阿岸本誓寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿岸本誓寺
所在地 石川県輪島市門前町南カ26
位置 北緯37度15分14.3秒
東経136度43分52.7秒
座標: 北緯37度15分14.3秒 東経136度43分52.7秒
山号 新巻山
宗旨 浄土真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
開山 1268年以前
正式名 真宗大谷派新巻山本誓寺
文化財 本堂、阿岸本誓寺文書 石川県指定文化財
阿岸小菊桜 石川県指定天然記念物
テンプレートを表示

阿岸本誓寺(あぎしほんしょうじ)は石川県輪島市門前町にある浄土真宗大谷派寺院である。

沿革[編集]

創建年は不明だが、古くは真言宗松岡寺であった。文永5年(1268年)、善了法師が如信上人(親鸞の孫、本願寺第2世)に帰依したことで正式に真宗に改宗し「阿岸本誓寺」に改称した。

室町時代には能登地方での一向一揆の拠点となった。

江戸時代には加賀藩前田家の庇護のもと鳳至郡106ヶ寺を統轄する「触頭」となった。

文化財[編集]

県指定文化財
県指定天然記念物
  • 阿岸小菊桜 - 昭和43年(1968年)に指定された[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]