阿姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

阿姫(くまひめ、文禄4年(1595年) - 寛永9年2月23日1632年4月12日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての女性。土佐藩山内忠義の正室。掛川藩松平定勝の次女。母は奥平貞友の娘たつ。

慶長10年(1605年5月13日伏見において伯父徳川家康の養女となり、忠義に嫁いだ。このとき家康より化粧料として豊後国山田郷1千石を賜っている。

夫との間に忠豊忠直、喜与姫(松下長綱正室)の二男一女を儲けた。

寛永9年(1632年)、38歳で死去し、深川霊巌寺に葬られた。法名は光照院殿泰誉皓月大姉。

参考文献[編集]

  • 『徳川諸家系譜』第二
  • 『徳川・松平一族の事典』