阿南工業高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
阿南工業高等専門学校
National Institute of Technology Anan College.jpg
略称 阿南高専
英称 National Institute of Technology, Anan College (NIT, Anan College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立工業高等専門学校
校訓 真理・創造・礼節
設立年 1963年
学科 創造技術工学科
専攻科 創造技術システム工学専攻
所在地 774-0017

北緯33度53分53.69秒 東経134度40分3.31秒 / 北緯33.8982472度 東経134.6675861度 / 33.8982472; 134.6675861座標: 北緯33度53分53.69秒 東経134度40分3.31秒 / 北緯33.8982472度 東経134.6675861度 / 33.8982472; 134.6675861
ウェブサイト https://www.anan-nct.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

阿南工業高等専門学校(あなんこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Anan College)は、徳島県阿南市見能林町にある日本の国立高等専門学校である。1963年に設置された。略称は阿南高専

沿革[編集]

[1]

  • 1963年 国立阿南工業高等専門学校として設立(機械工学科2学級、電気工学科1学級)する。
  • 1967年 土木工学科(1学級)を設置。
  • 1989年 機械工学科(2学級)を機械工学科(1学級)と制御情報工学科(1学級)に改組。
  • 1993年 土木工学科を建設システム工学科に改組。
  • 1996年 専攻科(構造設計工学専攻,電気・制御システム工学専攻)が設置。
  • 2002年 電気工学科を電気電子工学科に改称した。
  • 2004年 独立行政法人国立高等専門学校機構法により、独立行政法人国立高等専門学校機構が設置する高専となった。
  • 2004年 「創造技術システム工学」プログラムが日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けた。
  • 2014年 機械工学科・電気電子工学科・制御情報工学科・建設システム工学科を創造技術工学科に改組し、5コース制度を導入した。
  • 2019年 専攻科(構造設計工学専攻,電気・制御システム工学専攻)が創造技術システム工学専攻(機械システムコース・電気電子情報コース・建設システムコース・応用化学コース)に改組され、4コース制度を導入した。
  • 2020年 COVID-19のためオンライン授業実施。

学科[編集]

本科(準学士課程)[編集]

創造技術工学科[編集]

阿南高専では、2014年度より1学科5コース制を採用しており、1年次は混合学級で、コースの選択に向けた工学の基礎を学び、学生の希望や適正、学業成績に基づき、2年次にコース配属が行われる。コース配属の際、推薦選抜(各コースの定員の半分)で入学した学生は、学業成績にかかわらず推薦された専門コースに配属されること可能。なお、各コースには定員が設定されている。

  • 機械コース(M) : 定員36名
  • 電気コース(E) : 定員36名
  • 情報コース(I) : 定員38名
  • 建設コース(C) : 定員24名
  • 化学コース(Z) : 定員26名

専攻科(学士課程)[編集]

2019年度より、4コース制を採用している。

創造技術システム工学専攻[編集]

  • 機械システムコース(AM)
  • 電気電子情報コース(AE)
  • 建設システムコース(AC)
  • 応用化学コース(AZ)

出身者[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

出典[編集]

  1. ^ 沿革 – 阿南工業高等専門学校”. www.anan-nct.ac.jp. 2018年12月11日閲覧。

関連項目[編集]