千穂鉄道開業時に準備された[5]。当時のNDCの標準的仕様[16]であり、製造時期が近い松浦鉄道MR-100形、くま川鉄道KT-100形・200形とほぼ同型である[13][14]。前面は貫通式、乗務員室は左側で、乗務員用扉は設けられていない[5]。折り戸の客用扉が片側2か所、運転室がない側は車端に、運転室がある側は運転室小窓の直後に設けられた[5]。扉間には上段固定、下段上昇の幅1,200 mmの窓7組が設けられた[5]。運転台室がない側の扉と、客用窓の間に360 mm幅の小窓がある[5]。全車トイレの装備はない[8]。高千穂鉄道時代の外部塗装はをベースとし、雲海と川をアレンジした暖色系等のピンク、赤、紫の帯が窓下に巻かれた[5]。阿佐海岸鉄道に譲渡後、2010年(平成22年)3月にをベースに徳島県の『すだちくん』と、ポンカンをあしらった、高知県東洋町の『ぽんかんくん』のデザインに変更された[2]

なお、海部寄り貫通扉下部に「みなでのらんけ(←みんなで乗ろう、の意)阿佐東線」と描かれた丸形の『すだちくん』仕様のヘッドマーク、甲浦寄り貫通扉下部に同じく『ぽんかんくん』仕様のヘッドマークを掲げている。

車内は全席クロスシートで、4人掛けボックスシート12組と、2人掛けシート2組が設けられた[17]ワンマン運転用の機器を備える[5]。客室内にはイベント対応としてビデオテレビレーザーディスクによるカラオケ装置が設置された[5]


走行装置[編集]

エンジンは、新潟鐵工所製DMF13HSディーゼルエンジンを1基搭載、定格出力183 kW(250 PS) / 1,900 rpmで使用された[8]。動力は新潟コンバーター製TACN-22-1100液体変速機を介して2軸駆動の台車に伝達される[5][6]。台車は上枕空気ばね、軸ばね式NP120D/Tが採用された[6][7]制動装置機関排気ブレーキ併用のDE1A自動空気ブレーキである[5][6][10]

空調装置[編集]

暖房装置はエンジン排熱を利用した温風式である。冷房装置は能力25.6 kW(22,000 kcal/h)のものが設置された[6]

車歴[編集]

ASA-300形車歴
高千穂形式 高千穂車両番号[18] 高千穂愛称[10] 製造[1] 高千穂廃車[19] 阿佐形式 阿佐車両番号[18] 阿佐入籍[3] 阿佐愛称[20] 廃車
TR-200 TR-201 かぐら 1989年4月 2008年12月 ASA-300 ASA-301 2009年8月 たかちほ -

運用[編集]

阿佐海岸鉄道では、ASA-2012008年(平成20年)6月30日に宍喰駅で発生した脱線事故[21]により同年11月18日付で廃車され、保有車両がASA-101の1両のみという、予備車がない状態となり[2]、ASA-101の検査時には四国旅客鉄道からキハ40形を借り入れて運用していた[22][23][24]

一方、高千穂鉄道TR-201は、同鉄道廃止後は高千穂駅に留置されていたが、阿佐海岸鉄道に無償譲渡されることになり[2]2009年(平成21年)2月に高千穂駅から搬出され、西日本テクノサービスで整備を受けた[4]。同年7月31日に阿佐海岸鉄道にむけて発送され[25]、8月10日から阿佐海岸鉄道ASA-301として運用を開始した[2]

「たかちほ」の愛称がつけられ、前述の通り当初は高千穂鉄道時代の塗装のまま使用されたが、2010年(平成22年)3月に白をベースに徳島県の『すだちくん』とポンカンのキャラクターをあしらった高知県東洋町の『ぽんかんくん』のデザインに変更された[2]阿佐海岸鉄道阿佐東線海部駅 - 甲浦駅間でASA-100形と共通で運用される[26]2009年(平成21年)12月からは、四国旅客鉄道牟岐線牟岐駅まで乗り入れていた[27]が、2019年3月16日ダイヤ改正により、乗り入れ運用が廃止となった。



出典[編集]

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 寺田 祐一『私鉄気動車30年』JTBパブリッシング、2006年。ISBN 4-533-06532-5。

雑誌記事[編集]

  • 『鉄道ピクトリアル』通巻534号「新車年鑑1990年版」(1990年10月・電気車研究会)
    • 藤井 信夫・大幡 哲海・岸上 明彦「各社別車両情勢」 pp. 180-197
    • 高千穂鉄道(株)鉄道部長 久保田 敏之「高千穂鉄道TR-100・200形」 pp. 241
    • 「民鉄車両諸元表」 pp. 284-287
    • 「1990年度車両動向」 pp. 287-302
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻658号「<特集> レールバス」(1998年9月・電気車研究会)
    • 「第三セクター・私鉄向け 軽快気動車の発達 新潟鉄工所 NDC」 pp. 32-35
    • 高嶋修一「第三セクター・私鉄向け軽快気動車の系譜」 pp. 42-55
  • 『レイルマガジン』通巻250号(2004年7月・ネコ・パブリッシング)
    • 寺田 祐一「私鉄・三セク気動車 141形式・585輌の今!」 pp. 4-50
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻795号「鉄道車両年鑑2007年版」(2007年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2006年度民鉄車両動向」 pp. 116-141
  • 鉄道ファン』通巻577号(2009年5月・交友社
    • 斎藤 幹雄「高千穂鉄道 車両搬出作業実施」 pp. 149-151
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻825号「鉄道車両年鑑2009年版」(2009年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2008年度民鉄車両動向」 pp. 108-134
  • 『鉄道ピクトリアル』通巻840号「鉄道車両年鑑2010年版」(2010年10月・電気車研究会)
    • 岸上 明彦「2009年度民鉄車両動向」 pp. 116-142
    • 「各社別新造・改造・廃車一覧」 pp. 212-225
  • 『私鉄車両編成表 2017』(2017年7月・交通新聞社
    • 「土佐くろしお鉄道」 pp. 182

Web資料[編集]