阿倍古美奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

阿倍 古美奈(あべ の こみな、生年不詳 - 延暦3年10月28日784年12月14日))は、奈良時代女官尚侍尚蔵。姓は安倍、名は子美奈古弥奈とも記される。中務大輔阿倍粳蟲の娘。内大臣藤原良継の室。桓武天皇皇后藤原乙牟漏の生母[1]朝臣官位従三位尚藏尚侍(贈正一位)。

生涯[編集]

宝亀6年(775年)8月、正五位上から従四位下となる[2]。その後、順調に昇進し、宝亀10年(779年)11月、正四位下[3]天応元年(781年)11月、正四位上[4]、続けて従三位を授けられている[5]。いつ尚侍と尚蔵に任官されたのかは不明であるが、天応元年3月に尚侍兼尚蔵・大野仲仟が、翌2年(782年)4月に尚侍・藤原百能が没しているので、その後任として任じられたと思われる。延暦3年(784年薨去した際の官位は、尚侍兼尚蔵・従三位。朝廷は左大弁皇后宮大夫佐伯今毛人散位当麻永嗣・松井浄山らを遣わして、喪事を監護させている[1]。その後、従一位追贈されたとあり[6]大同元年(806年)6月には、平城天皇の即位に際し、外祖母の故をもって、夫の藤原良継とともに正一位を贈られている[7]

官歴[編集]

六国史』による

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『続日本紀』延暦3年10月28日条
  2. ^ 『続日本紀』宝亀6年8月15日条
  3. ^ 『続日本紀』宝亀10年11月2日条
  4. ^ 『続日本紀』天応元年11月16日条
  5. ^ 『続日本紀』天応元年11月20日条
  6. ^ 『続日本紀』延暦9年閏3月28日条
  7. ^ 『日本後紀』大同元年6月9日条

参考文献[編集]