阿妻諒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿妻 諒
生誕 (1980-05-09) 1980年5月9日(39歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル J-POP劇伴
職業 音楽家作曲家作詞家編曲家音楽プロデューサーエンジニア
担当楽器 ギター
ピアノ
ボーカル
コーラス
活動期間 2000年 -

阿妻 諒(あづま りょう、1980年5月9日)は、日本音楽家作曲家作詞家編曲家音楽プロデューサー大阪府出身。

略歴[編集]

歌手であった母親の影響で3歳から歌を習い、4歳からクラシックピアノを始める。12歳から独学でギターを始め、16歳の時に『Snorty Local Peaple』という3ピースパンクバンドで全国Sonyオーディションで最終選考まで残る。その後、18歳でジャズギタリスト竹田一彦に師事し、ジャズへ転向。関西圏を中心にジャズバーなどで演奏する。

20代半ばでMiami bassの創始者Zak.bと出会い、アメリカマイアミに本部を置くレーベルの制作チームにプロデューサーとして所属したのを皮切りに、その後数百曲を超える楽曲提供において全曲トラックメイクと作曲・編曲を担当していた(当時は会社勤めしながら制作に携わっていた)。海外のプロデュース方式なのかエンジニアリングまでこなし、現在もメジャー・インディーズ問わずミックスなども担当している。

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の韓流ユニット『Mr.Mr.』ではインディーズ時代から韓国語詩を日本語詩に変える際の仮歌ボーカリストとして、レコーディングディレクターとして参加しており、自身のスタジオ「DIRCH」では兼エンジニアも担当していた(これを機にその他ゲームや仮歌などボーカリストとして参加している)。全国ツアー中のライヴ映像にも出ており、その後ギタリストとして全国ツアーにも参加し、ライブアレンジなども担当している。メジャーシーンに移行してからは主に全国ツアー中のライブ音源制作やOvertureの制作などを担当した。

現在は映像音楽の作曲や編曲を主としながら、J-popやCM、企業ビデオプロモーションのBGMなどの制作を行なっている。また、インディーズアーティストなどの発掘や育成、マネージメントに力を入れており、アメリカのレーベルを辞めた後に出会ったアーティストRYINAをプロデュースしている。楽曲提供もしつつ、ボイストレーニングやギター・ピアノ、作曲法なども教え、育成に力を入れている。

本人は上京後、和声学を含む作曲、オーケストレーションによる編曲東京藝術大学石原真に師事するなど精力的な活動をしている。

作品[編集]

映像音楽[編集]

  菅井友香 個人PV BGM(作編曲)

  • HKT48 1stアルバム Type-C 特典映像

  森保まどか 主演 「サヨナラするのはつらいけど」 BGM(作編曲)

  • 「空からの花火」 第10回沖縄国際映画祭 受賞作品

 よしもとクリエイティブ・エージェンシー  BGM作編曲

CM[編集]

  • ハナマルキ - 「三角パックシリーズ」(作曲・編曲)
  • 株式会社チョキペタ(編曲)
  • ご長寿くらぶ(作曲・編曲)

楽曲提供[編集]

Call me Please!(作詞・作曲・編曲)

  • 明神りな
    • Goin' your way(作詞・作曲・編曲)
    • Best Friend(作詞・作曲・編曲)
    • It's so Love Me Do!(作詞・作曲・編曲)
    • X'mas Song(作詞・作曲・編曲)
  • RYINA
    • All night long(共:作詞・作曲・編曲)
    • ORANGE(共:作詞・作曲・編曲)
    • 茜色に染まる前に(作詞・作曲・編曲)
    • 君に贈るyell(作詞・作曲・編曲)
    • One Chence!(作詞・作曲・編曲)
    • そのままの君を(作詞・作曲・編曲)
    • 未来地図(作詞・編曲)
    • Special Day(作詞・編曲)
    • SAYONARA(作詞・作曲・編曲)
    • ☆Punch☆(作詞・作曲・編曲)
    • as you like(作詞・作曲・編曲)
    • キ・セ・キ(作詞・作曲・編曲)

その他[編集]

  • MR.MR.(よしもとアールアンドシー)
    • She is so beautiful (ピアノ編曲)
    • 全国Tour Live Overture (作編曲)